ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「夫婦別姓」。最初に切り出した時の親の反応は・・・Ver.1
かれこれもう数年前の話だけれども、夏が近づくと思い出しますね。
私たちが、両家の親に結婚の挨拶をした日のこと。

ミッチが別姓にしていると言うと、たいてい「親の反応はどうだった?」と聞かれることが多いので、その日のことを記憶がまだあるうちに書きとめておきたいと思います。

2004年夏のことです。
-----

相方と一緒に両家の親に、結婚?の挨拶に行きました。

話の主旨は、もちろん、、、
1.結婚を前提に共有名義でマンション(当時新築中だった)を購入。
2.結婚は、入籍しない夫婦別姓。


長い長い付き合いだから、両家の親とも顔なじみではあったけど、
「まじめにあいさつ」ってのは初めて。
2人ともスーツ着用していきました。

まずは、相方の家に。
行くと予告していたからか、いつもとは違って、相方の両親ともに妙に改まった感じで、
待っていました。

居間の座敷に、義父さんと義母さんと向かい合わせで座る私たち。
自分の実家なのにかかわらず、相方もかなり緊張している様子。
相方が正座するので、「え?マジー?」って一瞬思った(笑;)が、私も同じように正座して隣に座りました。
そうこうしていると、私まで緊張してしまい、自分の心臓がバクバクいっているのを感じて、私は、非常に動揺を隠せなかったのを覚えています。

まず、相方が切り出す。

相方:「結婚前提に2人でマンションを購入することにした。先に2人で同居生活する。今日は親に認めてほしくて、この話をしにきた。」
義父:「結婚式は?」
相方:「まだ具体的には何にも考えてないけど。予算や2人の予定もあるのでこれからそういったことは詰めていく予定。オレの希望としては来年くらいには式を挙げたいと思っている。」
義父:「・・・」
相方:「結婚は、オレたちは、別姓という形をとろうと思っている。これは2人が5年くらいかけて話し合ってきたことなんだけど、オレもミッチも長男長女だし、家のことも、家族のことも、自分たちのことも、将来のこともひっくるめて考えての末の結論なんだ。」
義父:「入籍はしないのか?」
相方:「今の所入籍は考えてない。別姓が法で認められるようになったら、籍を入れる可能性もあるだろうけど。」
義父:「・・・(しばらく無言・・・)」
義母:「私は賛成!大賛成!うらやましいわー今の時代が。私も今の時代に結婚するんだったら、別姓を考えたと思うわ。昔と違って、家とかの縛りもしきたりも薄くなってきているし、個人の自由が認められる時代になってきたのよ。法ではまだ認められてないとはいえ、チャレンジしがいがあるじゃない!お互い「個人」を尊重し合う関係がずっと続けそうよね。私は賛成。ミッチさんと同じ私も長女の立場だったし、旧姓を捨てることがものすごく抵抗があったのよ。お父さんは?反対なの?」
義父:「・・・。そんな理想通りに簡単にはいかないだろう。。。反対しようにも、2人が決めたことだしなぁ。反対してどうにかしようとも思わないが、籍を入れないってことは、単なる同棲と取られて不利になる、不等な扱いを受けることも多いだろうし。子どもはどうするんだ??」
相方:「子どものことはこれから、2人でしっかりと考えて行く予定。今の段階では、Mの姓にしたい、とオレの中では考えている。ミッチは代々続いてきた本家の長女だし、二人姉妹で、妹はすでに結婚して改姓しているからね。姓が絶えてしまわないように。」
義父:「うちは3人のオトコ兄弟だから、ってことか。お前が『婿養子に』なるって選択もあるだろうが・・・」
相方:「そう。オレは、5年くらい前までは最初、自分の姓を捨てて、Mの姓に変わる婿養子になってもいいかな、という考えもあったんだ。ただ、それをMと話し合っていくうちに、別姓という選択をしよう、という気持ちになった。ミッチは、オレが姓を変えることに抵抗があったようだ。」
ミッチ:「そうですね。家を継ぐとかそういうことを考えなくても、私は、自分の名前を変えたくない気持ちが昔から強かったと思います。ただ、相手に姓を変えてもらうことまでして同姓になり、籍を入れるということは、私としては本意ではありませんでした。常に相手と、同等、共同でありたい・・・って気持ちが私は、強いかもしれません。K(相方)は、お父様が一代で築き上げた会社の後継している身ですし、お父様と同じ姓で、お父様の会社をもっともっと発展させてほしいという願いが私にはあります。姓は違っても、私も全面的に理解をしサポートします。もちろん、Kにも私の仕事や、家をサポートしてほしいと思います。Kも私も、同じ長男長女ですから、家や、家族に対しての考え方は共感できることが多かったので、その辺はお互い無理なく自然な形で別姓という決断に踏み込むことができました。(略)」
義母:「うん!そう。そうなのね。Kのこと、私たちの家のこと、会社のことまで気を使っていただいて。本当にうれしいわ。(中略)Kのことをよろしくお願いします。お父さん、いいわよね?」

