ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
故郷富士市つながりで。最近のうれしかったこと★
タンザニアも、アメリカも、ジャマイカも(笑)好きだけどさ、
やっぱり故郷が大好き♥な私。

どこに住んでも、どこで働いていても、
やっぱり、生まれ育った街、富士は格別

三島市に住んで7年半。
三島も大好きだし、ここに住み続けたい気持ちも強いけど、
富士市のことが、いつでも気になっています。


故郷富士市を(よりよく)変えたい!
そのために、
できることがしたい・・・と思い続けて早何年?!!

そんな長年の願いが、通じたのかしら??!

富士市つながりで、最近
うれしいことが3つもありました〜♪♪
まとめてご報告しますね。

1つめ。

ジョイセフ事務局長の鈴木宛に、
元JICA専門家で、ジョイセフがバングラデシュのプロジェクトで大変お世話になったという
水野桂子さん(富士市に在住)から届いた1通のメール。


ジョイセフ
 常務理事・事務局長
 鈴木 良一さま

こんにちは。静岡の水野桂子です。
(中略)

さて、先ほど、JWAVEのロハストークでジョイセフの小野さんのお話を伺いました。
この番組は、富士市や静岡市のFMでも聴くことができます。
こうやって5日間、ジョイセフの活動が放送されると、
多くの人にさらに知られることになり、素晴らしいなあと思っております。

JWAVEこの番組をずっと毎日聴いているので、一層うれしいです。

この放送の前に、私のfacebook:Mizuno Keikoでも、この放送について宣伝してしまいました。
富士市の友人、知人にもメールで今宣伝したところです。

小野さんは、おそらく私と同じ静岡県富士市のご出身だと思います。
でも、まだお会いしたことがありません。
小野さんについて、市の男女共同参画関連の方から伺っています。

私は、バングラデシュから帰国後、2004年7月から2012年6月まで富士市の男女共同参画審議会委員をしていました。
2004年の初めに、富士市では男女共同参画条例ができました。
その条例づくりの市民委員会の委員のお一人が、小野さんであり、彼女が性同一障害について条文の中に入れるように提案されて、それが通ったそうです。
その時もいい活動をしてくださったと感謝しています。

小野さんにどうぞよろしくお伝えください。

水野桂子
Keiko Mizuno



10月の初頭にオンエアされたJ-WAVEのロハストークが、
つないでくれたご縁♥

Facebookで早速友達になり、
そして、ミッチがタンザニアに出張中には、
直々にうれしいお手紙もいただきました!!
c0223034_026919.jpg


J-WAVEで5日間連続、ミッチのトークがオンエアされた時には、
c0223034_2124070.jpg

>> トーク視聴はこちらのPodcast

こんな告知ビラを水野さん自ら作って、配ってくださっていたとかっ!!O(≧▽≦)O
c0223034_0271497.jpg


富士市に、グローバルで活躍している、
こんなに頼もしい素敵な先輩がいたなんてっ!!!

うれしくて、大興奮でお手紙を拝読しました。
生でお会いできる日も近いのでは・・・??
と勝手に期待している私です。


続いて、2つ目。

先日三島で取材を受けた「富士高新聞」が、ジョイセフに届きました!
開いて見ると、
c0223034_0324569.jpg

こんなに大き〜〜〜〜く
見開き2ページでジョイセフのアフガニスタンにランドセルを贈る活動が紹介されていましたっ!
(ミッチのインタビューは、左下に小さく載ってます...笑)

この富士高新聞を読んで、
あらためて、
今回の活動に参加するに至った経緯、
生徒会がランドセル回収を呼びかけたら、
予測を上回る数のランドセルが集まってしまい、
海外輸送費が予算より遥かに上回り(学祭の収益だけでは賄えなくなった)、
静岡新聞にその旨が記事(事件?)として載ったことで、
それを見た富士高のOBたちが、
不足している輸送費を寄付をしてくれ、
また、集まったランドセルをジョイセフの倉庫(横浜港)に
実際に届けてくれた(OBが勤める)会社もあった。。。

そんな経緯が、関係者の生の声が、こぞっと紹介されてました。
まさに、富士高の世代を超えた母校愛。つながり、絆。
我が母校、だてに90年の歴史あるわけないな〜と、
誇らしく感じました。



そして、3つ目。
c0223034_0453877.jpg

こ〜〜〜んなに富士山が大きく見える富士市の小学校で、
久々の誕生学(R)をしてきました。
c0223034_0554964.jpg


講師依頼の連絡をしてきてくれたのは、保健教諭の安田先生。(写真↓右)
c0223034_0552323.jpg


ミッチがいつも誕生学(R)をする時に、意識することは、
ここにいる子どもたちが、
みんな同じような暮らしをしているわけではない。
同じバッググラウンドを持っているわけではないということ。

自分が大好きな子もいれば、自分ことが嫌いな子、
自分なんか生まれてこなきゃよかったと思っている子、
いじめている子、いじめられている子、
家族と一緒に暮らしている子、そうでない子、
親が嫌いな子、兄弟とうまくいかない子、
死にたいって一度でも思ったことがある子、、、


多種多様。一人ひとりみんな違う。


でも、世界中の70億人が、み〜んなお母さんの子宮から生まれてきた。
それは共通。

どんないのちにも、生きる力があって、
どんないのちもかけがえのない大切な命。
自分がお腹にいる時、生まれた時のことを知って、
少しでも、自分のいのちの誕生が、
すごいことなんだと気づき、自分自身を肯定してくれたら。

自分のことをもっともっと好きになって、
自分とは違う他者(友達)のことをも、好きになってもらえたら。

そんなミッチの願いが
ちょっとだけでも届いたかな〜〜?!!

安田先生より、温かい御礼のお手紙と、
子どもたちが一生懸命書いてくれた感想文が届きました!
c0223034_125488.jpg
c0223034_1242665.jpg


感想文を読むと、
生徒たち一人ひとりが、
それぞれに感じたことは異なっていても、
多くの子どもが
父親や母親に感謝する気持ちをもったり、
生まれてきて嬉しい、自分の命を大切にしたい、
「生まれてきてよかった」
と感じてくれたことがわかり、
じーーーーーん m(;∇;)m 



長くなっちゃったけど、
最近のうれしい3大故郷富士市トピック報告でした♥

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2012-11-08 01:02 | ふるさと自慢・グルメ | Comments(0)
<< 本日、加圧 de Beaut... 1カ月ぶりにトレーニング開始!! >>