ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
母体、太り過ぎ!!?  注意受けて撃沈(涙)
本日、妊娠後期の検査・健診に
坂東レディースクリニックに行ってきました。

c0223034_183242.jpg


出産予定の助産院エスアールハウスのすぐそばにある提携病院です。

検査結果によっては、
また、この先、なにか異常があった時には、
このクリニックで出産することになります。


土曜日の午前中は、めちゃくちゃ混んでいて、
予約したのは11時というのに、会計終わったのは13時。


病院嫌いな私にとって、待っている間の苦痛&緊張といったら・・・

その気持ちが子宮の中にも伝わってしまったのか??

めったに張らないお腹が
あれよあれよというまに、コチコチにどんどん張ってきてしまい・・・
しかも、落ち着かなくて、心拍数あがるあがる〜〜
顔〜首まわり汗だく・・・(汗)
(・Θ・;)アセアセ…


内診室に呼ばれて入ると・・・

やっぱりあった、内診台(椅子)の前に
ピンクのカーテン!!!

これまで何度も何度も婦人科検診を受けてきましたが
毎回あのカーテンにうんざりします。

顔が見えないのが、
被検診者への配慮??だと聴き、理解しているつもりでいますが、

先生らしき人の足跡が近づいてきて、
カーテンのむこうに座ったかな?って思うと、

「はい、GBSの検査をします〜」

といいながら、器具を膣に入れるわけです。


私は家畜ですか!?

って気分になります。

こういう見えないところでの検査が
かえって、私の緊張感と不安を高めるといいますか・・・(汗)

他の先進国では
医師がクライアントの気持ちを和らげるために、
妊婦にいろいろ話しかけながら検査をすると。
つまり、クライアントとの信頼関係を重視しているようです。
もちろんカーテンはないよ〜、
とアメリカの友達が教えてくれました。

カーテンがよいかどうかは、
日本でも賛否両論あると思いますが、

とにかく、ここに不快感を感じている
一妊婦がここにいるということを、このブログでぼやいておきます(^^;)

カーテンがなければ、、、、

 ・クライアントから見て、「今、何をされているのか」が、分かる
 ・顔を見ながらの内診なので、クライアントの取り違えが無い
 ・医師や看護師から見て、クライアントの表情がよく見える
・私のように、家畜になったような気持ちになる人が減る(笑)



って、
素人ながらメリットがあると思うのは私だけ〜??


あ〜〜
前置きがまたまた長くなっちゃった。。。

今日書きたかった本題はここから。




私、今日、妊娠後初めて、
太り過ぎ
とはっきり言われてしましました〜〜!!!

Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!




本日、妊娠 33週2日(9ケ月)。

妊娠前の体重より、
10.5キロ増。

前回の妊娠時のこの週数時は、
6キロ増だった・・・
って娘の母子手帳と比較して
それと比べたら・・・確かに。


子宮底長   30cm
腹囲    87cm
血圧    109/50
浮腫     −(マイナス)
尿タンパク     −(マイナス)
尿糖      −(マイナス)




これまで、会う人会う人に、

「お腹と胸だけが出てるね! それ以外は全然体型変わってないね〜」

って
言われ続けてきたので、
それを鵜呑みにし過ぎたか〜〜(^^;)

確かに体重は10キロ増でも、
胸の重さばかり(おそらく両胸で3キロ増だと推測・・・)に意識が行っていて
母体が太り過ぎだと自覚がなかった自分に猛反省。



「出産予定日まで、あと7週ありますが。この体重をキープするように。がんばってくださいね!!」

って、
さらっと言ってくれた坂東先生。

くぅ〜〜〜〜!!悔しい〜〜〜〜〜っ!!!
∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!

ヘルシー妊婦
落第か?!!!





はぁ。。。

こんなこと言われると、即効果出したくなる私。

めちゃくちゃジョギングしたい衝動が出てきちゃいまして、
今、必死で堪えています(笑;;;)




お腹の胎児の方は、
頭も下にあり、
特に異常見られず、元気いっぱいとのこと(^^)

推定体重 2034g
2キロに突入したと思うと、なんかうれしい♡

c0223034_1832768.jpg


BPD (児頭大横径)
c0223034_20383067.gif

85.3mm



FL (大腿骨長)
c0223034_20395215.gif

60.3mm



FTA (胎児胸郭断面積)
c0223034_20411243.gif

59.05㎠


以上が、今日超音波エコーでわかったすべての項目。

どれも平均数値の枠の中に入っていました。


子宮口も、まだしっかり閉じていて、
胎児が下がってきている様子もないとのこと。



唯一の懸念事項は、
私の体重!!



