ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
カテゴリ:ミッチの雑感、つぶやき( 167 )
二女、抱っこされまくりで、生後70日経過。
第二子を妊娠してから、一気にアクセス数が上がり、
出産後も、さらにアクセス上昇中のミッチのブログ。

今回のように、ブログ更新が1週間止まると

「ブログ、楽しみにしているよ〜最近いそがしいの??」

「妊娠した友達にミッチのブログ紹介しといたから〜(更新してね〜)」


と、連絡をくれる友達も(笑)



ミッチのブログは、どうやら、

これから、妊娠・出産を考える働く女性、
現在妊娠中で、働いているプレママ、
そして、これから第二子の妊娠・出産したい働くママ
夫婦別姓を考えている結婚前の女性



明らかに働く女性の皆さんに多数読まれているようです。

ありがたいです。
楽しみにしてくれている人がいると思うと、
更新のモチベーションも高まります。

なんだかんだで、10年くらい続けているミッチのブログ。
自分で言うのもなんですが、
年季が入ってきました〜



さてさて、今日の本題。
産後2ヶ月が過ぎて、
ここんところ、ほとんど日中は外出しっぱなしの私。
世間の皆様からは、
アクティブ過ぎ!!
と相変わらず言われていますが・・・
本人はいたって、行き過ぎた感は全く感じてなく、
これくらいがちょうどいいみたいです(笑)

育休中だからこそ、
平日にできることを、存分にやっています。
二女Nayuさんを常にスリング抱っこしているので、肩の凝りが半端ないっす・・・(^^;)


先日は、
静岡県中部の小学校6年生の学校保健委員会の時間に、実施された誕生学®の授業。
Nayuさんが赤ちゃんゲストとして呼ばれて行ってきました〜。

c0223034_1141399.jpg

11〜12歳のお兄ちゃん、お姉ちゃんに抱っこリレーされるNayuさん
c0223034_1123121.jpg

「ちっちゃ〜〜!!」「足がぷにょぷにょしてる〜!」「カワイイ〜〜〜!!」と大人気。
c0223034_1144889.jpg


「みんなも、11年前にはこんな風にいろんな人にたくさん抱っこされてきたんだよ〜」

な〜んて話してあげると、照れ笑い。
赤ちゃんに触れるだけで嬉しそうに微笑む子どもたち。
そんな小学6年生がかわいくて、終始萌え萌え〜〜だった私(笑)

母子そろって、とっても良い経験させてもらいました。


ところで、うちのNayuさん。
4人の赤ちゃんゲストの中で最も最年少(生後2カ月)だったのですが、
4カ月、7カ月、9カ月の赤ちゃんがゲストで来場〜
c0223034_115620.jpg

「どの赤ちゃんが一番小さい(生まれたのが遅い)?」というクイズでは、
最年少だと当ててもらえなかった・・・(汗)

c0223034_1321082.jpg


すっかり太って貫禄が・・・ 
千と千尋の神隠しに出てくる、坊ネズミみたい!!?


そんな重たくなったNayuさん。
出かけることが増えれば、出会う人の数も多いわけで、
そのたびに、いろんな人に
抱っこされまくり♡
親としては、本当にありがたく、うれしいことです!!!

すでに、生後70日で、
抱っこしてもらった数200人超え?!!!

世界で一番抱っこされている2カ月児!?!
な〜んちゃって(≡^∇^≡)ニャハハ

c0223034_1492172.jpg

最近の抱っこスナップ特集?!!!撮り忘れることも多いけど…(^^;)

ギネスに挑戦しよっかな〜〜(笑)

ってのは冗談ですが、
こんなところでもアフリカの赤ちゃんと勝負したくなってる私。
(数ヶ月前までは、ヘルシー妊婦で、勝手にライバル視してましたので・・・(´0ノ`*))
アフリカの農村の赤ちゃんはベビーカーもないし、
車も乗らない(チャイルドシートにも座ることはない)し、
バンボもバウンサーもないから、私が知る限りでは、
常に誰かに抱っこされているんですよね〜。
そんなの比較しているデータは見たこと無いですが、
確実に先進国の赤ちゃんよりも抱っこされている時間も、回数も
圧倒的に多いはずだと、
勝手に確信している私・・・。
こんなところでも意識しまくり&参考にしたい、
アフリカの 健やかマタニティ〜育児★



さてさて、
赤ちゃんネタついでにお知らせ。


今度の週末は、
妊娠・出産、女性の生き方に関心ある方にぜひオススメした〜いイベントが目白押し♡
ぜひご参加くださいね!!!

11月1日 富桜祭『カワイイで世界を救う』トークセッション @ 日本大学国際関係学部(三島市)
↑↑私、トークセッションで語りまくります〜

11月2日 『ママとね x トツキトウカBABYフェス』  @静岡県総合健康センター(三島市)
↑↑私の出産間近マタニティショットも掲載されている…『トツキトウカ SHIZUOKA EAST 』 発行記念イベントでっす!

