ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
健診を受けたことのない妊婦の「飛び込み出産」急増中。

昨夜ニュース番組 ZEROを見ていたら、
「駆け込み妊婦の実態」という特番をやっていました。

思わず、妊婦だけに、他人事とは思えず、
見入ってしまった私。。。
-----
BODY

2007年の1年間に、
妊娠中に定期的な健診を受けず、産まれそうになってから病院に駆け込む「飛び込み出産」をした未受診妊婦が、全国の主な病院で、な、なんと計301人!!!
最大の原因は、経済的に苦しいという理由。。。


番組でのインタンビューに答えていた人は、
一度出産経験のある経産婦。
健診を受けない理由は、
「ちょっとエコーを見ただけで、5000〜7000円も取られる。
たいした内容ではないので、健診が不要だと思った。」
と答えていました。

駆け込み妊婦の実態として、
未婚で望まない妊娠をした10代や、
高額な健診費用に不満を抱いている経産婦が、
多いということ。


飛び込み出産の何が問題かって、
やはり、
母子にとって危険が高いということ。

一度も健診を受けたことのない妊婦は、
胎児が逆子なのか、母体に異常があるのかないのか、
そういったことが一切わからないため、
陣痛が始まって、子宮口が開いた状態で、救急車で駆け込まれて、
大変リスクが大きい状態で、帝王切開の手術をせざるを得ないケースが多いという。


日本は、世界でいちばん、母子が死なない国。
毎年、UNFPAの世界人口白書の妊産婦死亡率、乳幼児死亡率のデータを見ても一目瞭然。

でも、このままいったら、日本の母子の死亡率は上がってしまうかもしれない・・・
って、なんだか非常に不安になりました。

病院がなくて助産師もいないから、母子の死亡率が高い途上国がある一方で、

出産で死ぬ人が少ないという現状に甘んじて、
病院の健診費用が高いから、健診にいかないでリスクを高くしている日本。。。。


なんだか、非常に複雑な気持ちになります。


日本の場合は、早急に
妊婦健診の公費負担(国の負担)を増額する必要があると番組でも主張されていました。

そうだ、そうだ!!!!!
って声を出して言いたいですね。

確かに、妊婦健診は保険も利かないから、高い。
出産までに健診だけでかかる費用は10万前後ですもんね!
(妊婦になるまで、知らなかった現実・・・)



少子高齢化対策というのであれば、
まずは、
日本の国が、もっと妊婦にやさしい国になってほしいーって心から願いますね、ほんとに。



読者の1クリックが反映される、「妊娠・出産」ランキング(^^;;)。
下がらないようぜひぜひご協力お願いします。 

↓↓↓




-----
by joi_micchi | 2008-02-20 23:53 | ミッチの雑感、つぶやき
<< VIRINAでアナウンサーの千... 性別がついに判明!!!女の子で... >>