ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
11/29 文京区にてエイズ紙芝居原画展開催!
文京区シビックセンターにて、エイズ紙芝居原画展が行われましたー。

エイズデーに向けての文京区保健予防課の起案で、ジョイセフがアフリカの村人と作って実際にエイズ予防活動に使われている「エイズ紙芝居」の原画展。

ミッチは、この日のために、
展示会の青図に始まり、人の動線を想定し、解説文を考えたり、展示パネルを作ったり、ほぼ終電の日々でしたー。
なので、思いも一入!

11/29の11:00−17:00の間、
230名近くの来館者にも恵まれ、また来館者ひとりひとりがじっくりと展示を見てくれたので、
やってよかったなーと実感。
アンケート結果が楽しみです。(^v^)

ちなみに、
展示の流れは下記のような展開で、動線を描いてみました。
-------------------------------------------------

文子ちゃんと京介くんと一緒に考えようHIV/エイズ!

1.文京区○○小学校に通う文子ちゃんと、京介くん姉弟は、公園に遊びに行きました。 
そこで、「紙芝居」をやっていたので、二人は聞いてみることにしました。 → 2人のポップ  


2.紙芝居はこんなお話でした。  →紙芝居原画22枚・あらすじの展示 
(紙芝居を聞いて、初めてエイズのことを知った二人は、とっても悲しい気持ちになりました。)


3.紙芝居を読んでくれたお姉さんが、アフリカのお話をしてくれました。
文子ちゃん: 「アフリカでは、たくさんの人がエイズで死んでいるんたって。」
京介くん: 「エイズになった人は、その家族もみんなが差別されているんだって。」
  →アフリカの現状 (グラフと写真パネル)  

4.「エイズってどんな病気なんだろう??」
     「日本ではどんな状況なんだろう??」 
文子ちゃんと京介くん2人は、本のことも気になってしかたなくなりました。

  →文京区保健予防課作成パネルの展示  
(ア)HIV/AIDSについて知ろう。
(イ)日本の現状
(ウ)エイズの予防と検査
(エ)エイズと共に生きる  ・・・日本での新聞記事(エイズ差別の)もパネルで紹介


「アフリカで起きていることが、日本でも起こっているなんて!!」 
              ↓
「エイズは世界中の共通の問題なんだー」
   ↓

まとめ 
文子ちゃん: 「このあいだ公園で見た紙芝居は、ジョイセフっていう日本の団体が作ったんだって。エイズの差別や偏見がなくなるように、アフリカの村人たちと一緒に。」

京介くん: 「へぇ〜! 日本でもこういう紙芝居があるといいのにねー。そして、アフリカじゃない国でも紙芝居つくればいいのにねー。僕たちも応援したいねー」
文子ちゃん:「そうだねー! あ、そうだ。セーブ・マザー・フロム・エイズ(エイズで悲しむお母さんを救おう)という応援活動があるみたいだよ。ホームページ見てみよう!」

最後に文京区アンケート と、 ジョイセフのSave mother from AIDSのパンフレット

文子ちゃん&京介くん:「今日聞いたこと、パパとママ、お友達や学校の先生にも話してみてね!!」




-----
BODY
by joi_micchi | 2006-11-30 19:47 | home | Comments(0)
SOS インドネシア(東京新聞に掲載されました!)


先週、インドネシアの被災地アチェ、ジョグジャガルタ、最貧困地ロンボク島の
現地視察に行った一行が無事帰ってきました。

その模様が、視察ツアーに参加してくれたプレス一つ、東京新聞の記者により書かれ
まず東京新聞と中日新聞に掲載されました。

東京新聞のホームページにも、載っていたので、記事は下記をご参照
SOSインドネシア ロンボク島ペモンコン村の場合(2006/11/26 朝刊)

SOSインドネシア バンダアチェ、クラテン県で(2006/11/27 朝刊)


2日間の朝刊での掲載で、ジョイセフの電話は立て続けに問い合わせが・・・

「インドネシアに募金をしたいのですが・・・」

「もっと詳しく支援活動を知りたいので資料をください。」

などなど。

忙しくなるけれど、とってもうれしいリクエストです。
やはりプレスの効果は大きいなぁ。。。と改めて感じます。

今後の記事も待ち遠しい限りです〜♪


-----
BODY
by joi_micchi | 2006-11-28 09:56 | home | Comments(0)
海上花火大会!

