ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
友人の死、私の思い。

ここ数日、何かをしたいという気持ちにならず、
ブログを書きたい気持ちも湧いてこないミッチがいました。

-----
BODY
ミッチの高校時代のバスケット部の仲間の1人が亡くなりました。
34歳。
死因は急性心筋梗塞。


バスケ部のメンバーは、
とっても仲良しで、卒業後15年経った今日まで、
住む場所が離れていても
毎年、新年会、バーベキュー、旅行などをして四季折々で集まっていました。
もう、半分家族のような感じ。

メンバーで開設した掲示板のようなブログでは、
それぞれの近況が写真付きで語られたりしています。

そんな仲良しのメンバー1人が、他界したのです。


ここ8年間くらい、拒食症になり、不妊症に悩んでいることだけは、
メンバーの誰もが知っていました。

でも、何もすることができなかった。。。


悔やまれる気持ち、
そして、どうして?という現実を受け止められない気持ち、
ただただ哀しいという気持ち、・・・
言葉ではうまく言い表せない
いろんな気持ちが入り混じって、黙っていると家で涙ばかりが出てきました。


日曜日、
彼女のお骨がある彼女の嫁ぎ先の家に、メンバーみんなで行ってきました。

彼女の自慢でもあったお義母さんが対応してくれ、
ここ最近の彼女の様子を聞かせてくれました。

亡くなる2週間前に家族旅行した時の写真が飾られていて、
そこには、いつもと変
わらない笑顔の彼女が写っていました。
とても幸せそうに。

頭もよく、努力家で、完璧主義な彼女は、
体重がどんどん減って体力が落ち、
いろんな病が多発しても、
仕事も家事もすべてを完璧にこなしていたという。
結婚してからの8年間は、
一に夫、二に夫で、夫のために尽くしに尽くし、会社を経営する家のために、
嫁としても身を粉にして働いていたと。


お義母さんがしてくれた話、
全部、彼女らしい・・・と、
私たちのだれもが思ったと思います。


完璧主義で意志の硬い彼女の、
「痩せたい」という衝動を、家族も医師も私たちも、
だれもが、止めることはできなかった。

拒食症の怖さを
知りました。



彼女の死を通して、いろいろなことを考えました。

私が死んだら、娘や夫はどう思うか。
娘が死んだら、私は・・・?

いつも考えたことのない取り留めもないことを。


親しい仲間、愛する家族が亡くなるなんて想像したくないけれど、
いつかその日はやってくるんですよね。

でも、でも、
できれば、私の大好きな人たちには長生きしてほしい。
自分で自分の命を縮めることはしてほしくない。


拒食症は、母子関係に起因することが多いという話を聞きました。
娘が拒食症にならないようにも、母として娘に対し、たっぷりの愛情はもちろん、
常に、娘の気持ちを解す努力をしていきたいと思います。
娘には淋しい思いは絶対させたくない!と
心から思いました。



支離滅裂な暗いブログですみません。。。
書くつもりではなかったけど、書かずにはいられなかった私です。

今日はここで。







-----
by joi_micchi | 2009-02-03 16:56 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(10)
Commented by anchoretsu at 2009-02-04 17:50 x
大変でしたね。
本当に悲しい思いをしましたね。
大事な誰かが世の中を去るのはどんな形にせよ、どんな関係にせよ悲しいものです。

お心落としかと思います。
ミッチさんに大切なたくさんのメッセージを残したお友達のご冥福を心からお祈りいたします。
Commented by やっこ at 2009-02-04 22:41 x
毎日の小さな幸せ
そっか、お骨に会いに行ってきたか。きっと今は楽になって上からみっちゃんのこと見てくれてるだろうね。

毎日の小さな幸せに感謝して、周りの大切な人と笑顔を分け合いながら、明日という日がやってくることを信じて、私たちは生きていこう。そして、もしかしたら明日がやってこないことも考えて、大切な人と喧嘩したまま眠りにつくのだけはやめよう。

そんなことを思いながら、つい旦那さんと喧嘩してどうしても謝ることが出来ない気の強い私。

お友達のご冥福を心からお祈りしています。
Commented by ミッチ at 2009-02-04 23:57 x
anchoretsuさんありがとうございます。
家族での密葬が済まされた後で、連絡をもらったので、しばらく現実として認識できずに夢をみているような気持ちでいました。

元気?って聞けば、いつでも、「元気だよ〜!」って明るい笑顔で答えてくる彼女だっただけに、
拒食症の話を切り出すことができなかった私たち。
あんなに心配だったのに、彼女の気丈な姿勢を見ると、言いだせなかった。
悔いはたくさんありますが、
今は、とにかく彼女の死を無駄にしたくないという気持ちでいっぱいです。
私は彼女の分も生きようと思います。
Commented by ミッチ at 2009-02-05 00:04 x
やっこちゃん、私もだよ・・・(^^;;)
励ましの言葉、ありがとう。

