ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
3歳10カ月、娘の吃音(どもり)が気になるこのごろ。
娘のkinana、3歳10カ月。
保育園で流行っているインフルエンザにも嘔吐下痢症にもならず、
相変わらず元気にたくましく育っております。
c0223034_13502990.jpg

c0223034_13494961.jpg

c0223034_148369.jpg

いとこの一芯の名前が書けた!と得意気kinana 。
自分の持ち物には、細かい物まで名前を書くようにもなりました。

c0223034_13492748.jpg




ただ、
最近、気になることが、
ことばの吃音(どもり)


2歳の頃にも、
どもるな〜と思ったことがありましたが、
発育、ことばの発達過程だろう。。。と
あまり気にせずにおりました。

それから、3歳になってしばらくは、
吃音(どもり)の症状がが見えなくなっておりました

が、
話す語彙数も増え、
このごろでは、大人と普通の会話ができるようになり、
本人も、思ったことを話したくて仕方がない真っ盛りな今、
なかなか思ったように
最初のことばが出てこなくて、

「きょーーーーーーーーーーうね、ほいくえんでね、、、」

「あーーーーーーーーーーーそこのハンバーグおいしかったね」

「お、おかーーーーーーーーーーあさんごっこしようよ」


こんな風に、最初の音を引き伸ばして、
しかも、なかなか出てこないことばを押し出すように、
すっごい力を入れて(たまに苦しそうな顔で)長ーーく発音するといった
症状が続くようになりました。

夫とも、

ちょっと気になるよね〜



インターネットで調べまくったりして、

義母に相談すると、

「コウタロウ(夫)も、昔そうだったのよ。心配で『ことばの教室』に通ったのよ。
この時期の子どもの吃音は、発達性のものがほとんどだから、親がかえって神経質に気にする方が良くないのよ。」


と言われ、少しホッとするものの、
ネットで調べると、
発達だけでなく、環境に起因することが多いと書かれているものもあり、
やっぱりどうしても、
気になってしまって、
保育園の先生に、お便りを書いたミッチ。

すると、先生の方から、
ぜひお話がしたいですと、お返事が来たので、
早速昨日の朝、保育園に登園の際にお話をしてきました。


先生との話の中で、改めてわかったことは、

kinanaは、りす組さんの中で、
4月生まれということもあり、
いわゆる「優等生」タイプ。
なんでも、自分が他の子より速く覚えて、そして一番にできること。
そして月齢の小さい他の子の世話をやくことが
当たり前になってしまっているという。
c0223034_13481172.jpg

c0223034_13471049.jpg

c0223034_13471788.jpg



保育園の先生も

みんなの前で、お話をするときは、
kinanaが、先生が求めているリアクションや返事をしてくれるから、kinanaを褒める。
だから、kinanaは、先生が求めることに応えようと、
(それが自分の役目だと)
いつも意識&プレッシャーを感じているのかもしれない

と先生は話してくれました。

我が家のここ最近の環境の変化は特にないし、
吃音(どもり)が、ひどくなってきた
根本的な理由はわからないけど、


もしかしたら、


4月から年少さんになるという関係で、

はじめての「園服」を新調したり(これまでは私服でした)、

園でも、家でも、じいじの家でも
「もうすぐ年少さんだよ。すごいね!!」

と、どこに言っても、
みんなが煽って?ばかりので、
3歳10カ月なりの
はかりしきれないプレッシャーを感じているんだろうな〜、

と、
先生と私たち夫妻での見解に至りました。


そんな中、
先生が一番心配されていたのは、
今のりす組のクラスにはまだ居ないけれど、
今後、このkinanaの吃音(どもり)の症状が長く続いた場合、
いつか、お友だちが、kinanaの吃音の真似をする日がくるかもしれないと。

その時は、kinanaの性格だと、相当傷つくと思うし、
もう喋りたくない、って思うかもしれない。。。

と。

じつは、
これは保育園ではよく起こりうることだということで、
そんな時に備えてと、
ミッチに教えてくれました。

真似をする子も、悪気はないですし、
これを未然に防ぐことは、難しいけれど、
園でも、できる限りのことをやると言ってくれました。


私たち親ができることは、
プレッシャーからの解放。
園でも4月生まれのお姉さん。
で、
家庭でも、
両家の長男長女の初孫kinanaは、
常に、私たち夫妻と、その親の計6人の注目の的。

みな6人とも、
「私が一番kinanaを愛してる!!」
というオーラ満載(言葉や態度でも現れている)なので
無意識のうちに、
期待の渦に巻き込んでいるのかなーと思われることが多々あります。(汗)

kinanaが、せめてミッチと夫と過ごす時間だけでも、
力を抜けるような環境を心がけたいな〜と思います。


有給休暇もたっぷりあまっているし、
アフリカ渡航の予定がちょっと先送りになったので、
3月はkinanaとゆったり過ごす時間をたくさん持とうと思います!



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリックいつもありがとうございます。「働くママ」ランキングにミッチも参加してます!応援どうぞよろしく〜!
by joi_micchi | 2012-02-25 14:53 | ママモード
<< 「妹が欲しい!!」娘の強い願望... 福島県の仮設住宅の産婦の家へ、、、。 >>