ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
私、第二子妊娠しました!
39歳の私、
第二子を妊娠しました。

もちろん、
待望の!
でござんす〜(*⌒∇⌒*)テヘ♪


ただいま12週に入ったとこです。


つわりは無し。
唯一朝の起床時のみ。

「わぁぁ、また二日酔いやっちゃった〜〜Σ( ̄ε ̄;|||・・・」

と目覚めてトイレに行き、

「あれ?昨日、飲んでないよな??」

と自分でボケ&ツッコミ入れて、
朝が始まるΣ川 ̄▽ ̄;川

そんな毎朝をここ2週間くらい続けています。。。(笑)
一口ものを胃の中に入れると治まるのですがね。。。

それ以外は、
妊婦であることを忘れるくらい?
相変わらずな日々を過ごしております。



前回、2年半前に稽留流産を経験しているので、
じつは公表をずーーーっと躊躇しておりました。
今週やっとジョイセフの内部にも報告することができました。


今日は、初めて職場公認の健診休暇をいただきまして、
朝一から、かまたクリニックで健診と血液検査を受けてきました。


「途上国の妊婦さんに日本の妊婦健診の様子見せたいから、写真撮らせてもらっていい?」

と言ったら、快諾してくれた先生。

c0223034_23112730.jpg

マイドクターであります 
鎌田光一先生
c0223034_23122487.jpg


「こっちの角度から撮った方がいいよ〜」

照れながら看護師さんにいちいち細かい世話を焼く先生(笑)


無事、6cmに成長しておりました〜。
血圧は相変わらず低く、
尿からは、糖もたんぱくも出ておらず、
ホッと一安心です。

c0223034_053227.jpg



かまたクリニックは、私が三島に住んでからのかかりつけ医。
もう10年近くのおつきあいです。
最初の数年は、低用量ピルの処方をしてもらっていました。
そして、ムスメの妊娠の時も、流産のときも、ここでずっとお世話になり、
定期的に子宮頸がん、子宮がん検診など婦人科系の健診はもちろんここで受けています。


かまたクリニックのことは、ジョイセフの姉団体で同じビル(保健会館新館)の下にあるJFPA(一般社団法人 日本家族計画協会)のクリニック所長北村先生(産婦人科医)から紹介してもらった経緯もあり、いつ行っても話題は、北村先生。。。σ(^_^;)

c0223034_2346253.jpg

今回も、
「あ、夏の写真、北村先生に渡しといてくれる〜?」
と、預かりものを持ち帰ってきました〜(汗)



そのまま富士宮市へ。

母力向上委員会のランチ宴(これはまた別記事にて)のあと、
マイ助産師に会いに
助産院エス・アール・ハウスへ。
c0223034_0125537.jpg


c0223034_033669.jpg

前にもブログで書きましたが、
Sexual Reproductive Health Care
で、エス・アール・ハウスなのだ。

この助産院の名前は、これまた、先にも出てきたジョイセフの姉団体JFPAの元会長で、JFPAクリニックの生みの親であります、故松本清一先生が付けられたお名前。

忘れもしません。
6年前、娘を妊娠して、産院を探していた時に、
この名前をネットで検索して、
実家の近くに、
こんな名前の(まさに私が公私ともに追い続けているリプロダクティブ・ヘルスが名前に入った)助産院があるなんて、ぜひ覗いてみたい!!!
って、駆け込んだのが最初でした。

そして初めて出会った番内さん。

なんと、JFPAの思春期クリニックに1994年頃まで助産師として勤めていたと!!!

たまたまネットで検索して見つけただけだったのに、
怖いくらいつながってしまって、身体中
トリハダが立ちまくったのを覚えています。

これも導かれたご縁なんだな〜と、
今となっては納得していますが。。。

そこから、心の拠り所にもなっているマイ助産師であり、
第二の母 番内和枝さん
c0223034_022785.jpg

公益社団法人静岡県看護協会発行の今月号の広報紙にも、
大きく紹介されていました。
 >> 記事はこちらから

c0223034_026227.jpg



私は、こうして、高齢妊婦であっても
安心できる産婦人科医師と助産師に見守られて
日本で妊娠〜出産〜産褥期を過ごせるわけで。。。

改めて感謝の気持ちでいっぱい。
日本の手厚い母子保健のシステム、そして環境を誇りに思います。


旧暦のお正月(新月)に、
さくっと報告するつもりが長くなっちゃった(^^;)

以上
第二子妊娠報告でした〜〜。


追伸:ヘルシー妊婦を目指して、
マタニティジョギングは週一で変わらず続けますよ〜〜〜んヾ(@^▽^@)ノ
(もちろんマイドクターと相談しながらですけど♡)


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-01-31 22:58 | 妊婦モード(妊娠記録) | Comments(6)
UBUGOE × JOICFPコラボ授業、キックオフは長野にて。
一生に一度しかない「産声」を音楽にし、オーケストラとコラボレーションするという前代未聞のプロジェクトが九州福岡市で昨年11月に、
九州朝日放送(KBC)60周年記念の企画として始まりました。
そしてその記録映像UBUGOE(25分)が、福岡市から日本全国へ、世界へと動き出しました〜。