私も、夫に、素直に謝れるのは、
ぶつかった時と、遅刻した時、そしてモノを忘れた時など明らかに私が過失した時くらい。。。(笑;)

どうも、口論になると、自分の意見を通すことばかりに力入って素直に謝ることができないんだよな。。。
朝起きて、「昨日は、意地はりすぎたなあぁ‥」と反省することが多いよ。

確かに、ケンカしたまま死んじゃうのは嫌だね。
寝る前に謝る努力(意識改革?)をしなきゃだなぁ。。。
Commented by なおきママ at 2009-02-05 09:38 x
つらいよね
おともだち、悲しいね・・・

私、スピリチュアル系のことをいろいろお勉強していた時期があってね。
49日まで魂はこっちの世界にまだいるみたいだよ。だからお友達、ミッチのところにくるかもしれない。私は 夢とかまどろんでいるときとかにきてくれることが多いんだけど、そのときにお話しできるかも。
でもね、きっと今はもうつらいことはなくて、幸せにいると思う。私たちは彼女に会えなくて悲しいけれど、彼女のあちらに帰る旅立ちなので、送るのをサポートしてあげてください…

(意味不明なコメントかもだけどごめんなさい)
Commented by モモママ at 2009-02-05 14:08 x
みっちゃん・・・
本当に、大事なお友達を亡くしてお気持ちお察しします。
生きる事と死ぬ事は、隣り合わせだね。
私は、5年間の間に大好きな2人の叔父を病気で亡くして以来、病気恐怖症になりました。
一時は、虫に刺されただけで病院に駆け込んだほどです。(私が!?って思うかもしれませんが)

お友達、本当にステキな方だったのでしょうね。
何も出来なかったなんて、そんな事ないと思うよ!
みっちゃんは、自分を責めないで前向きに生きる事が、お友達への供養だよきっと。

私達は、お母さん!!母強し!!
お互いに家族長生きで健康の為に、頑張ろう!
おーーーーー!!!
Commented by ミッチ at 2009-02-06 08:25 x
なおきママ、スピリチュアルの話
ぜひ、今度聞かせてくださいな〜。

なんか、親しい人が亡くなるたびに、スピリチュアルの話を模索したくなる私。。。
なおきママの話もぜひ聞きたいよー。

そうか、まだ彼女はこのへんに居るかもしれないんだね。。。
そして今はもう辛くない・・・
冥福を祈りながら見送りたいと思います。
ありがとね、なおきママ(^^)
Commented by ミッチ at 2009-02-06 08:29 x
モモママ、ありがとう!!
励ましの言葉ありがとう(^^)

「母強し!!」
そうだよねっ。
私も、自分が出産してから、なんか、自分の底から異様な生命力?が湧き出てきた気がします。
それに、
子どもの存在が、もっともっと母を強くするよねー。p(^^)q

みんなも自分も長生きするためにも、いつでも前向きに、そしてたくさん楽しいこと一緒にしていこうね!!!
Commented by ぴのこ at 2009-02-06 22:57 x
ミッチさんとは・・・・
どこまで境遇が似てしまうんでしょうね。
私も先週、幼馴染のお兄ちゃんが急死しました。同じく急性心筋梗塞でした。
ミッチさんとおなじで、どうして・何でと考えながらお兄ちゃんを偲び、死がいつ訪れても不思議じゃないのかな〜なんて考えてしまいました。
そして、自分が死んだら考えたり、毎日鬱々としていました。自分より先に子供に死なれてしまったおじ様、おば様の気持ちになったらいたたまれませんでした。

私も自分のブログに子のことを書くか迷っています。
Commented by ミッチ at 2009-02-08 17:39 x
ぴのこさん、またも重なりましたね!
びっくりしましたー。
私たち、本当に境遇が似てますね。

私も、しばし書く気が起きずにいましたが、
書こうと思った時は、彼女のことを書きだしていた私がいました。

でも、ブログで嘘は書きたくないし、自分の気持ちにも偽りたくなかったので、正直ありのままを。
おかげで、後から読み直してみると、
なんとも支離滅裂で、脈絡のない日記になっちゃってるなーと(−−;;;)

幼馴染のお兄様、私もそういう大切な幼馴染がたくさんいるだけに、ぴのこさんの辛さが痛いほどわかります。現実を受け止められないですよね。まだ夢見ごこちというか・・・

コメントに書いてくれたみなさんが言うとおり、私たちが前向きに生きること。。。これが亡くなった人への供養になるのだと、自分に言い聞かせて今はかなり気持ちが落ち着きました。

ぴのこさんも、頑張って!
お兄様のご冥福を心よりお祈りいたします。
<< 節分と還暦のお誕生日。気持ちも... 子育て支援センターでママトーク... >>