11月3日 『出産と仕事フォーラム』  @日本赤十字看護大学 (広尾) 

↑↑大葉ナナコさんが代表理事でこのたび立ち上がった一般社団法人ベビー&バースフレンドリー財団設立記念のイベントです!


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-10-27 02:27 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(0)
 産後2カ月。骨盤ケアは、「天使のたまご」 で開始。
本日で、産後2ヶ月

あっという間に産後休業(56日)が終わり、育児休業に入りました。

早い人だと、この時期から職場復帰するワーママもいますね。
ですが、
それは、
預け先が決まればの話。

家族に預けて常勤で働くという人はごくごく稀で、
ワーママの多くが、保育園や託児施設に預けることが決まらないと、職場復帰できないわけです。

とはいえ、
母乳だけしか飲んでいない生後2カ月の我が子を
朝から晩まで一日中施設に預けて、職場復帰する(連日オフィスに通勤する)のは、

私はやりたくない
というか
できないと判断。

母乳のメリットが
赤ちゃんだけでなく母体にもあるということを知ってしまった今、
そして、母乳が順調に出るようになった今、
できれば、長女の時と同じように、
人工栄養に頼らず、
母乳で育てたい欲求が強く増しています。


私が実感している母乳メリットは、

・経済的負担は軽減できること。
(人工粉ミルク缶だと、1缶2000円として、年間約10万円はかかる)
・哺乳瓶を使わないので煮沸消毒や洗う手間が省ける
・外出時の荷物が減る。
・夜中の授乳も時間短縮&ラクちん。
c0223034_22573355.jpg

二女とお出かけするときは、このtokyo baby cafeのママトートバッグ1つ。この中にオムツ交換セットと、タオル、授乳ケープを入れています

その他、私は実感できていないけれど、
そうだったらうれしい
ユニセフやラレーチェリーグなどのサイトなどであげられているメリットとしては、

・子どもが病気にかかりにくい
・母体の回復を早める
・乳がんが減る
・SIDS(乳幼児突然死症候群)発生率が下がる ( 母乳:混合:人工=1:2:3)

などなど。。。


ということで、
しばらくは、母乳育児を快適に継続することをプライオリティに、
長時間外出となる際は、二女を連れて行動したい・・・と考える私です。


産後2カ月の今日、
妊娠中から考えていた、産後の骨盤ケアを始めるため、
c0223034_2258351.jpg

天使のたまごの代表で鍼灸師の 藤原亜季さんとお会いして、ケアの内容と今後の流れを相談・確認してきました。



ジョイセフスポットでもある天使のたまごの産後ケアを、
私が受けるからには、せっかくの機会なので、
日本でこれから出産する女性だけでなく、
途上国の妊産婦にも、写真付きで紹介できたら・・・
な〜んて思っています。

c0223034_22584214.jpg

ジョイセフ広報のわかちゃん↓と、なーさん↑にも声かけて、4人(+二女Nayuさん)でランチミーティング。みんなに抱っこしてもらってご機嫌さんのNayu(^^)
c0223034_22591891.jpg

先週ぎっ◯り腰をやったばかりのわかちゃんは、鍼灸師の藤原さんの話に目から鱗〜。改めて育児中のママの日々のケア、メンテナンスって重要だな〜と感じました



私も妊娠期間中から
今なおも愛用中の
キャリネス ボディオイル(売上げの10%がタンザニアの出産施設に水道管を設置するための活動へ寄付)の監修もされている藤原亜季さん。水道管設置後のさらなる新支援プロジェクト内容についての相談もしてきました。


日本の妊産婦をケアし、笑顔にして、
アフリカの妊産婦を支援する



一産婦として、
一ジョイセフスタッフとして、
大変うれしい取り組みを継続してくださる 鍼灸アロママッサージ院天使のたまご に改めて感謝♡

さっそくですが、来週から始まる私の産後ケア通院。
もちろん、二女Nayuさん連れで通う予定です。
天使のたまごで提携している託児サービスがあるので、
私が施術を受けている間は利用したいと思います。
(子連れでケアが受けられるのが、本当にありがたい!!!☆(゚∇゚☆)(☆゚∇゚)☆)


追伸:本日生後2カ月を迎えたNayuさん。首がだいぶ座ってきました。
お姉ちゃん大好きで、どんなにしつこくいじられても、話しかけてます(笑)
お姉ちゃんに負けず劣らずおしゃべりな子になりそうだ・・・


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-10-15 22:13 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(0)
10月11日は国際ガールズデー。Take Action Now!!
明日、10月11日は国際ガールズデー
c0223034_1059360.jpg



国連が3年前に定めた
女の子をもっともっと応援していこう!という記念日です。
世界中、特に途上国では、女の子の多くが貧困。
家が貧しかったり、地域に根付く文化的な理由で学校に通えず、
10代前半での結婚、そして妊娠・出産を余儀なくされています。


また日本のような先進国でも、「女の子」という理由だけで、
さまざまな社会的な制約が存在していますよね。
ちなみに、
日本は、今の安倍政権が「女性活躍推進」を声高に掲げていますが、
その背景の1つには、
世界格差ランキング(2013年)は、
136カ国中105位
という、先進国とはとても言いがたい恥ずかしい結果。。。