ジョギングは、たしかに2ケ月前に辞めましたが、
ダンスやヨガで適度に運動しているつもりでおりました。
仕事も、特にセーブしてないし、
あっちだこっちだ、この足で歩いて移動しているのだけどな〜。。。


やっぱり、
食べ過ぎってことかな?? ∑(_□_;)ii


今日から、
ご飯・麺大盛り+ デザート
このセットは 断念しようと思いまっす!!!!(* ̄Oノ ̄*)





にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-06-28 20:54 | 妊婦モード(妊娠記録) | Comments(0)
フルタイムで働くママの『産休前』とは・・・
今週に入ってから、
毎晩残業 or 宴会で、終電で帰る私。


「頼むから無理するな! 
  とにかく早く寝てくれ〜っ!」


と、
枕元で、半分怒り口調でつぶやく夫の言葉が、
子守唄みたいに聞こえてくるな〜〜と思いながら
眠りに就く日々が続いています。


産休前だからこそ
今やっておきたいこと、やらねばならないことが、
分刻みで入っています。

んじゃ、これが、ストレスか〜っていうと、
実は、その逆?!
楽しんでる!?!

目が回りそうなくらい、スケジュールに追われているけど、
1つ1つ淡々とクリアしていくその過程。

めちゃくちゃ脳が活性化してて
そんな自分に燃える♡

リミットがあるってだけで、
集中力UP&興奮し、
意欲をかき立てられる〜!

そういえば、2014の今年は、午年!
午年の子を出産するんだったね、、、私。

いま、まさに鞭打たれた馬のようになってます!!(笑)


・・・って、
アホな話は置いておいて。
働くママというのは、そう簡単に、すべてが思う通りには行きません〜。。。。

ということを、
娘によって気づかされるわけです(汗)


c0223034_1013869.jpg

今朝の娘。保育園の先生に手をつながれても、シクシク泣き止まない・・・


毎朝、
ご近所で同じ保育園に通うママひずちゃんに甘えて、
車で一緒に登園を
お願いしているのですが、

今日は、

「車に乗りたくない!!!」 

と突然駄々をこね出し・・・・


「母と2人で保育園に行きたい!!」
と、
駐車場で
ギャン泣き!


最初は、何をワガママ言ってるのだ!!と
厳しく突っぱねたのですが、

「今日も、母、遅いんでしょ!!!???」

と、ぼそっと漏らし、
私の大きなお腹に抱きついてきました。


我が娘は、本当にわかりやすい。

夜のスキンシップ、母子の時間、
やっぱりゼロ(0)とイチ(1)は違う。


昨夜、電話口に出た娘の声の様子から、
そろそろ欲求不満溜まって
爆発が来るかもな・・・
って思ってた矢先だっただけに、


来たか〜、やっぱり。



そういう私も、
すっごく娘との触れ合う時間が恋しかったからね〜(汗)


産休までのカウントダウン。
これからまだまだしばらく、夜の残業&宴は続くはず・・・
(「産休前にぜひ飲みましょ!!」、となぜか夜飲みのお誘いが多いというのが、笑えてくるのですが……(^^;;)



夜ゆっくりできない分、
できる限り、
朝は歩いて2人で登園し、
今しかない母子2人の貴重な時間をゆったり満喫したいと思いまっす!


c0223034_1014417.jpg

保育園に飾られてた「雨つぶの顔」。今朝の泣きべその顔とは別人!!どの雨つぶよりもニコニコ笑顔ちゃん〜(笑)

c0223034_102269.jpg

私の姿が見えなくなると…。何も無かったように砂で遊び出した娘(^^;)。




追伸:こんな私ですが、
日経DUALで『働くママインタビュー』を受けて、その記事が紹介されました!
>> 世界中の女の子を救いたい!新幹線通勤を続ける母

インタビューをしてくださった方が、公私ともに信頼を置くTVディレクター藤村さんだったけに、かなり赤裸裸に応えておりまっす(笑)
もしよろしければ、ぜひご覧ください〜♡ 




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-06-26 22:49 | ママモード | Comments(0)
『尿漏れ』注意警報〜!!  妊娠32週(9ケ月)に突入して
32週に入りまして、ますます突き出てきた私のお腹。

c0223034_23294452.jpg

先日mama loves JAPAN!のチャリティーイベントに参加した時の写真
c0223034_23293214.jpg

主催の松田京子さん、中原麻衣子さんらにお腹をナデナデされて(笑)


んでもって、暑かったり、肌寒かったり、
このジメ〜〜〜っとした気候・・・



風邪を引く手前のような状態で、
喉がイガイガ、夜中に咳き込むようになってしまいました。



そして、
妊娠9ケ月に出てくると言われる症状が、
今まさに出ております。

ズバリ!!!

