ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
「おちんちん」    持ち物よりも、持ち主が大事!!
今日は、職場でも家でも、話題は

おちんちん!


ジョイセフの姉団体日本家族計画協会(JFPA)発行の

家族と健康
(リプロダクティブ・ヘルス/ライツ〜健康教育情報紙)
7月号に掲載されている

c0223034_22391342.jpg

おちんちんのケア 「むいて清潔に」


の見開き紙面。


岩室紳也先生(ヘルスプロモーション推進センター/厚木市立病院泌尿器科)
の保健師・助産師対象のセミナーでの講義の一部が紹介されていました。

この記事、
同僚で男の子を育てるママたちが大絶賛!!!


同じフロアの男性スタッフに、

「こういう話、いつ、どこで聴いた?」

と同僚ママ達からの質問が始まり、

とーっても大事な話なのに、
当然学校では教えてくれないし、
どう息子に教えていいのか、わからない親達もいないんじゃないかな〜
もっとこういう岩室先生のような話を、聴く機会が増えると良いのに・・・

同僚ママ達がぼやいていました。



で、さっそく、
家に帰って、そんな職場での話を、
この家族と健康の紙面を持ち帰って、夫に話した私。

c0223034_2239430.jpg


おちんちんのこと、だれから聴いた?
包茎の話っていつ知った?
剥いて洗うって、いつからやってた?


質問攻め(笑)



洗って清潔にするっていう習慣を付けたのは親
(母さん?父さん?どっちかは覚えてない・・・)


小学生の時に突然 夢精があって、
そこから自分でマスターベーションを覚えて、
スムーズにむけるのを自覚したのは、その辺りからだと思う・・・

と、淡々と応えてくれ、

c0223034_2238556.jpg



「この新聞、どこで配布されているの?
  こういうの全国(保育園とか幼稚園)でも配布されたらいいのに」


と言っていた夫(^^;)

男性から見ても、ここにかかれている情報は、
目から鱗だったよう。


この紙面の中に、

実は今、このおちんちんの持ち主である男子にかなり大きな問題が出てきています。
(中略)
今の男の子は、仲間と性的な話をしなくなってきています。
(中略)
マスターベーションの仕方もわからない男も増えています。
(中略)
性の話をしなくなってきたという危機感をぜひ皆さんに持っていただきたいと思います。
(中略)
おちんちん、包茎は意外と知られていない。医者の中でも誤解があるテーマです。



だからこそ、
まだまだ啓発をし続けることが大切で、
保健分野、教育分野、医療現場でできることがそれぞれ違うから、
できることをそれぞれがやっていこう
コミュニケーションの手段として、「おちんちん」の話題を出して〜・・・
と岩室先生は言っています。


そして、最後に。
ペニスのサイズで男性が悩まないように、

「持ち物よりも持ち主が大事。私たち女はね、男の価値をペニスのサイズなんかで見てないわよ」


このごく当たり前のメッセージを、
女性、そしてママの皆さんが、
パートナー、そして息子たちに伝えるようにと。


おちんちんをどう扱うかで、持ち主の「育ち」が決まる。
おちんちんが、「男育て」の道具になるという視点を持つようにと。


実に学びの多い内容でした〜!!



もっと詳しく知りたい方、
岩室先生がオンラインの各サイトで応えている
おちんちんの悩みを解決できそうな10のリンク
をぜひご覧くださいね〜。



ではでは・・・


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-07-10 23:49 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(2)
Commented at 2014-07-14 06:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by joi_micchi at 2014-07-14 21:47
linda-no-shippoさんはじめまして!コメントありがとうございます。
なるほど、両親(夫妻)で、同じ認識を持って子どもに接するべきということですね。。。学びました。
周りの男の子を持つご家庭にも linda-no-shippoさんのご経験、シェアさせていただきますね!ありがとうございます。
<< これぞ私のプライド!?! 「ヘ... 既成概念を捨てろ! 助産師 冨... >>