国際的に見て、日本は、
とくに日本の女性は、
世界で一番長生きするのに、
ずっと男女格差の中で暮らす〜・・・(なんてこった!!!)
という、ホントにトホホ・・・な国になっていっています。

なぜ日本が毎年、ランクが下がっていくのか・・・
もうすぐ今年のランキング発表が出される(おそらくまたランクは下がるはず・・・?)だろうから、その時にじっくり書くとして。

今日、私が
国際ガールズデー前に書きたかったこと。

私のところに、
最近頻繁に届くメールが。。。。
↓↓↓↓コレ
c0223034_10524450.jpg


ジョイセフのオンラインショップから届く
チャリティーピンキーリング
在庫わずか
在庫切れ

のお知らせ。


新宿ルミネ、日比谷公園でのグローバルフェスタ、目黒の雅叙園でのママフェスなどなど、
さまざまなイベントでチャリティーピンキーリングが販売されたことも影響し、

スタッフの予想を遥かに超えて
チャリティーピンキーリングが、
売れに売れています!!


国際ガールズデーを目前にうれしい悲鳴です♡
・・・ですが、おそらくジョイセフスタッフてんやわんや?!!
  産休中の私は、戦力になれずちょっと申し訳ない気持ちも・・・(^^;)


そして、なんと、なんと!!!
本日10月10日(金)と
11日(土)の2日間は、
渋谷ヒカリエShinqs にて

チャリティーピンキーリング 販売ブースが出展されることになりました!!


チャリティーピンキーリングからの寄付は、リング1つにつき100円。
一見、とても小さく感じられる支援ですが、
じつは、
このチャリティーピンキーリング、
単なる寄付が目的で生まれたわけではありません。

みんなでチャリティーピンキーリングを小指に付けることで、
その周りの人に「認知」され、
この認知により、
「共感」を生めば、
Facebookやtwitter、ブログなどで「シェア」される。

この共感→シェアで、広がること、
まさにこれを狙っています。


「チャリティーピンキーリングを身につける」
というアクションこそが、すでにそこで大きな支援につながっているのです。

と、書きましたが

実際、
チャリティーピンキーリングが始まって3年半で、
これまでに、ピンキーリングは9万個以上売れ、
すでに寄付額は約1000万円にもなりました。



私たちの支援で、途上国の女の子たちが
適切な教育受けることができれば、
女の子たちの可能性は無限に広がり、未来は大きく変わる


そして、
私たち日本人も、
途上国の女の子の現状を知ることで、
気づかされること、学ぶことがたくさんある


そんな信念をもって、
このGIRL meets GIRLプロジェクトを続けているジョイセフ。


今年の私は、
ジョイセフ広報グループ長ではなく、
ジョイセフ応援団長として(笑)、ブログ書いて同僚にもエールを送ります!!


c0223034_1125452.jpg


途上国の女の子も日本の女の子も一緒に、
パワーアップしていけるように♡
Take Action Now!!



c0223034_11294937.jpg


まずは、ジョイセフの国際ガールズデー特設サイトをごらんくださいね!!
こちらから



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-10-10 11:44 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(0)
何度も泣けた!保育園最後の運動会。
土曜日は長女kinaの保育園、最後の運動会でした。

c0223034_0341227.jpg

帰宅後、プレッシャーと緊張から解放されて、ニコニコで妹を抱っこするkina

年長ともなると、
ここまでやるか〜〜〜!!!!!
c0223034_102346.jpg

ってくらい、出番多しで・・・
(↑↑ピンクの蛍光ペンが娘の出る種目)

そりゃ、ビデオの充電もなくなりそうになるわけだ。。。(汗)

なんと、娘の出番は10種!!
そのうち、競技が7種で、内親子競技が2種も。
運動会というのに、鼓笛演奏もあるわで。。。

よくぞ、ここまで練習を積んできたな〜と。

このプログラムを娘が家に持ってきた時は、
思わず、

おつかれさ〜〜ん!!

って言ってしまったくらい。

今時の園児はすごいな〜と、真面目に尊敬してしまいました。


我が娘、4月のお誕生日で、学年の女児の中では一番早く生まれたお姉さん。
そして、もっとも長くこの保育園に通っている園児の一人。

そのプライドなのか?
とにかく、
園で一番にこだわる
がつく負けず嫌い。

というか、どうやら、
入園した頃から、
一番先にできて当たり前だった、、、ので、4月生まれにありがちな、自分で自分に勝手にかけてしまっているプレッシャーと闘っているようです。。。(汗;)

「2番でも、3番でも、一生懸命がんばればいいんだよ」

という私たちの言葉も、聞く耳を持たないどころか、

「一生懸命がんばるってことは1番でしょ!」

と反論してくるほど。

運動会が近づいてくると、
墓前でも、神社でも、
「1番取りたいので、お願いします」
と祈ってました(汗)


運動会当日の朝は、
抱えきれないほどの大きなプレッシャーと闘って、
誰もがわかるくらい緊張感いっぱいの表情で登園。
c0223034_0433024.jpg

かけっこのスタート地点に立つkina


そして、
ついに本番を終えた結果、

親の私たちが誇らしい成績で、
1位の赤いリボンを5つもGETした娘。
c0223034_1282748.jpg

綱引き、騎馬戦をのぞき、他は全て1位でした〜(^^)


c0223034_0422373.jpg

鼓笛演奏でも、一円禿作って練習してきたティンプトン、代表の入場行進の合図に始まって最後まで見事な演奏でした〜!