>> “産声”でつくる、この世で一番未来な音楽
  ――福岡・UBUGOEプロジェクトが生まれるまで



長野県の辰野町にある
信州豊南短期大学に行ってきました。
c0223034_23222916.jpg

c0223034_23222030.jpg


c0223034_23223744.jpg

ここに入学する多くが保育士を目指す
幼児教育学科の1年生に向けて、
初めての、
UBUGOE × JOICFP コラボ講義
をしてまいりました〜(^0^)

まず、ジョイセフの私からは
c0223034_2322387.jpg

世界のリプロダクティブ・ヘルス/ライツ
 〜途上国の女性たちは今〜

というタイトルで講演させていただき、

その後、
c0223034_2322159.jpg

このUBUGOEをこの世に生み出した 
クリエイティブディレクター 今永政雄さん(電通九州)の解説付きでUBUGOE上映。

   ※なお、このUBUGOE映像の収益にて、
   2014年度には、アフリカ ザンビアの妊産婦支援と
   日本での、コラボ授業 実施 が決定しました。



UBUGOE映像の途中で、泣き出す女子・男子学生もちらほら。

終了後にいただいたアンケートは、感極まるものがありました。
学生たち一人ひとりが真剣に聴いてくれ、
かつジョイセフの活動の意義、UBUGOE映像の魅力が伝わったんだな〜と
実感できるものでした。
(一部紹介します♪)
c0223034_0163276.jpg

c0223034_0163384.jpg

c0223034_0163877.jpg



今永さんと西川さんと記念撮影♡
c0223034_23224085.jpg

この機会を作ってくれたのは、西川晶子さん(豊南短期大学 専任講師)。今永さんと20年前に同じ広告の仕事仲間(先輩・後輩)だったとか!こんなところでまたつながるとは・・・


短大での授業が終わった後、
私は西川さんと伊那市にあるワイルドツリーへ。
ミツロウキャンドルで有名なここは、今、
ナチュラルライフを求めるママや女性たちに親しまれるカフェ&スペースになっています。
c0223034_23333228.jpg

c0223034_23333929.jpg


こちらでも、私たちを待っててくれた
7組の母子&5名の女性たちに
UBUGOE×JOICFPコラボワークショップをさせていただきました♪
c0223034_2339356.jpg


終了後に感想を聞くと、
ママたちはご自分の出産経験と語ってくださる方が多く、
映像が言葉にならないほど感動だった、と皆口を揃えておっしゃるのが印象的でした。

21歳の女性は、
「今まで受けてきたどんな学校の性教育や道徳の授業よりも、この映像は力(インパクト)があるから、いろんなところでいろんな人に見てほしいです!」

と感想を。

中でも、私が印象に残ったのは、
今は、産後で仕事を休んでいるという助産師ママさんが

「途上国での出産状況を聴いて、自分の今後の仕事について考えさせました。思いがけない機会をいただきありがとうございました」

と感想を述べてくださったこと。

c0223034_2347581.jpg


今後、
UBUGOEスクールと称して、
UBUGOE × JOICFP コラボ講義を展開していく上で、
手応えといいますか、
これは絶対やるべきだ!!!
と確信に変わった一日となりました。


今回多大なるご協力をいただきました
豊南短期大学の西川さん、ワイルドツリーの裕子さん、お昼ごはんを作ってくださった敏江さん。
授業を受講してくださった学生、ワークショップに参加してくださった皆さん、
そして、ご多用の所九州からはるばるやってきてくださった今永さん、

みんなみんな、ありがとうございました!!!!

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-01-28 23:53 | 仕事モード | Comments(0)
リプロな1週間。リプロ熱上がったままな私の人生
先日ブログで書いたように、
火曜はキッザニアへ行き、
帰宅してから三島市役所の会議室へ。
(休みなのに、仕事してる〜〜!???...笑)

三島市の職員の皆さんに向けて

「NGOで働くということ
女性が働き続けるということ」


というタイトルで、
90分の講話をさせていただきました。
でも、結局しゃべったのは100分(汗)!!

 ↑どんだけしゃべれば気が済むの!!??
 ヾ(~∇~;) コレコレ



  なぜジョイセフ?
  なぜママになっても新幹線通勤?


