ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
知らなきゃ絶対損!「働くママのための」制度がありました!


今バングラデシュに出張中のLauraから、借りた本。
「働く女性が子どもを産むときに読む本」
久々に、ヒットな本です!
めっちゃ勉強、参考になりましたー!
(Lauraありがとうー!!^0^)

この12/1に発刊されたばかりの本。
ミッチより5才年下になるのかな?の社会保険労務士の北條麻木さんという方が、
自分の同年代の友人たちや先輩の実体験に基づきながら、より具体例を出して書いています。
-----
BODY
ミッチが一番驚いたのは、

育休をとることで、会社が「得」をする制度があるということ!
知ってました??

認知度はかなり低く、知られていないから、この助成を申請する企業が少ないとのこと。
そんな制度が2つありました。

1つは、
「中小企業子育て支援助成金」というのが、
都道府県労働局から出ます。

なんと、これは、平成18年〜22年までの期間限定キャンペーンのようなもので、
もしも、この5年間に、中小企業(従業員数100人以下)で育児休業取得者第1号が誕生すれば、事業主は100万円のご褒美(助成金)を受け取ることができる、という制度です。
第2号出た場合は60万円を、事業主がうけとることができます。
>>この制度の請求・詳細の問い合わせは、財団法人21世紀職業財団へ


2つ目は、
今年2007年4月から始まった、厚生労働省マークくるみん
認定企業として、働く職場が認められる制度

<くるみんマークって?>
企業の事業主は、従業員の子育て支援のための行動計画(一般事業主行動計画)を策定・実施し、
その結果が一定の要件(取得基準)を満たす場合に、
都道府県の労働局長が認定を受けることができます。

その認定を受けたことを証明する認定マークが「くるみん」マークになります。

認定を受けた事業主は、認定マーク「くるみん」を商品や広告に使用することができます。
いわば、くるみんが子育て支援に積極的に取り組む企業の目印となるということです。
これにより、企業のイメージアップ(つまりISOと同じような感じ?)ができるということです。


この2つの制度のほかにも、
「育児両立支援助成金」
というのが、下記のようなコースで21世紀職業財団で支給されています。
�@ベビーシッター費用等補助コース
�A代替要員確保コース
�B子育て期の柔軟な働き方支援コース
�C男性労働者育児参加促進コース
�D事業所内託児施設設置・運営コース
�E休業中能力アップコース



・・・・・・・・・・・・

このような職場にとってお得な制度ができたということを、
ミッチは早速経理の井上さんに、
「こんな情報を仕入れたんですけどぉ〜〜・・・」
と話してみました。
井上さんは、明るく朗らかでいつも前向きに経理業務の効率化や改善をはかっている方。
私たち女性スタッフにとっても、とても信頼できる女性です。
すでに、ミッチの産休・育休についても、最新情報を漁って、検討してくれています。
今回のこの新しい制度についても、
「私も調べてみるね!」と親身になって、聞いてくれましたー。(^^)


ミッチの働く職場では、
ハッチに続く3年ぶりの久々の産休・育休取得になります。
その間に、上記のような新しい制度が生まれたり、
産休の手当て(健康保険出産手当金)の支給額が増額したり・・・と
もろもろ社会制度が変化しています。

どうやら、これらの制度は、すべて、書面での申請制。
妊娠したからって、自動的に受け取れるものはひとつもないんですね!
(これもミッチはついこの間まで知らなかった・・・><;;)

職場の経理や総務任せばかりにはせずに、
ミッチも、自分で調べられることは調べて、
あとで、「あれができてない〜」と、バタバタ慌てたり、
「知らないで損したー」ということがないようにしたいなーと思っています。

----------------------------------------------
「働く女性が子どもを産むときに読む本」
目次
1 自分の状況を把握する
2 働くママへの転身 かな子の「妊娠〜出産〜職場復帰」ドキュメント(妊娠〜休業 産前・産後休業 育児休業 職場復帰)
3 上司の説得方法
4 育児休業で会社が「得」をする?
5 いざ、働くママへ!
6 おわりに




今日も1クリックお願いします〜。
上がっているとうれしいな\^0^

↓↓↓

-----
by joi_micchi | 2007-12-05 17:03 | ママモード
<< 心強い味方!親友のママ先輩たち! 6ヶ月(20週)目突入!!胎動... >>