そんな娘に、
毎日プレッシャーをかけられていた我が夫。


娘のために
(失敗は許されない・・・)
1位を取ってあげないと!


それはそれは、
ずいぶんと前から、気合いを入れていたに違いない・・・(* ̄Oノ ̄*)


そして、迎えた本番。

c0223034_0371750.jpg

c0223034_0372990.jpg

親子カニ競争では、
完全に親カニと化し、軽やかなサイドステップで、2位に大差をつけて1位。
あまりのカニの速さに、
観客から笑いの渦が沸き起こってました(笑)

私が言うのもなんですが、本当にカニに見えました。
ヾ(@^(∞)^@)ノ


c0223034_0362783.jpg

騎馬戦では、馬と化して、体力尽きるまで走り回った夫。おつかれさま〜(^^;)


普段は、自他ともに認める(?!)どっから見ても
チンチクリンな夫ですが(笑)
本当によくがんばった〜〜!!!!
娘にとっては、カッコイイ自慢の父だったんじゃないかな〜



ついでにですが、
応援に来ていたじぃじ(我が父)も、
孫の快挙ぶりに、大喜び。
c0223034_0402267.jpg

興奮のあまり、一人胴上げならぬ、高い高いを!!!
(腰が痛いというのにも関わらず・・・( ̄Д ̄;;)


家族も大興奮で声がかれるほど応援に湧きっぱなしだった運動会。
一つ一つの競技、演奏を見ながら、
なんどもなんども涙が溢れて止まらなくなりました。
娘の成長を痛感し、嬉しくて、
そして、娘のお友達みんなががんばっている姿に心が震えました。


これが、保育園の最後の運動会かと思うと感慨深い気持ちを隠せません。
親も子も一生の思い出に残るであろうとても濃い運動会でした〜〜。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-10-06 00:18 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(0)
「おちんちん」    持ち物よりも、持ち主が大事!!
今日は、職場でも家でも、話題は

おちんちん!


ジョイセフの姉団体日本家族計画協会(JFPA)発行の

家族と健康
(リプロダクティブ・ヘルス/ライツ〜健康教育情報紙)
7月号に掲載されている

c0223034_22391342.jpg

おちんちんのケア 「むいて清潔に」


の見開き紙面。


岩室紳也先生(ヘルスプロモーション推進センター/厚木市立病院泌尿器科)
の保健師・助産師対象のセミナーでの講義の一部が紹介されていました。

この記事、
同僚で男の子を育てるママたちが大絶賛!!!


同じフロアの男性スタッフに、

「こういう話、いつ、どこで聴いた?」

と同僚ママ達からの質問が始まり、

とーっても大事な話なのに、
当然学校では教えてくれないし、
どう息子に教えていいのか、わからない親達もいないんじゃないかな〜
もっとこういう岩室先生のような話を、聴く機会が増えると良いのに・・・

同僚ママ達がぼやいていました。



で、さっそく、
家に帰って、そんな職場での話を、
この家族と健康の紙面を持ち帰って、夫に話した私。

c0223034_2239430.jpg


おちんちんのこと、だれから聴いた?
包茎の話っていつ知った?
剥いて洗うって、いつからやってた?


質問攻め(笑)



洗って清潔にするっていう習慣を付けたのは親
(母さん?父さん?どっちかは覚えてない・・・)


小学生の時に突然 夢精があって、
そこから自分でマスターベーションを覚えて、
スムーズにむけるのを自覚したのは、その辺りからだと思う・・・

と、淡々と応えてくれ、

c0223034_2238556.jpg



「この新聞、どこで配布されているの?
  こういうの全国(保育園とか幼稚園)でも配布されたらいいのに」


と言っていた夫(^^;)

男性から見ても、ここにかかれている情報は、
目から鱗だったよう。


この紙面の中に、

実は今、このおちんちんの持ち主である男子にかなり大きな問題が出てきています。
(中略)
今の男の子は、仲間と性的な話をしなくなってきています。
(中略)
マスターベーションの仕方もわからない男も増えています。
(中略)
性の話をしなくなってきたという危機感をぜひ皆さんに持っていただきたいと思います。
(中略)
おちんちん、包茎は意外と知られていない。医者の中でも誤解があるテーマです。



だからこそ、
まだまだ啓発をし続けることが大切で、
保健分野、教育分野、医療現場でできることがそれぞれ違うから、
できることをそれぞれがやっていこう
コミュニケーションの手段として、「おちんちん」の話題を出して〜・・・
と岩室先生は言っています。


そして、最後に。
ペニスのサイズで男性が悩まないように、

「持ち物よりも持ち主が大事。私たち女はね、男の価値をペニスのサイズなんかで見てないわよ」


このごく当たり前のメッセージを、
女性、そしてママの皆さんが、
パートナー、そして息子たちに伝えるようにと。


おちんちんをどう扱うかで、持ち主の「育ち」が決まる。
おちんちんが、「男育て」の道具になるという視点を持つようにと。


実に学びの多い内容でした〜!!