11月23日、熱海の海上花火大会に行ってきましたー。

ミッチの前職場R大学の教職員の大先輩方たちで、
今でもとってもお世話になっている&ミッチが尊敬しまくっている方たち6名と一緒に久々の宴会。
ミッチの結婚祝いを兼ねて・・・ということで、ありがたいお誘いです。
こうしてみんなが揃うのは、8年ぶり??なので、
ものすごくうれしくって、ワクワクしながら参加しました。

場所は、熱海ということで、ミッチの自宅のお隣駅。
他のメンバーは、みなさん、東京〜埼玉のご自宅から、はるばる旅行気分でいらしてました。

そのメンバーの一人、S先生の別宅である熱海のマンションに、
今日はお泊りで招待してもらいました。
そのマンションったら、すごいのなんのって。
崖淵に立つ最上階(14階)、角部屋なので、見晴らしは完璧!
窓の外は一面海、海、海!!!
天気は曇りでしたが、沖に浮かぶ初島がはっきりと見え、
豪華客船に乗った気分にもなるような絶景でしたー。

夕刻を過ぎると辺りは真っ暗になり、ちょっと不気味・・・?
地下の温泉に入って、懐かしい話で盛り上がり、お酒もおいしくってガンガンに進みましたー(^v^;;)

夜8時20分。
打ち上げ花火開始。
この場所のために花火を上げてくれているのではないか?と
錯覚に陥ってしまうくらい、
窓の向こうで、花火がバンバン上がりました。
もう、気分は絶頂で、興奮しまくり!!

夏の花火もいいけど、
空気の澄んだ秋冬の花火は、クリアに見えてすごく素敵でした!!(^0^)



-----
BODY
by joi_micchi | 2006-11-25 10:12 | home | Comments(0)
11/22  いい夫婦の日!!?
11/22
世間で騒がれる「いい夫婦の日」の日。
私の友人の中でも、この日にあえて入籍をしたというカップルが9組もいます。

じつは、
34年前のこの日に、ミッチの両親は結婚していまして・・・
(先駆け!!!?)
本人たちは、当事、まったくもってこの日がこういう意味があるなんて考えもみなかったようですが・・・

今年は、11/22が平日で、
妹も私も、仕事で忙しかったので、電話で「オメデトウ!」で済ませちゃいましたが、
毎年、何かしらお祝い会?をしてきました。

ほんと、この名にふさわしいくらい、うちの両親は仲良し。
いい意味でも悪い意味でも、いつでも、協定を結んでいるので、
子どもの私たちにとっては、「親は絶対」的な感じを常に持っていましたね。

ミッチが幼い頃から、
「結婚記念日」は、お祝いする日〜だと妙にインプットされてたし、
私がピアノで結婚行進曲を弾き、父と母を入場させて、妹が「始めの言葉」を述べたりして、
結婚記念日祝い会をよくやったなーと
思い出しました。(^v^;;)

結婚後34年経った今でも、中むつまじくやっている様子をみてると、
理想のカップルというか、
ある意味で尊敬できる姿だなーと今は思います。

34年後に、
ミッチも、仲の「いい夫婦!」でいられるように、
がんばりまっす!?(^v^;;)





-----
BODY
by joi_micchi | 2006-11-23 23:48 | home | Comments(0)
赤ちゃんポストってどう思う?
今月に入って日本では、新聞やテレビでも話題になった「赤ちゃんポスト」。

Yahoo!の投票結果を見ると・・・

賛成した人60%で多かったものの、反対票も40%にのぼるなど、意見がわかれてました。
コメントでは「赤ちゃんを救うためには何ができるのか」といった意見が多く集まるなど、「赤ちゃんを助けたい」という思いは同じようです。

それを見て・・・
ミッチは、すごく複雑になりました。
みんな、「赤ちゃん」「赤ちゃん」って書いてあること。

それを産む、お母さんは??