その理由とやらを
自分の生い立ちから〜これまで何して来て今に至るのか
経緯を話しながら
延々熱く語ってしまいました。
c0223034_1675121.jpg



静岡県富士市生まれ・育ち 
長女 旧家
女という「性」
ジェンダー、男女共同参画
カンボジアの友人の死
リプロダクティブ・ヘルス/ライツ
三島で暮らす、
事実婚、妊娠、出産・・・
Think Globally, Act Locally…
HiPsの創設



私の人生に欠かせないコアなキーワードを上げて、
熱〜く語らせていただきました(^^;)
この会は、三島市のスマートウェルネスを推進している健康づくり課 
小嶋あつお 健幸政策室長
(この方も名前に負けてない熱いお方!!!(゚∇^*) ) 
主宰で企画・実施されている月一度の勉強会。
毎月、市の職員の有志25〜30名が集まるとのこと。
このたびも、私の拙いプレゼントークを
お仕事でお疲れのなかにも関わらず、じっくり真剣聴いてくださいました〜。
最後に受けた質疑の内容が濃厚で、私にとっても刺激的だったこと!
>>小嶋さん、市職員のみなさん、
貴重な機会をいただきありがとうございました(^^)



そして、水曜の夜は、
第3回 お産Bar @ モーハウス
c0223034_15451458.jpg


こちらの詳細はジョイセフブログのレポートで♪
>> お産バーへ行ってきました

日本の女の子の方がじつはヤバイ!!?
世界を知り、もっと自分自身(リプロダクティブ・ヘルス/ライツ)を見つめ直してほしい〜〜と、ここでも雑多な思いを語らせていただきました。。
c0223034_15445043.jpg



そして木曜日は、横浜Umiのいえへ。

バースセラピスト(助産師)のやまがたてるえさんと語る「生と性のお話会」
c0223034_1528895.jpg

左から、てるさん、この会に同席したせのおさん、しずおかさん

てるさんには、パーソナルでどうしても顔を見て報告したいことがあった私は、
この日すべての予定を全て調整して横浜へ向かいました〜(笑)
c0223034_15232840.jpg


Umiのいえ、すっごく気になっていたのですが、
なかなか行く機会を作ることができず、じつは私、お初。
ビルの3階にあるそこは、
大きな窓から太陽光が差す琉球畳の間が広がり
無機質なビルの外観からは想像ができない温かくアットホームなお部屋が広がっていました。
はじめてなのになぜか懐かしい感じのする空間。


そこで久しぶりに見つけてしまったこの本。

私が20年前に、大学の図書館で出会った本

「私らしさで産む、産まない」 青木やよひ・丸山百合子著/農文協
c0223034_15191622.jpg

1991年3月に出版された本。この本が出版されて23年も経つのに、なんら日本は変わっていない(いまだに、リプロダクティブ・ヘルスという言葉は浸透せず・・・)状況にちょっとびっくりしてしまった。。。



懐かしさのあまり、超ハイスピードでぺらぺらとページをめくりまくってしまった〜
この本で、はじめて、
リプロダクティブ・ヘルス/ライツという言葉と概念がこの世の中に存在することを知った私。
c0223034_1531599.jpg


これだ!!!
私が求めてたものは!!!!


あのときの、突き抜けた感覚を今でも覚えている。

私は、
性のことをやりたい!!



「男の子を産むことを」を祖父に求められ続け、旧家の嫁として肩身の狭い思いをしていた母と、
「(家が絶えないように)婿養子を取れ!」と物心付いた頃から一族(笑?)に期待されていた私。

男だからとか、女だからとか、
女だけに課せられる産むとか、産まない、産めないとか、
月経血が不浄とか、穢れ(けがれ)
とか、
なんとなく納得いかなくてもやもやしていたものが、
それがなんだったのかクリアになり、
「やりたいこと」求めていきたいこととしての確信につながった。



おそらく、私を昔から知る友達は、
今の私を見ても、

「あの頃から全くぶれてないね〜〜!」

と、きっと言うんじゃないかな?


ってくらい、
私の人生のキーワードと言ったら、やっぱり
「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」に尽きる。


女性の性。
生涯にわたって健康に生き生きと生きること。 

このために公私混同で走っている私。


※リプロダクティブ・ヘルスは、人々が安全で安心な性生活を営むことができ、生殖能力を持ち、子供を産むか産まないか,産むとすればいつ産むか、何人産むか、出産間隔などを自己決定できること。
それを経済的にも無理なく実行できるということが、本来の家族計画で、まさにジョイセフが46年間、途上国で推進してきたこと。リプロダクティブ・ヘルスには、そのために避妊などの必要な知識、情報の提供も含まれています。
生殖(リプロダクション)である妊娠は、男性と女性双方に責任のあることですが、妊娠するのは女性であり、出産・授乳も女性特有。よって、女性特有の健康上の問題に直面します。
女性は、思春期に胸が膨らみだし、初経がはじまり閉経まで毎月の月経があり、それに伴うトラブルも抱えます。子宮内膜症、子宮筋腫、子宮がんの発生、乳がんの問題などがおこります。
リプロダクティブ・ヘルスは、性の問題、思春期の問題、妊娠、出産、中絶、避妊、不妊、性感染症、更年期障害など、女性の生涯にわたる健康の問題のことで、
女性の基本的な問題であり人権です。




リプロを求めてやまない私。
まずは、この私自分。
そして私のすべての友達に。
そして日本国内外問わず、
世界中のすべての女性がリプロダクティブ・ヘルスを正しく理解し、そして享受できる世界をめざして、これからも走りたいと思います!