頻尿、尿漏れ

大きくなった子宮に膀胱が圧迫されて尿が近くなります。尿が終わった後も残尿感が残り、尿漏れが起きやすくなります。(腹圧性尿失禁)
c0223034_23333941.png


とサイトに書かれていた通り、

くしゃみや咳など、
おなかに力がはいったときに、


あっ!
∑q|゚Д゚|pワ 



と、なるわけです。。。(汗)



このユニチャームのアンケートを見ると
c0223034_074383.png



7割のママが尿モレを体験している!?


第一子の妊娠時に、尿漏れの記憶が特になかったので、
ちょっと焦ったのですが、
こういうアンケートを見ると、ほっとしますね。。。


トイレが近くなっていることもあり、
夜中には、
尿漏れ注意警報(尿意)
があって
3−4度飛び起きてしまうようになりました。

おかげで、
朝起きると、
なんともいえない睡眠不足な感じ〜( ´△`)アァ-



布ナプキンが手放せません〜〜
(-"-;A ...アセアセ



先日の健診では、
お腹の赤ちゃんの頭が、ちょうど膀胱の上にあるとのことで、


ま、尿漏れするのも当然っか!?

(´ ▽`).。o♪♪


と許せる気持ちになれちゃうんですけどね〜〜。


その他は浮腫みもないし、いたって順調。
37週の正産期まで、このまま行ってもらえたら・・・と
ただただ祈るばかりです♡



というわけで、尿漏れのこと 
記録として書いておきまっす!







にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-06-23 23:28 | 妊婦モード(妊娠記録) | Comments(0)
夫と私はラブラブ夫妻か!?
前回の更新からだいぶ時間が経ってしまったんだな〜と、
いま気づきました。

ここの1〜2週間は、
仕事も家でも、行事が立て込んでた気がします。



父の日があり、
保育園では、父親の参加を促すような
園庭でおもいっきり遊ぶ『家族参観』があったり、
c0223034_15593274.jpg

ムスメ、3本目の乳歯が抜けました!(6/13の満月の日に) 前歯が抜けるとやっぱり強烈!?・・・(笑)
c0223034_1601748.jpg

ムスメは、レクリエーション最中も、「父は身長が低いから、他のお友達みたいに高く上がらないんだよね〜!」ってブツブツ文句を言ってたそう(笑)
c0223034_160696.jpg



その延長で ? パパの会と称したパパだけの飲み会が開催されたり(笑)、


性と健康を考える女性専門家の会で、
自分の事実婚含め世界の結婚比較を語る機会があったり、


そのせいか、
夫妻で、いつになく、いろんなことを語りまくった2週間でした。


そこで気づいたこと。

どうやら、世間には、
夫と私はラブラブ〜♡
に思われているということ(^^;;)

私が、 Facebookやブログでも、
よく家族写真をアップしているということもあってか?
パパの会でも、全パパたちから言われたのだとか。

とはいえ、私たち当人は、
その自覚が無かったわけなので、

どちらかといえば意外

ラブラブ〜と言われる理由はなんだろ??

って二人で語ってみたわけです。

でも、明確な答えは見つからず(^^;)

いたって、出会った頃から、共同生活始めてから、子どもが生まれてからも
夫と私の関係は、まったくもって変わってないので、

もしかしたら、
そこ?!!!!

かもしれないね〜〜って
結論に至りました。


夫と私はお互いに、主義主張が強く、
遠慮がないので、
言いたいことは言う!!!