ミッチは子どもを産んだ経験がないからか、
また仲の良い友達が今ちょうど出産ブームのせいか
どうしても、産む側の女性の立場、出産するお母さんの側になって考えてしまう。。。

赤ちゃんポストを設置すると言った病院側のコメントの中で、すっごく気になったのは

「あくまでも緊急措置で、捨ててもらうのが目的ではない。新生児の産み捨てや、不幸な中絶を少しでも減らしたい」
と言っていたこと。


んじゃ、もし、私が望まない妊娠をしたら・・・??
(途上国や被災地にはレイプされて望まない妊娠をする少女たちがいっぱいいるなぁ。。。)

ふと考えてしまいました。

もし、そういう事態になったとしたら、妊娠自体を望んでないわけで、
産むという決断をできずに自分の意思で「中絶」という選択をするかもしれないし・・・

「不幸な中絶」を避けるために、赤ちゃんポストを作ることが第一ではなくて、
その前に防ぐことが先決では??

やっぱり大切なのは、しっかりと「避妊」をすることだと思うし、
そして、お金をかけるのであれば、
しっかりと正しい情報を私たちが得られるように、こっちに重きを置いてほしいなーと思いました。


赤ちゃんポストに関しては、賛成だー反対だーの一言では片付けられない難しい問題ですが、
不幸な中絶を減らすために、
また赤ちゃんが捨てられないために、
性教育や、情報サービスをもっともっと充実させてほしいなーと思います。

http://ping.blog360.jp/rpc



-----
BODY

-----
by joi_micchi | 2006-11-20 17:24 | home | Comments(6)
4回目でも、慣れない(やっぱり?!)婦人科検診ー
そういえば、今週、健康診断がありました。
一般の企業さんも、婦人科検診はオプションであるのかな?
企業に勤める友人に聞くと、「なんとなく、みんな受けてないから受けづらい・・・」とか、「追加費用が必要だし、そこまでして受けない・・・」という話をよく聞きます。

うちの職場は、女性の性や健康支援をうたって開発途上国支援活動をしている団体のせいか、
婦人科に対する意識は高く、「検診は(タダなんだから)絶対受けておいた方がいい」「受けるのが当たり前〜」みたいな感じはあって、
受けるのには抵抗がないのは良いところかなーと思います。

ミッチも、今回の健診も、子宮癌・乳がん検診は迷わず○を付けて受けることにしました。
今年で、婦人科検診4回目。

毎年毎年、この婦人科検診は進歩しているなーと感じるのは私だけ??
乳がんの検診は、触診ではなく、いきなりマンモグラフィになっているし・・・
去年は、胸を挟む器械の台が回転するようになり、
(一昨年までは、以前は水平の台に、自分で台に被さるように、片乳を乗せるようにして、上から器械にプレスされ、看護師に乳をぺっちゃんこに引き伸ばされるスタイルだったのが、
昨年から、台が回転するようになったので、立った姿勢のまま、乳の両サイドから片乳ずつ、むにゅってプレスされるようになりました)
今年は、その器械の前に、立ち位置の印(テープ)が付いていて、
「ここに右足を揃えるように立ってください・・・」と指示されました。

でもでも、痛みだけは、相も変わらず・・・
乳腺が押し潰される時の凄まじい痛みが、少しでも軽減されているのかな〜、なんていう期待をしてた私はバカでしたね。。。やっぱり、痛い、そして、緊張する!!

両端からベンチプレスのように押されて胸が抉り取られるような感じ。
姿勢が楽になった分、痛みに強烈に敏感になってしまうらしく、プレスされ、10キロの圧力で数秒押しつぶされっぱなしなのは、痛くて痛くて、本気で泣きそうになる。
「痛い〜!」
って叫ぶと、
「ハイ、痛いってとこで器械を止めまーす。撮影しますので息を止めて・・・」
と看護師に言われる。

ほんとうに苦痛のナニモノでもないです。
この痛みがなければピンクリボンとか言ってなくても
もっとこの検診普及するだろに。。。と思うのは、これも私だけなのかな??