さいごにおまけ。

これな〜んだ!!??

c0223034_15302290.jpg

女性用ラブグッズ、つまりオナニーアイテムのローター「iroha」
Umiのいえで見せてもらいました〜〜(^^)
ひなまつりの菱餅の色で3色展開されています。
c0223034_15375651.jpg

肌触り、する〜〜っとしてて、なめらからで、
ぷにっとしててやわらかい♡

見た目も、なんだかお餅みたいで食べたくなる(笑)
超かわいいっしょ???(^c^)
気になった方は、こちらのサイトへ
>>女性用テンガ iroha 


女性の性に生まれたみなさん、
もっともっと自分のカラダを知って、守って、
ますます健康に、楽しく生きましょ〜〜〜っ!!!(^0^)


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-01-24 23:24 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(0)
娘、初キッザニアにて、「給料」を知るの巻
ついに我が家もキッザニアデビュー。

キッザニアの噂は、私の周りでは、
良 : 悪 = 7 : 3 な感じで。
いろんな感想をさまざまな体験者から聴いてきたものの、
自分が行ってみないことには何とも言えんだろ〜ということで、
正直私もドキドキしながら行ってきました〜。


我が娘5歳9カ月
皆さんご存知の通り、何につけ好奇心旺盛で、やる気満々&全力投球
今回もキッザニアにかける期待度が半端なく高く、
予約した1カ月前から一人で妄想の世界に入ってました(笑)


受付でジョブカードもらうと、

「このカードの表の空いているとこ、ぜ〜〜〜んぶ(仕事)するんでしょ?」


勝負スイッチが入って気合い十分なムスメ。


この表の!!?
8つも空欄あるんですけど・・・(汗)


娘の鼻の穴から、荒い息がフガフガ出ているのが見えそうでした(笑)


混雑を避けるため、平日火曜日に有給を取った私。
第一部を予約。
ちょっと遅いかな〜とも思いましたが、半信半疑で朝8時半前に会場に着くように出かけたところ、並びもせずにスムーズにINできて、とってもラッキーでした。

ムスメがいの一番に選んだ仕事は、

なんと、

ファッションモデル!!!
c0223034_2324959.jpg




朝一でいきなり長蛇の列ができているピザ屋、ハンバーガーショップ、ベーカリー、ソフトクリーム屋に見向きもせず、直行しました。

ファッションモデル がら空き(^^;)
モデル入門希望者、娘を入れてたったの女の子4人でした。
9時半からのファッションショー本番(ランウェイで歩く)に合わせて、練習をするということで、親の私たちは入り口で退散。


ま、ここは子どもの国なので、付き添いの親は、各仕事の場所まで連れていき、仕事が終わるまで、どこかで時間をつぶすか、撮影可能な仕事の場合は我が子の撮影に徹するという2択しかありません(^c^;)

ディズニーと違って、親も一緒に楽しめる〜っていう場所ではないんですよね〜

わかってはいましたが、夫と2人、中途半端な10〜20分という待ち時間を、
「どうすることもできないね〜。なんか退屈よねん」ってぶつぶつ言いながら館内にあるデリ・カフェでお茶してました。



ファッションモデルになりきってランウェイを歩きポーズを決めたムスメ。

c0223034_02151.jpg

c0223034_015866.jpg

c0223034_02289.jpg



続いて、集英社で漫画家になりワンピースの1ページを模写し、


c0223034_223442100.jpg



資生堂ビューティーサロンで、まずはお客さんとなってネイルサロンを体験し、そのあとネイリストになったムスメ。

c0223034_05828.jpg

c0223034_052178.jpg





J-WAVEのラジオ局でDJになり、
c0223034_2372869.jpg

c0223034_2373013.jpg

c0223034_2373465.jpg






その後花屋でフラワーアレンジメントを体験し、
c0223034_23592681.jpg






三越にて、デパートの店員で、商品陳列、商品(オススメ)紹介、レジ打ち、ラッピングを体験。
c0223034_23591117.jpg

c0223034_23592081.jpg




稼いだ給料(キッゾ)は、すべて三井住友銀行で口座を作り預けてきました〜。


90もある職業の中から、娘の選んだジョブの内容たち、
全てじつは私たちの想定外で、びっくり!!
よく言えば、
ゲストを楽しませる、喜ばせる職業
に一貫しているな〜と思う反面、
基本的に
ここでもナルシストであることは証明されたのかしら!?(笑)

それはそれで、見ているだけで面白かったです♡





あ、そうそう!
そういえば、

キッザニア前日、家族会議しながら、
ジョブの回り方シミュレーションをしていた際に、


「お給料ってなに?」

と初っぱな質問してきた娘。

え??!!
w( ̄△ ̄;)w
(そんなことも知らないの??)
一瞬唖然とした私。

そうなんです。
この日、初めて
給料(サラリー)という言葉を知った娘。

娘が知らなかったことがあまりに意外過ぎて、
私も夫も耳を疑いましたが、
確かに、これまで、
何のために働くか?を説明する時に、

それは、生計を立てるためだとか
お金を稼ぐ(給料をもらう)ため

とは、
説明したことがなかったかも!!?!?!
w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w
と、今更ながら気づかされました(汗)