ここでは、書けないような
ひどい言葉も連発するような
激しい口論はしょっちゅうです。

昔はよく、喧嘩の無い大人なカップルに憧れましたが・・・
これはこれで、我が家には必要なコミュニケーションなんだなと最近は思うようになりました(笑)



パパの会で、夫が他のパパ達に言われてきたこと。

「コータローくん(夫)が家事・育児やり過ぎるだから、
俺たちが比較されて、まだまだ足りない〜って言われるんだよ〜」


って(笑)


じつにオモロイパパ達の本音。

ムスメの通う保育園のパパたちは、私が見ても育児に熱心なパパ達が多く、
どちらかというとママよりも積極的。
家での様子は、わからないけれど、それに比べ、うちの夫が優れているとはまったく思えない。


ただ、我が家の場合、
夫が変則的な時間で勤務する自営業とあって、
土日の休みは無く、勤務時間で週換算すると
私よりも長時間勤務なのだけど、
その代わり、
平日は、子どもの時間・リズムに合わせやすく、
なにより、
(周りが残業していて)早く退社しにくい環境で働いていない」
 っていうのが、
私のように新幹線で遠距離通勤(通勤時間が長い〜)をしいている妻にとっては、
超都合がいいといいますか(^0^)


共同生活を三島市で始めた10年前に、

「家のことはできる方が、やれる時にやる」

と、2人で決めたルール。

これがいまなおも続いていて、
これが、夫妻円満の秘訣の1つだと改めて痛感します。



c0223034_16101095.gif

6月20日のガベージニュースの記事
子育て世代の男性の就労と家事・育児手伝い事情をグラフ化してみる(2014年)(最新)』 より


このグラフを見るとアメリカやノルウェーの男性平均家事・育児時間と同じくらいかな〜?って。
パパの会では、「やり過ぎ〜」と言われて、
ドヤ顔で帰ってきた夫も、
グローバルで比較したときは平均。


先日内閣府が発表した「平成26年版少子化社会対策白書」でも、


働き方の見直し
と、
仕事と家庭が両立できる職場環境の実現
の章があったけど、

やっぱり、少子化社会対策で必要なのは、

老若男女の意識改革
これまでの当たり前、
これまでのマジョリティにとらわれること無く、
多様な家族の形、働き方が認められること!!

それにより
男性の家事・育児時間(機会)が増えることだと、私は思います。


ということで、
タイトルから脱線しちゃいましたが、
久々の更新はこの辺で〜。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-06-21 17:36 | 妻モード(事実婚、別姓も) | Comments(0)
40歳、妊娠30週の私。宋美玄さんとの対談で再考する。
仕事とはいえ、
マタニティの私にとって先週金曜はとーっても濃厚かつ有意義な1日でした。

c0223034_23104953.jpg

妊娠30週と2日。親子ダンスから帰った後、着替える前に夫に撮ってもらいました。
c0223034_23152256.jpg



午前は、VIRINA広尾店で
3ヶ月前に第5子を出産した堂珍敦子さんと、
8ヶ月前に第3子を出産した青木愛さんの
子だくさん?(笑)トークを聴いて
かつ、bugabooストローラーのデモンストレーションに参加。

第二子出産前に、この場に同席させてもらえたこと、
経験談はもちろん、また新しい情報をたくさん耳に&目にして
本当にありがたい時間でした♡
c0223034_23203342.jpg

c0223034_2320478.jpg


そして、夜は、
ジョイセフで開催した
GIRL meets GIRL College第3回目!
チャリティーピンキーリングのテーマは、
"Family"

中でも、
出産
にフォーカス。

c0223034_23255488.jpg

講師は、産婦人科医 宋 実玄さん
c0223034_2326139.jpg

僭越ながら、私は宋さんの対談のお相手をさせていただきました〜。

c0223034_2326553.jpg

会場いっぱいの受講生は、宋さんの話に興味津々。

メモを取リまくる人、頷きまくる人、お腹を抱えて爆笑する人、質問に熱が入る人…
c0223034_23261042.jpg

受講生全員が目を輝かせて聴いているのが印象的でした。
終始熱気に包まれていました〜〜!