もっと詳しく知りたい方、
岩室先生がオンラインの各サイトで応えている
おちんちんの悩みを解決できそうな10のリンク
をぜひご覧くださいね〜。



ではでは・・・


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-07-10 23:49 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(2)
既成概念を捨てろ! 助産師 冨田さんの話を聞いて再考する
静岡駅ビル で開催された
助産師 冨田江里子さんの講演会

フィリピンから母子保健、
「支援」を考える


に参加してきました。

c0223034_10281025.jpg


一言で言えば、

国際協力NGOで働く私にとって、
妊婦の私にとって、

目が覚める
でした〜〜!!


毎年フィリピンから一時帰国する時には、
全国のあちこちで講演依頼で引っ張りだこの冨田江里子さん。


会場だった静岡パルシェの7階の会議室は、
静岡大学の学生を中心に、冨田さんのお話を聴きたい人で、溢れかえり、
後ろの方は、立ち見の人たちでいっぱいでした。
c0223034_10282540.jpg





冨田さんは2000年11月、フィリピンの貧困地域で無料診療所を開設。
約20年前にJICAの青年海外協力隊でモルディブに派遣された時の2年間の経験が、
その後の冨田さんの姿勢にも、大きく影響したようにも受け取れました。


★モルディブでの冨田さんの4つの発見★

現代医療は全人を救えない
    ⇒途上国でも、お金持ちだけしか治療は受けられない
 
医師がいるクリニックで無料で診察を受けられることができても、処方箋が出されるだけ。
薬は有料だから、貧しい人たちには、薬を手に入れることはできない。

病気が発見されても、手術は有料だから受けることができない。
つまり、お金が払える見込みがない貧しい人は、治療してもらえないのが現状


現代栄養学は不要な知識
     
・その土地の従来の食べ物があれば、食事の偏りがあっても 栄養失調にはならない。
(⇔現地の食べ物に馴染んでいない日本人の冨田さんたちは、協力隊で派遣中に栄養失調になった)
        
・日本などの 先進国は、もともとあった従来の食べ物ではなく、添加物入りの加工食品物を食べているので、 アレルギーやアトピー等本来適応できるはずが できなくなって病気になっている。



お産はいつの時代もされてきた

「産科に関する医療はここ100年くらいの歴史であるのに対し、人類の出産は数十万年の間繰り返されて命は引き継がれてきた」

人間には産む力がある。赤ちゃんには生まれてくる力がある。
人間には、(ものすごい貧困や内戦などの人為的困難がない限り)生き抜く力がある。
・消毒液、殺菌された水、場所は必須か? → 昔は無かったはず。それでも人間の命は生まれてきた


病気の種類が違う

・20年前、成人病 ガン アトピー等の 病気は途上国には無かった。
・先進国では、除菌・無菌状態の中で 赤ちゃんを育てるので、抵抗力の弱い人間に育っている



さらに、冨田さんは訴えます。

「日本の価値観で見れば、貧困層はかわいそうな人たち。みんな、“ユニ●フ” のCMに刷り込まれているんです!」


と。

うわぁっ!ずいぶんと直球玉でズバリおっしゃるな〜〜〜と、

ちょっと一瞬ヒヤっとしましたが、
あまりに冨田さん、ズバズバ軽快にテンポよく、話していくので
思わず、笑いが込み上げてしまいました(^c^;)


よくある国際NGOのCMのパターンはコレ↓
「この写真をご覧ください。
ここにいる裸の子どもは、貧しくて、
着るものの食べるものもありません。
病院にも行ったことがありません。
ワクチン1本あれば、この子の命が助かります。 
ぜひあなたの力をお貸しください・・・」



と、執拗に
 貧しい子=かわいそうな子
とい刷り込むCM。
電車の中でこっちをじっと見るアフリカの男の子の写真付きの吊り広告。

こっちが何か、悪いことをしたかのように、気持ちが重く、暗くなり、
反省モードになる。
そして、かわいそうな子に
寄付できない自分が心ない人間のように思えてくる・・・


たしかに、そのとおり。
冨田さんのおっしゃるとおり
です(^^;)



冨田さんは続けました。

現地で本当の実態を見てください。
生まれたときから、この状態が当たり前なのだから、悲しんでなんかない。
困った人がいれば、周りの人が助ける。
子育ても近所に暮らすみんなでやってます。
その辺に転がっているもので、自分たちの家一軒建てています。
その家は日本の家という常識からは考えられい形で、柱なんかない。
でも建っています。たまに嵐で吹き飛ばされることもありますが。
傾いていたって関係ない。彼らは幸せなんです。

ゴミ山は、彼らにとっては宝の山なんです。
ここにくれば、ご飯代を得ることができます。
汚い、臭い、ここにいる人たちはみんな病気になる・・・は、私たちの勝手な思い込み。
彼らは元気です。病気だってしていませんよ。
日本人がわかっていないこと、及ばない点がたくさんある。
既成概念を捨ててください。
国際協力は、一方的な施しではなく、
人が人として認め合うところから始まらないとおかしい



「かわいそうだから支援する」というスキームでは、
「かわいそうは、減りません!!」。
だから、
私はユ二●フみたいな話はしたくない・・・と冨田さんは続けました。

 
では、
どんな支援が必要なのか?