ジョイセフという仕事を説明したり、
娘の将来の姿を期待して説明していたあまりに、
無意識のうちに、
人のためになること、
社会に、世に貢献することをせよ、

と強調し過ぎていたのだな〜〜とプチ反省。

給料という肝心なこと説明するの、すっかり抜けてたんだな〜と(汗)



「母も父も、お給料もらっているの!!?ヾ(・ω・o) 」


と、
娘に真顔で聞かれた日には、



ひえ〜〜〜〜〜〜っ!!!!
・・・(゚_゚i)タラー・・・


って感じでした。



「ご飯食べられるもね、この服を来ているのもね、キッザニアに来れたのも、保育園に行けるのも、習い事できるも、お金払うでしょ?このお金は、母と父が働いてね、会社から給料をもらっているから。給料は働くともらえるお金なんだよ」



と、私が今更感いっぱいで説明すると、


「ふ〜〜ん、そうなんだ〜〜。いつもらっているの?母の給料見たことないもん!!」




おおお、たしかに見たことないね。。。∑o(*'o'*)o 

納得。



私の幼い頃は、まさに娘と同じような5歳の頃でも、給料の存在を知っていました。
でも、それは、
月に1度の給料日に、父親が給与が入った紙の封筒を、
家に持って帰ってきたからなんだな〜と。
給料袋をまず神棚に一旦上げて、
家族みんなで手を合わせて
「お父さんありがとう。今月も私たちのためにおつかれさまでした」
と感謝を述べてから、
母親が封を開けて、テーブルの上で食費やら光熱費やらと仕分けていた記憶がある。

私が物心付いた時には、把握できていたことが、
娘には、得体の知れない初めて聴く言葉なんだな〜と。
想像すらできずちんぷんかんぷんなんだなーと(^^;)
娘の目に見えないお金、
口座に自動振り込みされている私たちの給料。
その実態が、キッザニアのキッゾと一致できないんだな〜、
と、娘の言っていることにすごく納得しました。


キッザニアの各ジョブの報酬(給料)は
まさにゲンナマ キッゾですから!!


こんなところで、
意外な発見をしてしまいました〜〜〜(笑)





初キッザニアにて、
娘は超満喫した模様。
9時からスタートして、14時には力尽き、早々退散してきました〜〜。



「お仕事って楽しい!!ディズニーランドよりキッザニアの方が好き!!また行きたい!父と母はいいな〜!明日も明後日もお仕事できててっ!!ずるい〜〜〜」


とまで言い出しました\(;゚∇゚)/




c0223034_012814.jpg

結局買っちゃったよ〜〜〜(汗)バカ親な私。。。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-01-21 22:29 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(0)
娘の「母の嘘つきっ」って言葉がショックで、思わず・・・
私のFacebookやブログを読んでくれている皆が


「きななちゃんホントしっかりしてるね〜っ!」

「もうすっかり手がかからなくなって楽でしょ〜?」

「まだ小学校じゃないんだ?日本も飛び級があったらいいのにね〜」



あまりにも娘のことをアゲアゲ&褒め褒めしてくれるので、
そんなこたぁないっまだまだ5歳児だよ〜という
暴露話をここで1つ(笑)



先日のことになりますが...
娘号泣事件


「母の嘘つきっ!!
 18時に帰ってくるって言ったのに!!
 (中略)
 こんなの家族じゃない〜〜!!」

c0223034_1819225.jpg

      ↑この写真は、夫が写メールしてくれたもの


どっからみても
号泣!!
(゚〇゚;)



さんざんワァーワァー泣きながら、
の言葉を夫に叫んでいたらしい。。。



それにしたって、

嘘つきって言われるのって、
本当に悲しい。
(ノ_-;)ハア…
どーーーーーーーんとへこむ。。。。



その夜帰宅すると、娘はもちろん爆睡中。


翌朝起きてすぐに、
私の誠心誠意で 
「約束守れなくてごめんなさい」と娘に謝り尽くし、
なぜ早く帰れなくなったのか、
残業になった事由を説明し、
娘に安堵の笑顔が戻るまで、
娘の疑問に応え続けました。



「いいな〜。みんなの家は夜にお母さんがいて。
 みんなの家は、お母さんの方が(お父さんよりお仕事帰ってくるの)早いんだよ。
 なんで、母のお仕事は東京なの?
 父みたく近くで働けばいいのに。。。」