宋さん。
一緒にトークをさせてもらって、改めて、
私は彼女のことを女性として、医師として、惹かれました。

とーっても楽しくリズムよくお話しされるので、あっという間に時間が過ぎてしまいましたが、
1つ1つの話が、エビデンスに基づいた現場の話をしてくださるので、
なに1つ、不明瞭なことがなく、学びが多かったです。

宋さんは、産婦人科医師として、
本当に女性の命、健康を守ろうと日々真剣に向き合われている方。

出生前診断というまさに今、宋さんが向き合っている現場の話を聴いて、
この方に救われている人がどれほどいるんだろ・・・と想像は容易く、
宋さんの日々のご苦労を痛感し、胸が痛くなりました。


話題は多岐にわたり、

宋さんご自身の出産経験談にはじまり、
卵子の老化というネガティブな話でこれから産む女性恐れさせるって無意味〜っていう話から、
産み方、出産の「序列」の話、
陣痛の痛みは無駄〜〜という話、
帝王切開、経膣分娩、リスクの差の話、
無痛分娩がもっとも陣痛時間が長引く可能性が高いという話
出生前診断の海外と日本の比較の話、
陣痛時間の長い、短いは体質もある?という話、
噂の芸能人のちょこっと裏話、
最後はアンダーヘアは必要か否か?!!



とにかく濃厚でした。
多岐にわたるテーマであっという間の90分。
どのお話も、私が、10年前(もっと前)に聴いておきたかったな〜と思う話ばかりで。


産み方の話になって、

宋さんから
「今度はどんな産み方をするの?」

質問された私。



「助産院で産む」



私が、一言 そう応えるだけで、

通常、大半の方に、

自然派賛美で、アンチ医療の人!

と、端的に思われてしまう。
それにものすごく抵抗があった私。
私の話すれば、すっご〜〜〜く長くなるので、
その時即座に、どう応えたらいいのか、ちょっと戸惑いましたね。


ジョイセフの広報の仕事をしているので、
メディアからの取材で、この質問をよく聴かれることが多く、
それだけで、
私のことを医療介入を好まない人(極端に偏った考え方の人)〜

アンチ分娩台 & アンチ薬剤投与の人。
 麻酔で無痛分娩するなんて信じられない!と思っている人


だと
勝手に「自然絶対派」だと、
決めつけたがる方々がいて、
それは、かなり迷惑しています。



ジョイセフの仕事をしていると、
産科医や助産師のお話を聴く機会もたくさんあり、
たくさんの情報が入ってきます。

どんなに妊娠中経過がよくても、

お産には危険が伴うこと
つまり、絶対安全(死のリスク、産後疾患がゼロ)と言えるお産が無いということ。

医師・助産師の居ない自宅出産はもちろん、
助産師しか居ない助産院での分娩には、
医師のいる病院で産むよりも格段に死のリスクが上がること、
も、
理解しています。

助産師は医師と違い、
薬の処方やその他多くの医療行為が出来ないということも。。。




にもかかわらず、


私が、6年前の第一子の出産の時も、
そしてまた第二子の出産も
エス・アール・ハウスという地元(富士宮市)の助産院を選んだ理由は、

医師との連携協力がきちんとできている場所
だったからということ。


たしかに、それだけではなく、
そもそも
エス・アール・ハウスの番内さん(助産師)に、
夫妻で惚れ込んで、
この人に介助してほしい!!!と、強く感じたいうことがありますが〜。


私自身が、健康体で、大きな病気や怪我をしたことが無く
病院にいく機会がほとんどなかったからか、
私は、小さい頃から今に至るまで
「病院」という場所が大嫌いで、
どんな病院でも、ロビーに入った瞬間、ど緊張をし、
小学校1年の時、診察を待つ待合室で緊張のあまり、
痙攣&失禁を起こした経験がありました。

たとえ、健診や友達のお見舞いに行くといったことでさえも、そのトラウマが消えず、
あの独特のニオイと雰囲気を味わうだけで、
ゲンナリ意気消沈・気持ちも消耗してしまう・・・

という、
超病院嫌いな人間だったいう大きな理由もあったからなんでしょうね・・・(汗)
助産院という場所があることも知らなかった10代の頃から
産婦人科で産みたくない〜、力発揮できないよ〜って 本気で思ってました。


近くに提携の産婦人科医師が常駐している
助産院での分娩は、私にとって、一番ストンと落ちたという感じでした。



宋さんがトークの中でもおっしゃっていたように、

最近は、「産み方は生き方」といって、
やたらとスピリチュアル面を強調し、お産をまるでイベントのように捉える風潮があり、

「テレビは、両極端を撮りたがる。
緊急病等24時間の緊急搬送→帝王切開手術か、自宅で自然分娩か!
自然が一番感動をそそるし、絵になるんだよね〜」



思わず吹き出し笑いしちゃいましたが、
たしかに!その通りだと思いました(笑)



それに影響されて、


自然は素晴らしい!!!
だから、
自宅で私も自然に、(大自然に帰ったように)自力で産みたい〜


と、それだけの理由で、
気軽に自宅分娩や分娩台のない出産を選ぶ人が多いと。



何よりも、まず、母子の命の安全を考え、リスクを軽減したい!!!
と、日々現場に従事している宋さんからの言葉だけに
とても説得力がありました。


私自身が、今回隣で対談させてもらって、
さらに、覚悟ができたこと、

過信は絶対しないぞ!!!

