ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
働くママのお助けアイテム その1 「電動搾母乳機」の巻。
おデブまっしぐらで、どこから見ても団子 ちゃん?だるまちゃん?(笑)。
すくすくと育っている4カ月半の二女Nayuさん〜。
c0223034_184596.jpg

もと横綱の朝青龍に似てる??!!!よく笑って毎日家族を癒してくれるNayuさん

最近、鼻水が喉にまわり、痰がからんでしまい、一旦咳き込むとしばらく咳が止まらなくなって苦しそうなのが少々気になりますが、耳鼻科に行って、鼻水を吸引してもらうと、調子がよくなり超ご機嫌さんになります。
c0223034_110987.jpg

よだれがいっぱい出るのでスタイが欠かせません。お座りも、だいぶ安定してきました〜。


6歳の長女Kina姉の時と比較すると3倍には増えている?多数の予防接種(義務では無いが、費用負担せずに接種できる)も今のところ順調に進んでいます。
c0223034_214197.jpg

予防接種 順番待ってるNayuさん〜。腕のお肉が、パン状態です・・・(笑)



育休中の今、ここぞとばかり大活躍中の?私の爆乳(笑)。
大変ありがたいことに、Kina姉の時と同じく、完全母乳で
特に困ったこともトラブルもなくここまできています。


Nayuさんの一度に飲む量も増えたので、授乳の間隔が4時間くらいは空くようになり、だいぶ楽になりました。

ジョイセフ広報の私は、育休中も、ご指名いただいた講演や取材、会合などは、ありがたく出張させていただいているわけですが、4カ月過ぎた頃から、Nayuさんを預けて、私単身で長時間(最長8時間)の外出ができるようになりました〜。


先月は、
・浜松市 笠井中校区(笠井小、豊西小、笠井中学校)保健委員会での講義
c0223034_1244155.jpg

東京ワーキングママ大学での講義
c0223034_127079.jpg

・静岡県立大学 看護学研究科での講義


どれも、6時間以上、Nayuさんを夫や母に預けて単身で出かけ、無事終了。


こういう時に、欠かせない必須アイテムが、

そう、

搾母乳機!


medela(メデラ)
スイング  電動さく乳器
c0223034_1281856.jpg


6年前に私が使っていた手動搾乳機とは、比べ物になりません。
驚くほど進化してます!(^0^)

とはいえ、つい2カ月前までは、
電動に対するあまり良くない先入観があり、
正直ものすごく抵抗があって、
あえて手動にこだわって搾乳機を使ってました。

ですが、このmedelaのスイング 電動搾乳機を、
親しいワーママからも「とにかく、イイから使ってみて〜!」と
オススメされて、半信半疑で試してみたわけです。


使ってみて、ビックリ!!!

以下、1回の使用で私が感じたポジティブ感想。

1.時間短縮!(7分で100ml搾乳!笑)
2.シンプルで組み立てが簡単!(部品が超少ない)
3.片手で搾乳できる!

c0223034_1303845.jpg

↑↑↑ただいま搾母乳中・・・iPhoneで撮影もできちゃいます


4.搾母乳中の音が静か!
5.乳首への負荷が少なく優しい!
6.不快感ゼロ!


そして、、、
搾乳するのが楽しい!!!
(これは、まさかの感想・・・笑)


c0223034_1284353.jpg

12〜15分もあれば、150mlボトルいっぱいあっという間に絞れちゃいました

長時間の単身外出する時は、あらかじめ、数日前から搾母乳したものを冷凍しておき、
c0223034_1285499.jpg

この母乳保存バックに入れて、冷凍庫へ。その日中に飲む搾母乳はボトルに蓋をして冷蔵庫へ
そして、乳腺炎予防のために、外出先にも搾母乳機を持参して、出先でも搾母乳をしています。


これさえあれば、快適母乳育児ライフを続けられる〜〜
と痛感中・・・。

まさに、これぞ、
母乳育児をしたい
働くママの味方♡最強アイテムっす。
\(*T▽T*)/ワ

搾母乳機選び、悩まれている方、ぜひ参考にしてみてくだされ♡
>>medelaの スイングー電動さく母乳機
私自身が、今、かなり助けられているので、超絶賛オススメです〜♪


・・・ということで、
ちょっとずつ私のオススメワーママお助けアイテム、
このブログで紹介していきますねん(^^)



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2015-01-13 01:53 | ママモード | Comments(0)
<< ようやく地元にて。つながってる... 2015年も、よろしくお願い致... >>