ぼそっとつぶやく娘
ε= (´∞` ) ハァー




母はどうしてもジョイセフでお仕事したいの。
ジョイセフは東京にしかないんだよ。
そりゃ、母もきななに会いたいし、早く家に帰りたいさ〜。
でも、母はね、
世界で一番きななのことが大好きだから。
きななにもね、もっともっと母のこと大好きになってもらいたい!
だから母は、今、ジョイセフのお仕事すっごくがんばってるんだよ〜。
いつも母、きななに話してるでしょ?
アフリカのお母さんがね、死んじゃわないように、
母はね、アフリカのお母さんの話を、たくさんの人にお知らせしてるの。
日本から応援してあげると、アフリカのお母さんも赤ちゃんも助かるんだよって。
そうすると、みんながね、いっぱいいっぱい応援してくれる。
母がね、おしえるの止めちゃうと、応援してもらえなくなっちゃう。
母はね、アフリカのお母さんと赤ちゃんを1人でもたくさん助けたいんだよ。
きななもピンキーリングして助けたいって、こないだもお手伝いしてくれたでしょ?
母はあの時、すっごくうれしかった〜!!!
だから、母ももっとがんばってお知らせしなきゃっ!止めちゃダメだよね。
母が世界で一番大好きな きななには、母のこと一番に応援してほしい。
父も母のこと応援してくれているから、
うちの家は父が早く帰ってきてくれて、
きななのお迎えに行って、ご飯作ってくれるんだよ〜


と、
熱〜〜〜く朝から娘に懇願してしまった私。


すると・・・


「ああ、そうか!!☆ヽ(▽⌒) 
 きななの母は、死なないもんね!!
 元気だしさ、たぶんさ、100歳まで生きるもんね!!!
 お仕事いっぱいがんばって!!
 今日も遅くまでお仕事してきなよ!!
 100人とかさ、いーーーっぱいアフリカのお母さんを助けるんだよ!」




。。。。

私、不死身!??w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!
100歳まで生きる!!??

そして、
「助けるんだよ!」って命令口調!!???
∑(-x-;)ナ、ナニッ?!




ちょっと熱く語り過ぎたかな。。。。(汗)





にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-01-17 18:10 | ママモード | Comments(2)
娘、ちいさなお母さん続行中ー。
妹に第二子が12月20日に誕生し、
ミッチの実家は年末からずーーーーっと大賑わい。。。

居間は、足の踏み場が無いくらい、
わんぱく長男(もうすぐ5歳になります)一芯のプラレールとトミカの車たちで
ごった返し!!!(-。-;)

この状態、
妹が実家で産褥期を過ごしている間は、まだまだしばらく続きそう。。。



こんなごったごった状態の実家では、親も大変そうだし、
しばらく行くのを遠慮したいと思う私ですが、、、、(汗)


週末が近づくと、

「元理(げんり)に会いにいこ〜〜♡」

としきりに言い出す我が娘。(-"-;A ...


行くと
c0223034_23144561.jpg


この通り↑
元理にずーーーっとべったり


お風呂に入れるといえば手伝うし、
頼んでないのに、オムツ替えるのも張り切るし、
泣けば、すぐに抱っこしに行くし、、、、
c0223034_2316816.jpg


アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー


まるで
小さなお母さん
気取りっ!!(゚ロ゚屮)屮

しかもやり方教えていないのに
妙に様になっている......と思うのは私だけ??
新生児のお世話をそつなく器用にこなす。
これって母性本能なのか?!!Σ(・ω・ノ)ノ!


「赤ちゃんが欲しいなぁ〜〜!ひまわり組で兄弟(姉妹)がいないのは、○○ちゃんと、△△ちゃんと、□□くんだけ。なぜ、うちには赤ちゃん来ないのかなぁ?サンタさんにも神様にもお願いしてるのにぃ。。。」


と、1年以上も前(4歳過ぎた頃?)から、執拗に妹弟(赤ちゃん)を求め出し、
神社でもお墓でも手を合わせて拝むようになった娘。


小さな赤ちゃん、従弟の元理の誕生が、
相当嬉しい様子ヾ(@^▽^@)ノ


しばらく、元理熱♡が冷めそうにない娘でした〜(笑)


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-01-15 23:10 | ママモード | Comments(0)
やっぱり、「働くママ」の私が好き!
先週はお正月休暇明けの
仕事始めの週に、
願ったり叶ったり!?
私がワーママ(働く母)であることを誇れるイベントが続き。。。


子育てしながら働く私に
たくさんの気づきと学びの場を与えてくれるグローバルママネットワークのコアメンバーとの新年ランチ会があり、
その後、日経DUALの取材を受けました。
c0223034_1641793.jpg

昨年夏からバンコクと日本を行き来するフリーのTVディレクターになった藤村美里さん。美里さんとは、母娘で公私ともに仲良くさせてもらっています。今回の日経DUALの取材は美里さんからインタビューを受けました

日経DUALとは、もう働くママ、パパにはおなじみの
情報サイト

仕事も家庭も。
親も子も。
妻も夫も。
働くママ&パパは、楽しく強い。


というサブコピーが付いている。


読者層は30〜40代のワーキングマザー(子どもの年齢は0〜12歳)を中心に、
実態は、想定していた以上にもパパの読者が増えているとのこと。

世帯年収は、1000万以上で
消費キーワードは、「時短」「上質」

という特徴もあるというのを、
説明聴いて、周りの家族を見ていていも思い当たる節アリまくりで、
ちょっと笑ってしまいました。

こんな情報サイトに、私が1000人の働くママの1サンプルとして登場させていただくこと、
本当に光栄なことです♡

インタビュワーが仲良しの美里さんだったので、
話はついつい脱線しまくり?!!(すみません・・・)
どんな風にまとまめられてるのかちょっとドキドキ・・・(^^;)