義父:「・・・。今はまだ100%賛成はできないが、2人の気持ちは大体分かった。2人で決めたからには、がんばってみなさい。あとで後悔をしないように、しっかり2人で考えて相談して進んでいきなさい。(中略)最後に一つだけお願いがある。籍を入れないならなおさら、結婚式は早めに、きちっとケジメをつけるために挙げてほしいと思う。」

・・・・・・・・・・

そんな感じで、やり取りは終了。
字で書くとあっさり感じるけれども、2時間弱。長い長いやり取りだったと思う。
会話の間に、沈黙が多く、緊張続きで疲れたけど、なんとか無事報告をすることができました。
義母さんが本当に始終にこやかで、潔い明るいンポでいてくれたこと。
何よりも私たちの考え方に賛同してくれたことがうれしく、心強かったなぁ。。。
感極まってしまった私は、帰りの車の中で、涙があふれ出てきて止まりませんでした。

続いて
私の実家でのこと・・・は、長くなったので次のブログにて。
by joi_micchi | 2006-05-31 21:55 | 妻モード(事実婚、別姓も) | Comments(0)
DS LITEにはまってます!(^O^)


とうとう手に入りましたー!
任天堂DS LITEですよー!

どこの電気屋、量販店、あちこちのお店に行っても、完売&予約いっぱいで・・・
半分あきらめかけていたところ。。。

友人KURO(大学時代からの男友達)からメールがー。
「中目黒のam.pmにDS LITEがあるぞー。さてどうする?」

「え?なんでコンビ二にあるのよ?」って一瞬疑ったけど、
そんなこと聞いている場合じゃない…
すぐさまに返事しなきゃ!と
とっさに
「買う買うー!!!」
と即レスしちゃいました。(^v^;)

ハハハ・・・
お恥ずかしいことにこのゲーム機がほしくてこの1ヶ月むずむずしてたミッチですぅ。。。
これといって昔から別にゲーム好きでもないのに、
なぜか、このDS LITEには、虜になってしまった。(^v^;;)
形もスリムでスタイリッシュだし、通勤にもってこいのアイテムだわーと。

さっそく噂の?スーパーマリオブラザーズと、脳トレーニング、英語づけ
この3つのカードを購入。
20年ぶり?にスーパーマリオに夢中になっているミッチ。
相方も横で、ちらちらと、気になっている様子だけど、
これはミッチのお小遣いでゲットしたものだから、まだ貸してあげません〜。
(もうしばし、ミッチが飽きるまでの我慢です。。。)

ぃやぁ〜〜それにしても、大人も子どもも虜にしてしまうこのDS、恐るべし!!




-----
BODY
by joi_micchi | 2006-05-29 23:14 | home | Comments(0)
ピル(経口避妊薬)って抵抗ある?
同世代の友人の間で会話をしているときに、
「私ピル飲んでいるんだけどね・・・」
って何気なく話すと、いろんな反応が返ってきます。

「え?なんで?」と驚く人が、3割
「へぇ〜。。。いつから?私も始めようかな・・・」と興味津々な人2割
「そんなにエッチの回数多いの?」と、冗談半分に聞く人2割
「副作用大丈夫なの?」とピルについて疑心暗鬼な人3割

統計するとそんな感じだったでしょうか。。。
私の相方は、私がピルを始めるときから、あーだこーだ話し合い、悩み、一緒に調べものに汗流した仲なんで、
「ピルに関して、すごく誤解してた。副作用のことばかりマスコミとかで取り上げられてるのはなんでだろう?きちんと知るって誰に聞けばいいんだろ?正しい情報を掴むのってけっこう大変だね。」
という反応。
服用続けて2年経った今となっては私の様子を見ながら、可もなく不可もないコメントで。
「ミッチと相性あっているんだったら続けてみたら?過信は禁物。体に異変があった時だけでなくこまめにクリニックで相談しながら・・・」というようなことを言ってます。