冨田さんが強調したのが
貧困という名の病
でした。

現地では、この10年でがんやアトピー、生活習慣病が急増しているといいます。

日本をはじめとする先進国の企業たちのインスタント食品や粉ミルク、炭酸飲料、スナック菓子などが、貧しくても買える少量パックで浸透しています。
お菓子の包装には、日本でいうところの厚生労働省推薦のマークが!!!
そして、「栄養いっぱい」「頭が良くなる」などのキャッチコピー。



そして朝からインスタントラーメンを食べ、
毎日の日課になっている家庭は、本当に多いとのこと。


先進国の企業が放つ言葉やCMは、
フィリピンの彼らにとって絶対的。

どんなに冨田さんが『体に悪いんだよ』と説明しても、

そんなはずは無いよ(だってCMで良いって言ってたもん!政府も薦めてるもん!)・・・と言わんばかりに微笑み返すだけで、まったく冨田さんの言葉を信じないとのことです。


これは、貧困層特有の反応で、
考える力の喪失だと
冨田さんは言っていました。

これぞ、貧困という名の病。


冨田さんが、国際協力(支援)が必要と考える最大の理由。


 「一緒に彼らと遊んでくれるだけでいい。英語ができなくたって、現地語が話せなくたっていい。日本人や他の国の人と過ごせるという自信を持つことから、彼らは変われます」

と冨田さん。

他にも、

・愛情をかけなかったら、人は人には育たない。人を変えられるのは人でしかない。人に関われるのも人、人にできるのも人。
・「あなたのことが大事な存在だ」とわかれば、貧困層の子どもたちは変わっていく。子どもは、私たちが関わっていけば、どんどん変わる。



現地の貧困層と生活を共にする冨田さんならではの、
現場からの声に、心を動かされました。

貧困層を生む一因に、日本による森林伐採があります。

「貧困をなくしたい・・・と思ってくれた方、
 今日からティッシュペーパーを使わないで布巾を使いましょう」


冨田さんの言葉はいたってシンプル。

国際協力は、専門家じゃなくてもできる。
つまり、私たちが私たちの暮らしを見直すこと、

このことこそが国際協力(支援)だという冨田さんの講演に、
終始圧倒されっぱなし、アッパレ〜〜〜!!!と拍手したくなりました。


冨田さんの話、気になった方はぜひご著書をご講読あれ〜♡

フィリピンの小さな産院から

冨田 江里子 / 石風社




追伸:講演終了後、冨田さんのもとへご著書を持ってご挨拶に行くと、
「あ、ジョイセフの人や〜!今日の話、聴いてて、気分悪かったやろ?? 」って、冨田さんに言われた私(笑)
「いやや、その逆です。爽快感でいっぱいです。スッキリしました。そして初心にかえりました。諸々考え直すよいきっかけとなりました!」 と、お返事しました(^^)


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-07-08 22:40 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(2)
【重要なお知らせ】  iPhone 紛失! 盗難!?  in 新幹線
お友達の皆さんへ


先ほど、帰りの新幹線の中で
Facebookに投稿 with 娘の写真をしたのを最後に、
私のiPhoneの行方がわからなくなりました。

投稿直後に
iPhoneを座席のテーブルの上に置いて、
トイレに行き、
戻ってくると無かった・・・

考えられるとしたら、


新幹線の車体が傾いた時に、
テーブルから、するっとiPhoneが滑り落ちて、
床上で、あちこち行ったり来たりしている

か、
考えたくないけれど、

盗難

か。



慣れた通勤新幹線、
超無防備、浅はかな自分自身を後悔しています。

ぜったいに
新幹線の中で、
iPhoneからFacebook投稿したことは確かな記憶があるので、
誰かが持ち去らない限り、終点の名古屋駅まで行くはず。。。


家に帰ってすぐに、
ソフトパンクのカスタマーサポートで
iPhone探索をしてみると、

静岡県静岡市清水区あたりにあると。

ということは、


やっぱり、新幹線内にある!!!

と確信。


念のため、
即、『一時停止』
をリクエストしました。


はぁ。。。
ε= (´∞` ) ハァー



夫に事情説明したら、
いきなりムッとして、
「ホント、お前はだらしない!!! なんで携帯をテーブルの上に置きっぱなしにして、トイレに行くのか?? その気が知れない・・・」

と怒られました。
しかもそっから、夫、
超不機嫌になってるし。。。(汗)



がーん…llllll(-_-;)llllll




ううぅぅぅぅ。。。

私ってやつはーーーーー!!!