つづいて、子宮がん検診。
もちろん、下半身全部脱いで、紙スカートを履いてM字開脚のできる診察台に座りました。
やっぱり、何度座っても、この椅子に座るときは、足がガタガタ震えます。
今回の先生は、若い男性の先生でした。
(昨年までは、女の先生だったんだけどな・・・)
管を入れられ、子宮〜膣の細胞をぐぐぐ〜〜っと削られるに始まり、長い検視鏡を突っ込まれしばらく置かれたときのあの極度な緊張と不安は、経験者なら誰もが感じるはずです。。。
今年は、それプラス、膣の中に手を入れての触診もあったので、極度の緊張感で心臓がバクバクいってました。

こういうときは、ほとんどの女性が
「女であることを悔やむ瞬間」だと思います。

なんだか、こうやってブログ書いてて思い出すだけでも、どっと疲れちゃった・・・(^^;;

「女はつらいよ〜〜」って
この気持ち、わかります? わかってほしいよ〜男性諸君!
-----
BODY

-----
by joi_micchi | 2006-11-17 19:11 | home | Comments(2)
ウーマン・エキサイトについに登場です!!
ついにできましたー!
エキサイトのコンテンツに、ジョイセフのページ初出場です!
見てください〜♪

【本ページ】
http://www.woman.excite.co.jp/joicfp/index2.html

【Womanダイエット&ヘルスTOP 誘導】
http://woman.excite.co.jp/diet_health/
【Woman 婦人科検索内 誘導】
http://clinic.woman.excite.co.jp/


エキサイトのHさんが、尽力してくれて、
ジョイセフのために、こんなに強力なサポートを!!

本当に感謝・感激です!!


今後も、こういった連携が続くよう、素材提供ミッチはがんばります!!

私たちと同じ女性、でもまったく別の境遇の中にいる女性がたくさんいる・・・
この現状、たくさんの人に知ってほしいから。。。


-----
BODY

-----
by joi_micchi | 2006-11-16 17:19 | home | Comments(4)
12/1エイズデーイベントが、エキサイトのプレゼント企画に!


12/1 世界エイズデーに行う カフェイベントの参加者募集がスタートしました。
50名様(25組)限定なので、皆さんふるってご応募ください!


12/1 SAVE MOTHER from AIDS 1周年記念トークイベント
「エイズで悲しむお母さんを0人に!」
 〜アフリカのエイズウイルスの母から子への感染〜

日時: 12月1日(金) 15:00-16:30
会場: お台場 Positive Deli
トーク(対談): 大野由美子さん(ミュージシャン・バッファロードーター)× 角井信弘(ジョイセフ)
協力: 株式会社エキサイトクラブキング株式会社
参加費無料:ケーキセット付き (50名様限定)  
参加申し込み・詳細は、エキサイトのページにて。

----------------------------------------------------------
【この企画の期待どころ】
※5/8に行われた母の日イベントをきっかけにエキサイトからの協力を得ることができました。
エキサイトのBBカフェである会場(お台場のカフェ)を借りられ、またエキサイトのプレゼント企画にて、この企画が盛り込まれることになりました。
さらに、エキサイトのコンテンツとしてジョイセフ専用WEBページも設けてもらうことができ、参加者募集もすべてエキサイトでやってもらえることになりました。
ケーキセットもエキサイトより提供してもらえます。

※クラブキングの協力で、このイベントが収録され、PodCastで公開配信されることが決定しました。
フリーペーパーdictionaryにも掲載され、各書店で配布されます。

※今回対談を依頼する大野由美子さんは、3つのしつもんにも登場しているママさんで
ビースティ・ボーイズからも寵愛をうけているバッファロードーターのボーカル&ギターです。
これまで海外で主にツアー活動を行っていました。



今回のイベントを機に今後も、連携の継続・発展(!?)に期待したいと思います!