私の場合は、避妊だけが第一目的ではなかったですが、
ピルを服用することで、避妊に対しての悩みや生理前のイライラが半減されたかのように感じます。
避妊って、本当に大切なことだし、神経質になってしまうものですよね。
望まない妊娠だけはどうしても避けたいですから。
そういうことに関して、このピルを機に相方と話し合えたことは、なかなかよかったかなと。
お互いのことをよく知るキッカケにもなったし、情報を多く知ることで一回り成長させてくれたかなって思います。

もっと日本の社会全体が、女性のことには慎重になって(決め付けないで)、女性の生の声をもっともっと聞いてもらいたいな、と感じる私。
もちろん、同時に、女性も避妊や自分のからだについて、積極的に自分の意見や考えていることを主張するべきだと私は思います。伝えなければ相手にはいつまでたってもわからないのですから。(私も主張していくぞー^^)
避妊も自分のからだのこと。相手任せにだけは絶対してはいけないです。自分があとで泣く羽目になってしまうのだから。。。

-----
BODY
by joi_micchi | 2006-05-26 11:01 | home | Comments(0)
土日限定主婦!?

土日は家事に張り切る私。
平日の夜が残業続きな私は、相方の帰宅の方が早いことが多い(相方の職場は車で30分のところにある)ので、
平日の食事の支度、風呂&掃除ほとんどの家事は彼任せ。

そのせいかな?
土日は、朝からキッチンに立ちたくなる。。。(笑;)
冷蔵庫の残飯処理メニューを考えて勤しむのが、楽しみな今日この頃です。

写真は、土曜日ブランチメニュー。
エリンギのバター痛め、ピーマンのお浸し、大葉とトマトのマリネ、もやしと葱の胡麻油炒め、納豆、黒米入りご飯、豆腐のみそ汁

-----
by joi_micchi | 2006-05-20 13:13 | 妻モード(事実婚、別姓も) | Comments(0)
5/18 『世界中のお母さんを笑顔にしよう〜!』母の日カフェイベント


今年の母の日、みんなはどんな風に過ごしたのでしょう・・・?

ミッチは、張り切って仕事してましたよー。

なんで??って?

ミッチの勤めるジョイセフの大きな活動の一つに、途上国の妊産婦の命を救う活動があります。
母の日といったら、去年の愛・地球博でも、母の日イベントを盛大に行ったところ。
今年も、何かしたい(しなければ・・・?)・・・・
そんな期待?とプレッシャーの中で、5月14日(日)母の日当日にイベントを行うことにしました。

イベントと言っても、今年はジョイセフらしからぬ?カフェでのイベント。

場所は有楽町の西武デパート8階にあるエキサイト・ウーマン・カフェ。
そう、ここはインターネットのポータルサイト、エキサイトが運営するブロードバンドカフェ。
赤のイスとシルバーのテーブルで、明るくスタイリッシュにデザインされていて、待ち合わせするカップルや、調べ物をする会社員でいつも賑わう所です。


カフェという場所で行うのももちろんだけど、
このようなアットホームなイベントを行うのはジョイセフにとって初の試み。
だから、ミッチはこの企画にある種「挑戦」的な思いで臨みました。
間仕切りのないオープンスペースのカフェで、くつろぎながらお話をしたい、母の日だからこそ途上国で命を落とすお母さんたちに思いを馳せてほしい……そんな願いを込めての企画でした。


あなたはどこで生まれましたか?

病院ですか?

助産院ですか?

それとも・・・?