現在サイトでは、産婦人科医の宋美玄さんのインタビュー記事が掲載されています。
>> 35歳が私の出産ベストタイミングだった

過去のインタビューに登場するワーママたちも、皆本当に素晴らしい方ばかり!
どの方からも刺激とパワーをもらえます。
ワーママの皆さんはもちろん、これからワーママになろうとする方、
そして、パパ&プレパパの皆さん、ぜひ読んでみてください♡


そして、週末は、
年2回開催されるWorkingmama partyに、
娘とともに参加してきました〜♪

「子連れで名刺交換」をうたっているこのパーティは、
フルタイムで働くママとその子どもたちが参加できるパーティ。
c0223034_1625863.jpg

c0223034_1633847.jpg

ママたちがおしゃべりに夢中になっている間、
子どもたちは、ワークショップや、
会場に設置されたキッズ専用ブースでお楽しみが盛りだくさん♡
c0223034_1631210.jpg

c0223034_1632051.jpg

c0223034_1634222.jpg

c0223034_1633031.jpg

c0223034_1632112.jpg

©Kazuhiro Igarashi


会場は、終始笑顔でいっぱい!!
刺激いっぱい!!
明日からの活力の源いっぱい!!


2時間半、あっという間なのですが
とにかく言葉にできないパワーが一気に充電されるので、
リフレッシュされまくりなのです(笑)


「ワーママでよかった〜!今の自分が好き〜!(^0^)」

って、自己肯定感、そして自己効力感が
ドバ〜〜〜〜って湧いてくるのです。

そして、ついには、
こんな笑顔が生まれます♪(笑)
c0223034_003872.jpg

カメラマンの五十嵐 和博さんが、参加母子の笑顔のツーショットを撮影してくださいました。
娘も私もこの写真、大のお気に入り♡
さっそくFacebookなどのプロフィール写真に使わせていただいています〜♡


ということで、
先週は、ワーママ バンザイ ナルナルWEEKとなりましたっ(笑)

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-01-13 15:56 | ママモード | Comments(0)
新年早々「事実婚」記事でパワーをチャージ!
今日は、2014年初仕事dayでした〜。

正月休み&連日お泊まりで、
生活のリズムが完全に狂ってしまったムスメ。
朝起きるときは、相当眠そうで、機嫌最悪!
口を尖らせて超ぶーたれていましたが
保育園着くやいなや、みんなと遊びたくてうずうずし出し、
笑みが隠せない様子でした〜(笑)
c0223034_0494565.jpg


そんなムスメは、
今年初登園で張り切りすぎたのか、
園から帰ると夕寝をしたという。

そのせいで、
21時というのに、目がぱっちり冴え冴えで
「ハハ、女子会しながらスマスマ見よ〜っ!」
って云いながら
c0223034_054080.jpg

私の好きな手抜きおつまみ(よ〜くわかってます・・・笑)、
c0223034_165730.jpg

納豆をまぜまぜして韓国海苔で巻いてくれました〜(^c^;)


というわけで、
まだ完全にいつもの平日が戻っていない我が家です。。。


職場では、
今日は朝から、同じビルで働く姉妹団体の人たちや
ジョイセフの先輩や同僚から

「東京新聞見たよ〜〜!!」

と言われ続けました(^^;)

たくさんの方々が、読んでくださってる。
そして、大変うれしい感想、励ましの言葉を言ってくださいました。

私のFacebookでも、かなりのポジティブなコメントをいただき、
こんなにも、多くの方々より、
事実婚に対する賛同が得られるとは、
10年前とは確実に変わっている(少なくとも私のまわりでは・・・)と体感しました。
国も法も一向に変わる様子がなくとも、
この変化を体感できたことが
本当に、本当にうれしい!!!
O(≧▽≦)O


東京新聞に掲載された記事は、オンラインでも紹介されています。
>> 「家族」になる(3)事実婚の選択 どちらの家も大事だから

こちらのオンラインの記事の「おすすめ」(Facebook いいね!の数)が、
200を超えていることにもびっくり!!!
c0223034_1292134.png



私たち夫妻にとって大変励みとなる、
そして揺るがない自信につながる経験をさせていただけたこと、
心から取材してくださった東京新聞(中日新聞)の加藤木さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな加藤木さんから、

「別姓を貫け、通称名使用の煩わしさもない事実婚の皆さまが増えること、それが法改正につながることなどを祈念しています。今後も後方支援をさせてくださいませ」

と本日、温かいメッセージをいただきました。
感涙m(;∇;)m





私たちのような事実婚のカップルの他にも
今回の東京新聞・中日新聞の
暮らし欄 新春企画 「家族」になる の連載では多種多様のカップル、家族のケースが紹介されています。
ぜひこちらの連載記事を読んでいただきたい。