マジで泣きたいよぉ〜〜っ!!!!!
c0223034_21364557.jpg



というわけで、


しばし、携帯電話は不通になります。


何かあれば、
私のFacebook
に、メッセージでご連絡ください。



この週末は、PCを携帯してなるべく開こうと思います。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します!!!!



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位かな?!
by joi_micchi | 2014-07-04 21:17 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(0)
地元のママ達でつくる全国初の「トツキトウカ」!!!
トツキトウカ
って聴くと、赤ちゃんがママのお腹にいる期間だ〜って
ほとんどの人が連想すると思います。


c0223034_18411151.jpg


実は、こーーーんな↑ピンクのまんまるのマークが表紙の
詩集が10年以上も前からあったのをご存知でしたか?

エイベックス発で生まれたこの『トツキトウカ』の詩集

この詩集に私が初めて出会ったのは、横浜市がやっていて、
それをジョイセフの支援企業でもありますDADWAYさんが協賛していたから♡

初めて手にしたとき、
ページをめくりながら、涙があふれました。


母から我が子へ。
父から我が子へ。
じぃじ&ばぁばから愛孫へ。


特別なトツキトウカ、
命の誕生・死を経験された
親から我が子へのメッセージが
そこにありました。

私のような、
まさに妊娠中のママの言葉も♡



そんな素敵な『トツキトウカ』詩集を作るプロジェクトが、
静岡県で初めてママ達の力で作ろう!と立ち上がりました。

しかも、静岡県東部で!!



この地域で子育てする人たちの心のつながりを形にしたい!


と、同じ志をもった静岡県東部のママ(西は、富士市から。東は、御殿場、熱海、伊豆半島に至るまで)が
集結!!
いろんなところでメッセージを呼びかけています。


c0223034_18413185.jpg

先日、我が家も富士宮浅間大社で開催された助産院の同窓会で、メッセージを募集!娘もはりきってパネル運んでくれました〜♡


c0223034_943220.jpg

三島市楽寿園で開催された「ほたる祭り」でも告知ブースを出展




『トツキトウカ』は、おなかに赤ちゃんがやってきて、この世に生まれてくるまでの”トツキトウカ”から
1歳のお誕生日を迎えるまでの間に、ママが綴った赤ちゃんへの愛たっぷりのメッセージを集めた詩集です。

妊婦さんになったお友達に。
お父さん、お母さんになる自分に。
未来のわが子に。
そっとプレゼントしたくなる、小さな本。

この本の中には、お母さんの愛情がどのページにも溢れています。
なかなか口には出せない事柄も、ひとつひとつやわらかい文字になって心に染みこんできます。

嬉しかったこと。つらかったこと。悲しかったこと。日々の小さな喜び。
かたちが変わっても決して消えることのない、母と子の絆。
『トツキトウカ』は、母と子をつなぐ、愛情たっぷりのタイムカプセルです。

『トツキトウカ』サイトより引用





応募くださったメッセージは、すべて、詩集(冊子)に載せられなくとも、
ママとね サイト(Facebook含む)
たくさんの人にシェア&公開予定。



ぜひぜひ、
皆さんのお友達、お知り合いで、
静岡県東部に暮らす
妊婦さん&そのご家族、
そして産後1年のママ&パパ、ご家族

に、
この情報を転送&シェアしてくださいね〜〜♡





この地域が大好きだからこそ、
ここで住み続けたいと思った私。
子どもが生まれて、
もっともっと、この街を大好きになったから♡




静岡県東部ならではの、
ホットな『トツキトウカ』の誕生を心待ちにする一人として、皆さんに絶賛シェアとお願いでーす♡♡♡




『トツキトウカ SHIZUOKA EAST』詳細は、こちらから


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-07-01 09:26 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(0)
GIRL meets な一日に感謝!!!
今、終電新幹線の中です。

今日は、双子座の新月の日。

私の願いがまた一つ叶う
GIRLSにむけたホットな2つの企画がありました。


いま、感無量でブログを書いています。



c0223034_2375422.jpg



GIRL meets GIRL College
第2回目。

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん
と、
NPO法人 ピルコン代表の染矢明日香さん

女性たちを癒す「性の語り部」にご登壇いただき、
Women's Health
をテーマに、
温かいトークをしていただきました。



そして、
私は一足先にジョイセフ退出して、

GIRL'S MeeTALK
@渋谷Factoryへ。

電通GAL LABOのコピーライター外崎郁美さんによる、

ギャルの力で世界は変えられるか?

ジョイセフとの連携プロジェクトのこと熱く語ってくださいました。




やまがたてるえさんも、染矢明日香さんも、外崎郁美さんも、

ジョイセフのこと、こんなにこんなにファンでいてくれる!!!

それぞれの専門分野、領域で、
ジョイセフの魅力を引き出してくれる!!!