ジョイセフ初の試みばかりなので、今からワクワクドキドキ...

ミッチはトークイベントの進行役ということで、今日から準備に全力を注ぎますっ。(^0^)

-----
BODY

-----
by joi_micchi | 2006-11-14 22:00 | home | Comments(2)
予定日より一ヶ月も早く出産!!
先日我が家に夫妻で遊びに来ていた親友Kが今朝、破水したという連絡がKの夫からありました。(写真は11月4日撮影)

もうびっくり!!
仕事が手につかなくなっちゃった・・・
予定日は、12月15日だと聞いていたので、一ヶ月以上も早い・・・

Kは、ミッチの高校からの友人で、同郷人。
出産は静岡の産婦人科で行えるように予約しており、来週から、出産の準備かねて静岡の実家に帰省する予定だったわけです。

妊娠後もつわりもなく、母子共に健康で9ヶ月目を迎えてたこのごろ。。。
夫妻2人きりの生活も残り限られているからと、Kが産休(有休消化も合わせて)を取ってからは、よく2人で出かけていたようです。

そんな矢先の出来事だったんで、私もびっくり仰天!
まさかの事態に、本人も、夫さんもとても動揺している様子でした。

この連絡を受けてから、約6時間後・・・
破水して、羊水がほとんど体外に出てしまったこともあり、
赤ちゃんの安全を考えて、帝王切開で出産することになったよう。

夜7時半ころ、私の携帯が再度鳴ったときには、
無事出産の報告でした。

待望の女の子!
2300gという小さな赤ちゃんだけども、母子共に、元気いっぱいだと聞いてホッと一安心。

よかった、よかったーー!!!!(^0^)

おつかれさ〜〜ん。Kママ!

近々病院へ行ってみたいと思います!








-----
BODY
by joi_micchi | 2006-11-13 21:44 | home | Comments(0)
娘の親は遠慮がない…!?


ミッチの実家の両親は、何かと用事を作っては我が家にやってきます。

ミッチが居ようが居なかろうが、相方にも愛想よく振舞って近寄ってくるわけです。

車で30分の距離は、スープがギリギリ冷めない距離といいましょうか。。。f^_^;

今日は、「あんたたち、夕飯食べた?」と電話がかかってきたと思ったら、
「自然薯」を持って登場。
毎年冬場恒例、自然薯(長芋)の時期が来ましたーって感じですね。


父は自称、「長芋堀りの名人」と言うほど、この時期になると、週に1-2度伊豆の山々を巡り、
りっぱな自然薯をで掘ってきます。

調子のよいときは、長さ1M以上ある時もあり、そんな時はいつも得意気に自慢してきます(^^;)。
今日は、長さは80CMレベルではあるものの、
数多く掘り当てたということで、我が家にも5本持って来ました。
(そんなにあって誰が食べるんじゃー!!?)

写真は、我が家のキッチンで、長芋も母が短冊切りにし、その横で父が擦った長芋を練り上げているところです。

さすが取れたてほやほやだけあって、土の香がほのかに薫ります。(地元自慢!!?)
粘りも、お餅並です。

通常は、だし汁を入れて薄めてとろろ汁にするそうですが、
ミッチの実家では、「薄めない」ことが基本で、
摩り下ろしたドロドロネバネバを、捏ねて、そのまま醤油で味付けして賞味する・・・
それにとっても父がこだわっているのです。

同郷でない友達に話すと、
「なんて贅沢なの!!自然薯って高いのよー!」
ってよく言われますが・・・

ま、これも、とりあえずは故郷自慢です。

(・・・ともあれ、よくもまぁ娘親は来るものだ・・・
まるで、別宅のように頻繁に来るので、さすがにミッチも相方のぶっちゃけ本音を聞いてみたいところですぅ。。。)

-----
BODY
by joi_micchi | 2006-11-09 23:26 | home | Comments(0)