多様なかたち認めよう 「家族難民」あふれさせるな/山田昌弘教授

「家族」になる(1)シニアの婚活 計144歳「毎日惚れ直す」

「家族」になる(2)古民家で里親 「大丈夫だよ」伝えたくて

「家族」になる(4)シングルママ友 携えた手 大きな輪に

「家族」になる(5)性別を超えて 折れない真っすぐな矢


従来の「男(夫)が主となって家族を養う」という家族形態が難しくなっている今、
国も、少子化対策を何よりも優先して考えているのであれば、
多種多様な家族のあり方をまずは容認してほしいな・・・と
この連載を読んで今、願いはさらに強くなった私。

新年早々、この事実婚記事にて思わぬうれしい反響をいただき、
強力な自信とパワーをチャージいたしましたっ!

2014年はこのまま、ノリノリで(笑)走らせていただきまっす(^0^)

そして、事実婚のことも、実践者の1人として、
これまで同様に、いつでもどこでも、
「私のまんま」を語っていこうと思います♪
みなさん、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします!!!(●⌒∇⌒●)


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-01-06 23:02 | 妻モード(事実婚、別姓も) | Comments(2)
2014年もよろしくお願いいたします!
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!( ´ ▽ ` )ノ



みなさんお正月はいかがお過ごしでしょうか?



我が家の正月というのは、
たいてい夫の実家か、私の実家で過ごします。

長男長女の役目というよりは特権?ともいうのか、
例年どおり、両家の実家に交互に行き、
(両家が近いのが本当に助かります)
実家に行けば、誰に気遣うことなく長子の「主」面で
でーーーーーーんと構えて、
(ほとんど接待は両親に任せて?)ホストに徹する。
年始の挨拶に来られる親族や関係者を出迎える…というのをやっておりました。


毎年ちょっと怠慢で偉そうな(笑)正月を過ごす私たちですが、

普段、日常生活を送っている中で、まず意識することが無い
我が家の「事実婚」、「夫婦別姓」に関して、親族と交流のある正月に限っては、多少なりとも「世間と違う」と再認識させられ、たまに後ろめたさを感じたりすることが多々あります。


顕著なのが、年賀状。

いまだに、年賀状のあて名が

小野 宏太郎様
美智代様

と連名で併記されていることが多いこと。
同様に夫の姓に私の名前が組み合わされているパターンも多かったり。


夫妻二人とも姓名フルネームでの記載が適さない宛名アプリも今だにあるようで、併記名のフォントが小さくなっていたり(~_~;)

規格外で印刷にひと手間かけたりと、ご迷惑をおかけしているんじゃないか??
って、たまに思うわけです。


ムスメの名前は特に、夫の姓だと思われて疑われないことが多く、
これが日本の世の中の常、マジョリティー(私たちは例外)なのだな~と改めて痛感させられます。

ま、いまさら感があって、私たちもあえて訂正依頼を出さないので、
これが例年繰り返されちゃうんだな~と思うのですが。。。(汗)
といっても、毎年、全員家族の名前は3人ともフルネームで併記して小さな主張?をしています…(^-^)/





そんな私たち家族のことを、先日、
東京新聞(中日新聞)さんが取材をしてくださいました。



「ポジティブに事実婚を選んで、楽しく明るく実践している夫妻を取材したいと探していたら、ミッチさんのブログにたどり着いた。今、どちらかの姓を選ぶことができずに結婚に踏みとどまっているカップルに希望を与えたい!」


と懸命に取材をしてくださった記者の加藤木さん。

見出しは、私たちが事実婚をしてまで夫婦別姓にこだわった理由
「どちらの家も大事だから」
とし、私たち夫妻のありのままを記事にしてくださいました。

カメラマンの由木さんが撮影してくれた家族3人の写真は、
今年の我が家の年賀状にもちゃっかり使わせていただきました〜(^^;)
c0223034_021270.jpg



ご多用の中、三島まで取材に来てくださったお二人に感謝の気持ちでいっぱいです。
私たちも、取材を受けたことで、別姓を選んだ自分たちにもっともっと誇りをもつことかできました。
c0223034_02151.jpg






その記事が、
どうやら2014新春特別企画として、
明日(1月4日)の朝刊に登場するとのこと。


東京新聞、中日新聞を購読のみなさん、
もしくは、
東京、愛知にお住いのみなさん、
もしよろしければぜひ高覧ください~♡



愛するかけがえのない人との結婚を、改姓(強制同姓)を理由にあきらめる社会は絶対に無くしたい。
ポジティブに夫婦別姓を選べるカップルが1組でも増え、それにより差別を受けることのない社会になることを心から祈って・・・

c0223034_021440.jpg


2014年初のブログ投稿とさせていただきます〜(^_−)−☆




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-01-03 23:13 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(0)