ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
福島県の仮設住宅の産婦の家へ、、、。
今の気持ちをブログに書こう!
と決心したものの、
どこからどう書いていいものか、ブログ投稿に初めて戸惑っているミッチがいます。



昨日は、福島県の田村郡にある仮設住宅へ、
助産師塩野さん(日本助産師会福島県支部長)と一緒におじゃましました。

c0223034_005639.jpg



ミッチの目的は、あくまでも
被災地の助産師が妊婦/産婦の家庭訪問をするところを取材し、
当事者である産婦さん、助産師さんに直接インタビューをすること。

今回は、1月2日に出産したばかりのNさん(19歳)のご自宅に
おじゃまさせてもらいました。

助産師塩野さんのNさん宅訪問は、今回で4回目。
(10日1回のぺースの訪問になります。。。)

塩野さんは、週に3日、自宅の郡山から、
震災後に設立された会津助産師の家「おひさま」まで通い、

それ以外の日は、郡山の自宅から車で行ける範囲での仮設住宅に
住む産婦さんたちのもとに通っています。

c0223034_23163324.jpg

助産師の塩野さん

ほとんど休みなんて無い。
3.11前までは、
出張開業助産師として、お産の介助が塩野さんのメインの仕事だったのに、
今はがらりと変わって、産後の女性のケア、カウンセリングが日課。

やっぱり出産介助したいーっ

塩野さんはおっしゃってました。

産婆の手がうずくそうです。

「でも、あの頃には戻れないな。
 福島は、これからなんだよね。
 何も終わってない」


語った塩野さんの目が忘れられない。


ミッチの目から見ても、
福島県で警戒区域に住まれていた被災者の状況は、
あきらかに他地域と違う。
「一緒に、この地でがんばって、復旧、復興しよう!」

という感じは見受けられない。

どの家庭でも、
「ここに住み続けるか?それとも別の場所に引っ越すか?」
という話は、
頻繁によく出るという。

「ここに住み続けたくない。」「住み続けられない。」
と結論を出し、
県外に引っ越す家族が後を絶たない中、
自分たちは県外に出て
仕事があるのか、生活していけるのか、考えると不安ばかりが募ると言う。

田村郡三春町の仮設住宅も
空き家(部屋)が多かった。



そして、気になったのは、
同じ、仮設住宅の並びに住んでいても、

快晴の日中、
洗濯ものを外に堂々干している家庭と、

「洗濯ものはすべて部屋の中に干す」
と徹底している家庭


「赤ちゃんのものは部屋の中。大人の衣類は外に干す」
という家庭


様々だったこと。



聴くと、その理由は

「なんとなくね。」
「これしちゃダメ!というルールは無いから〜。」


いう返答が返ってくる。


これって、すべて個々の判断基準に委ねられているわけで、
子育て中のお母さんは、自分の行動が正しいかどうかもわからず、
日々葛藤しながら暮らしているんだろうな、と察することができました。


ミッチが今回取材したNさんは、

「私、内部被爆しているから。」
が、第一声でした。

c0223034_0264976.jpg


Nさんは、妊婦の時に母乳育児を諦めたという。
産後、すぐに断乳。
よってNさんは、産後1カ月にして月経が再開したといいます。


それを聴いた塩野さんは、

「あ、コンドーム持ってくれば良かったね!」

と。
c0223034_027163.jpg


まさに、こういったことは
最近の産婦の家庭訪問でめずらしくない話だといいます。


Nさん家族は、3.11前までは警戒区域20キロ以内で生活をしていました。
Nさんの夫(21歳)は、今休職中。
夫に働く気が出ない理由は、毎月30万円(1家庭につき)の補償が出るからだとNさんは言う。

「働くとその分、稼いだ分だけ(30万円から)減額されるから。働かない方が得でしょ」

とNさん。

夫は、日中たいてい、パチンコに出かけているという。


「そんなんじゃいかんよ。自力で生きていかれなくなるよ。」

という塩野さんの言葉に、


「(夫が)家にずっと居てもらっても、うざいだけ。部屋が狭いし喧嘩するだけだから、パチンコ行ってもらった方が気が楽。パチンコで勝ってくればそれでいい。負けたら口聞かんから(笑)」

とNさん。


ミッチは無言で、ただ頷いて聴いているしかなかった。。。

この現状を目の当たりにして、どうすることもできないミッチは、
ただただ、無念でたまらない気持ちになりました。


でも、助産師の塩野さんは、Nさんのお母さんのように向き合い、
こうして、
そして実の親子なら、言えないことも、さらっと大先輩ママとして助言してくれる。

Nさんも塩野さんを頼れる人だと信頼しきっているから、本音を打ち明ける。

2人のやりとりを見ていて、
上辺だけでの会話ではないことをすぐ察することができました。




「塩野さん来てくれるとうれしい?」

最後にミッチが聴くと、


「うん。」
とNさんは大きく頷いて、

「いろいろ聴けるし、教えてくれるから。楽しいし!」

と、即答してくれました。

助産師さんの存在。そして家庭訪問の活動の意義を、
ここでも改めて痛感しました。

ジョイセフが、そこにほんの少しだけど、
お手伝いできたと思えたことは、本望。


とても濃厚な記録取材ができました。

Nさんと塩野さんのおかげです。
ありがとうございました。



ミッチの気持ちは、
今回、先の見えない福島の現状に感じることが多過ぎて、
まだまだどっしりと重いままではありますけどね。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリックいつもありがとうございます。「働くママ」ランキングにミッチも参加してます!応援どうぞよろしく〜!
by joi_micchi | 2012-02-24 01:13 | ママモード | Comments(0)
<< 3歳10カ月、娘の吃音(どもり... Mr. 家族計画!に聴く。 >>