ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
故郷富士市で、NGOジョイセフで働く私の「職業」を語る!
故郷富士市にて、
『若者仕事人図鑑』という職業インタビューの企画に呼ばれ、
1時間た~~っぷりと語ってきました(^^)


『若者仕事人図鑑』 とは、
静岡県富士市発の(社)まちの遊民社 f きゃるのコラボレーション企画で、
様々な職業に就いている富士市にゆかりのあるゲストが登場して、
さまざまな質問を受けて応え、その模様がインターネット配信されるというプロジェクト。


今回は、
夏休みの特別企画ということで、
「公開講座」という形で、連続3回シリーズで開催され、
その第一回目の語り手?として、
NGO職員であるミッチが登場した、というわけです。


この 『若者仕事人図鑑』、すでに2年以上続いていて、ミッチでなんと86人目!!!
アーカイブを見ると、同じく富士市出身の諸先輩方の活躍ぶりが拝見できて圧倒されます。



昨日は、会場である
富士市中央図書館を15年ぶり?に訪ねました~。


夏休みということもあってか??
たくさんの高校生&大学生にご参加いただきまして、
途中、配布資料が足りなくなってしまったほど。
c0223034_18384572.jpg

これにはミッチもびっくり!

地元の後輩たちにまさか、こんな形でジョイセフの話を聴いてもらえるなんて。
これって、まさにミッチが夢に描いていたこと!?!!


とってもありがたい機会を作っていただけたな~と感激しながら、
インタビューが始まったのでした。


前半は、

富士市に生まれて、
中学、高校生時代 
ミッチはどんな子だったのか??

に始まり、、、

部活動や得意なこと、好きだったこと、
その当時考えていた将来の夢や、
高校時代にしていてよかったこと、しておけばよかったな~と思うこと 


大学び選択の理由、大学時代夢中になったこと


大学卒業後~現在のジョイセフに就くまでの道のり
ジョイセフというNGOを職業に選んだきっかけ など


進行(インタビュアー)の松本哲司さんから、
終始鋭く突っ込まれまくりでした(笑)

c0223034_1839048.jpg



後半は、
ジョイセフについて、延々と 
深~く掘り下げて聴かれました。

   何に取組む団体?

   雰囲気はどのような感じ?

   どのような人材が求められていると思うか?


そして、ミッチの担当する「広報」の仕事の内容についても。

 ミッチが朝起きて夜寝るまでの、一日の流れもお見せしながら・・・
 
 ミッチが娘を出産し、育休を経て職場復帰した後に、
ジョイセフに「広報グループ」が新設された話も含め、
ジョイセフの広報にかける思い
熱~~~く語らせていただきました(^v^;;)

仕事をしていて、嬉しかったエピソードや、やりがい、
そして、苦労したこと、辛かったことも、
包み隠さず、せきららに応えさせていただきましたっ。


インタビューの最後の質問、
富士市の後輩たちへのメッセージでは、
ついつい力が入り過ぎて、
ちょっと演歌調になってしまったかな、、、とプチ反省しておりますが。。。(--;)



自分としては、1時間という限られた時間の中でしたが、
聴かれた質問には、すべて応えさせてもらって、すっきり。
そして、
広報が仕事のミッチにとっては、
こんな絶好なジョイセフ広報の機会をいただき、感謝の気持ちでいっぱいでした。




c0223034_1914484.jpg

応援に駆けつけてくれた富士宮の母力向上委員会の加奈子ちゃんと、ソルちゃんと。
子どもたちと一緒に参加してくれました!
高校の同級生でも加奈子ちゃんは、
さっそくブログにもうれしいレポートを書いてくれています。感謝❤




c0223034_1921065.jpg

今朝の静岡新聞朝刊でも、カラーで紹介されたという連絡を受けて、ちょっと焦った私・・・。でも、ジョイセフのこと「発展途上国の女性の健康促進を目指すNGO」 ときちんと書いてくれているのがうれしかったな~❤


そして、さいごに、
今回、ミッチにお声をかけてくださった、畑 裕美さん (富士高の先輩で、(社)まちの遊民社の理事)に改めて深謝!!

c0223034_1940239.gif

富士地区をベースに豊かなまちづくりのための活動を展開する、
(社)まちの遊民社では、常時会員を募集中です~。
詳しくはバナー↑をクリック↑




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2013-08-07 19:47 | ふるさと自慢・グルメ | Comments(2)
Commented by はた at 2013-08-08 10:47 x
ミッチさん このたびは本当にお世話になりました。しかもこんなに丁寧にブログに書いていただけて、トリハダ&感涙です。
会場の一番後ろで拝見していましたが、ミッチさんのクリアで思いあふれるお話から、会場全体の温度が上がっていく感じでした。
学生さんたちのこころにずっと残ってくれると思います。
この出会いに感謝でいっぱいです。ありがとうございました♪
Commented by joi_micchi at 2013-08-11 09:35
はたさん、このたびはこちらの方が御礼をしたい気持ちでいっぱいです。このような機会を創っていただき本当にありがとうございます!Facebookにもブログにもうれしいコメントいただき恐縮です。
NGOというとてもマイノリティーな職業に就いている私の話で学生たち(私の後輩たち)が見ている視野が少しでも広がってくれたら、本望です♪
<< 夏祭りモード終わったのに、え?... 我が父の孫育て。「the 祖父... >>