限られたスペースなので、すぐに席は満席に・・・
たくさんの人に参加していただきました。

ゲストスピーカーは、ジャーナリストとして活躍する傍ら中学1年生の息子さんをもつ田島三斗美さん。
ジョイセフのスタッフで3人の娘をもつリサさんと、お母さん同士のトークショーを展開。

田島さんは
「日本の出産現場は、妊産婦である女性が病院にコントロールされすぎなんですよね。私の知り合いの病院では、医師の都合で木曜日と日曜日に陣痛促進剤を打たれ産ませるとか・・・。女性が自分のからだのことは、自分で決められる世の中には、まだ完全になっていないようですね。」
と話をし、それに比べ途上国は・・・??とリサさんに質問。

「病院もなく、助産師さんもいない村で子どもを産む女性がいます。お産は不浄のものだと言われ、明かりを通す窓もない暗い土間で、非衛生なガラスの破片や石でへその緒を切っているところもあるんですよ。」というリサさんの話に、会場がざわめきました。

妊娠中でも頭の上にバケツを乗せ、重い水運びの家事を強いられるアフリカのお母さんや、1年おきに子どもを産み続け20代で子ども5人のお母さんの写真を見て、ショックを隠せない参加者も多かったようです。

妊娠や出産が原因で亡くなる女性は、世界で52万人にものぼる。
私がこうしてブログを書いている間にも、「1分に1人」の割合でお母さんが亡くなっている・・・

本当にいつ何度聞いても、胸が苦しくなる話です。


この白いカーネーションは亡くなったお母さんへの追悼の気持ちを込めて飾りました。
-----
BODY
by joi_micchi | 2006-05-17 17:38 | home | Comments(0)
ミッチとピル(低容量経口避妊薬)。
私がピル(低容量経口避妊薬)を飲み始めたのは、ちょうど2年前。
私の場合、ピルの服用のきっかけは、避妊が目的じゃなくって、
30歳になった自分のからだとうまく付き合っていくため、でした。

月経前の肩こりや頭痛、月経痛が、28歳を過ぎたあたりから年々ひどくなって、
仕事にも支障を来たすほどになっていた時に、職場の先輩に相談したら、
「ピルを飲んでみたら?」と勧められたのです。

「ん?ピルって副作用とかは大丈夫なのかねぇ・・・??」
と、最初はかなり戸惑いましたが、それから、レディースクリニックに行って相談したり、
文献を調べたりして、ピルは単なる避妊薬ではない、副作用も日本の場合は低容量なので、女性週刊紙や巷で騒がれているようなものはなく、これはほとんどが偏見・誤解である、ということを知りました。
(女性側の避妊薬が流行らないのは、日本人ならではの気質にも原因がありそうですね。)

それでも、私もやはり、服用し始めのころは、やはり多少の緊張感がありました。
が、実際に、2年続けて服用してみて、
私の場合は、不都合のところはなく、とても満足しています。
月経痛も軽減されるだけでなく、月経前の肩こりやイライラもなくなったのには驚いています。
これから、おそらく、子どもがほしいと思えるときまで服用を続けたいと思っています。

毎月かかる費用は、私のクリニックは、1ヶ月1シート(21粒分)1680円。
3〜4ヶ月に一度クリニックで診察してもらい、まとめて3-4シートもらっています。
ピルは保険がきかないので、この値段もクリニックによってさまざまみたいです。

参考情報までに、これまでの経験や、文献で調べた情報をここに載せておきますね。
■ピルによる避妊効果以外のメリット■

1. 月経痛の軽減
ピルを飲んでいてもみかけ上の生理、消退出血はあります。しかし、出血量は少なく子宮収縮が抑えられるので痛みが軽減します。

2. 月経不順の改善
ピルにより生理の周期がきちんと28日で整います。

3. 月経前症候群の軽減
生理前にイライラする、落ち込むなどの症状を軽減できます。

4. 月経過多の軽減
ピルにより子宮内膜の増殖が抑えられ出血も軽減、貧血も改善されます。

5. 子宮内膜症のリスクの低下
ホルモン状態が安定し、子宮内膜の増殖が抑えられるからです。

6. 不妊症の予防
不妊の原因となる卵管炎、骨盤内腹膜炎が予防できるからとされています。また、ピルにより子宮頚管粘液の状態が変化して細菌やウィルスが子宮内に入りにくいといわれています。

7. 子宮体ガンと卵巣ガンの予防
ピルにより排卵が抑制されているので卵巣に傷ができにくかったり、ピルに含まれる黄体ホルモンが子宮内膜を保護するといわれています。

8. にきびの改善など
ピルに含まれる女性ホルモンがにきびの原因となる男性ホルモンのはたらきを抑えてにきびを改善します。

-----
BODY
by joi_micchi | 2006-05-09 11:27 | home | Comments(0)