どちらの企画でも、
話を聞いている参加者が、どんどん引き込まれていくのを感じ、
改めてジョイセフは、こんな素敵なオピニオンリーダーがいることを実感し、
感謝の気持ちで目頭が熱くなりました。

確実に、ジョイセフは魅力あふれる女性オピニオンリーダーによって、
GIRL meets
の機会が増えて、
広く広報、そして、
Girls empowermentを目指す団体として
確実にブランディングされている。


そして、私は、そのジョイセフ広報担当というと〜ってもおいしい仕事をさせてもらてて、
毎日エキサイティングな日々を送ることができてる。

そんなことを痛感させられた一日でした。


本当に感無量です♡♡♡

ありがとうございます!!!(^0^)




追伸:本日、妊娠29週に入りましたよ〜〜。




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-05-29 23:39 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(0)
★お願い★ 日本初、「女性の健康を守る」法律を!!★ 呼びかけ人になってください★
今の政権に対して、怒り文句ばかり言っている最近の私ですが、
久々に、これはぜひ応援したい!ぜひこのまま通したい!
と、心の底から思う政策案がー。。。(笑)


今、
日本で初めて
女性の一生涯にわたるリプロダクティブ・ヘルス
守る法律が作られようとしています。



4月1日に

日本の女性の自己実現と社会参加の一層の推進に寄与することを願って

自民党から出された

「女性の健康の包括的支援の実現に向けて<3つの提言>」


  1. 「生涯を通じた女性の健康支援の充実強化」
  2. 「安全な出産環境の再構築」
  3. 「女性の健康を包括的に支援する政策を推進する法的基盤と体制の整備」


この3つを柱とする提言のもとに作られた法案です。



その

法律(案) はこちらをクリック。

このチャンスを逃したくない!!


この法律の制定に向けて、
一人でも多くの方に「呼びかけ人」になっていただこうと、
ジョイセフでは呼びかけを始めました!

ぜひ、ぜひ、ご協力をお願いします。

「呼びかけ人」は、誰もがなることができます!
女性・男性、性別は問いません。

この法案の話をお友達やご家族の1人以上に周知し
お名前と、ご所属(学生、無職、主婦・主夫は問いません)を、
サイトのフォームに記入してジョイセフに送ることができる方。
(この名前は、ジョイセフのウェブ上でも掲載OKな方)


↑ぜひぜひ、ご参加を❤❤❤




なお、
5月30日(金)
院内学習会 がありますので、
「もうちょっと詳しく聞いてみたい~」という方はぜひ、こちらにご参加ください。
時間:12時30分~13時30分
場所:参議院議員会館1F講堂室

自民党だけでなく各党からの議員の発言も聴けるということなので、
私も参加したいと思っています!

【院内学習会のご案内】

女性の社会参画は長年、政策課題とされ、国連・女性差別撤廃条約からは各分野での女性の参画について勧告がなされ、また、経済協力開発機構(OECD)からも女性の労働参加率の上昇、働きやすい環境の整備やワークライフバランス実現について提言がなされています。他方、生涯にわたり健康に生きる権利の実現が保障されることは当然ですが、近時、社会保障費の増加が深刻化しており、健康寿命と平均寿命の差は、女性では12.68(男性は9.13)もあり、健康な生活が妨げられ、医療費・介護費の負担になっています。 

これらの課題について、労働市場の改革やワークライフバランスの実現には着手がなされ、また、医療・介護制度についても改革が進められていますが、最も肝心なひとり一人の女性が社会参画できるための基盤である女性の健康についての対策は遅れております。女性の健康についてはこれまで個別の法律や制度によって対応はされてきましたが、包括的な法制度がなく、性差を踏まえた包括的な健康支援はいまだ不充分です。女性の健康問題には、働く世代に多い子宮内膜症や不妊、産前産後の心身のケア、思春期の健康、虐待や性暴力、女性のがん検診やがん予防、更年期、老年期の認知症や骨粗しょう症予防などが含まれ、かつこれらはひとりの女性の一生涯の健康問題としてつながっているため、継続的で包括的な健康支援が必要です。

今国会において、「女性の健康の包括的支援に関する法律」が議員立法として提案される運びとなり、このような法律制定の重要性を確認し、今国会での法律成立を求めるため、本学習会を企画し、医療、福祉、企業の健康管理、スポーツなど様々な現場から、また、職場や生活のパートナーでありかつ育児や介護の大半を担っている女性たちの健康から大きな影響を受ける男性からも発言をいただくことになりました。

 また、各党の国会議員の先生方にご発言をいただけるよう準備をしております。

ご参加をお待ちしております。

1215分から参議院会館入口で入館証を配布

院内学習会の問い合わせ先は、女性医療ネットワーク事務局まで

電話 03-3538-0250 

FAX 03-3538-1019 

メール info@cnet.gr.jp


c0223034_18433964.jpg
一人でも多くの人に、この動きをまずは知ってほしい!!
そのために、まずは、今日会う人に、この話をしてみてください❤
そして、「呼びかけ人」に手を挙げてください!(^0^)
Facebookやブログなどでもぜひシェアしてくださ~~い


呼びかけ人は、サイトのフォームでの入力+他者へ周知するだけで参加できます。
呼びかけ人の募集は、5月27日(火)まで!

>>詳細はこちら




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-05-22 19:02 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(0)