と。

自分の命、生まれてくる子の命、それを最優先したお産を、じっくり考えて、
何がもっともリスク軽減できるのか、
最後の最後まで気を抜かず、
悔いの無い選択を選び抜こうと思っています。


♡最後におまけ♡
c0223034_14535811.jpg

ずーっとミッチのブログを愛読してくださっていたMatoさん。(中央上)
ついにお会いできました!!噂はかねがね聴いていたのですが、私がMatoさんとリアルにご挨拶できたのはこの日初!感動のご対面でした〜(^^)三島から新幹線でジョイセフのGIRL meets GIRL Collegeに通ってくださっています。そして中央下は、「産後夫婦(めおと)手帳」でおなじみのアイナロハの渡辺大地さんのパートナー琴美さん。宋さんのトークを一番前の席で、うんうんと頷きながら、時にお腹を抱えて笑うお2人。おかげでとってもリラックスして私も対談させてもらえましたよ〜(笑)良&濃縁に感謝です!!!!


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-06-08 15:03 | 妊婦モード(妊娠記録) | Comments(0)
娘、プレッシャーと戦う年長生活で、1円禿!!?!?
「オルガン遅れちゃうから、保育園休みたくないーーー!」

と、今朝いきなりベッドの上で泣き出した娘。

熱、38.1℃

珍しく、
昨日と今日の2日間連続で、休むことになりました。

昨日は、保育園休んだとはいえ、
仮病だったんじゃ?と思うくらい、
昼には平熱になり、
食欲いっぱい、いつも通りの元気いっぱいだったのに・・・

今朝方、3時過ぎに、
「寒い〜〜〜!!」と言ってトイレに起きて、熱を測ったら
38度の熱が再発してた。

朝、高熱が出るパターンって、
0歳児のときの突発性発疹以来じゃ?!!(汗)



熱があってもよくしゃべるし、
元気も食欲もある。
ただ、写真を見るとわかる通り、
熱あるだけあって眼がいつもと違って病んでる。。。(^^;)
c0223034_23185511.jpg



先週末にかけて急に気候が夏日になって暑くなったし、
夜は寝汗かいて冷えたせいかな?
喉も痛いみたいで、咳も出る。
病院で診てもらうと、夏風邪であることがわかった。


話はちょっと変わりますが、
ここ最近、
娘のことを
じ〜〜〜〜っくり観察、
様子を見ながら、
夫と語ることが増えた。

なぜなら、

娘の頭のまさにてっぺんに、
1円禿ができたから!!
c0223034_23113121.jpg

3辺1cmの正三角形のような大きさで、脱毛部分がくっきりわかる


娘が、4月に保育園の年長になってからというもの、
朝の登園時の気持ちの浮き沈み(アップダウン)が
激しいことが気になっていた矢先のことでした。

夫が娘とお風呂に入っていて、
シャンプーをしているときに、この脱毛を見つけた。


もちろん、
夫も私も、び、び、ビックリ!!!!Σ(・ω・ノ)ノ! 



朝になると、

保育園に早く行かなきゃっ!

とはりきって登園支度をし出す日があれば、

保育園に行きたくない!


とブルーになって、なかなか着替えない日もある。


一日一日で、
著しく気持ちが変わる。



その理由が、どうやら

オルガン

鼓笛

練習にあるらしいことは、
娘の言動からもすぐにわかりました。



家では、
やりたい放題の甘えん坊、
一人っ子典型的とも思われる? 我慢することが大嫌い
 & ワガママな娘(6歳)ですが、、、
c0223034_23462674.jpg

風呂上がりは、お腹の胎児(妹)に話しかけながら、しばらく私のお腹の上でこのまま甘えモード♡


保育園では、
相変わらずの
優等生のリーダーさん。


先日の保育面談では、

「本当にしっかり者です。何をやるにつけクラスで最初にできるし、お友達の面倒見が良いので助かってます。跳び箱や逆上がりも、できない子に教えてあげるとっても優しいきななちゃんですよ」

と先生が教えてくれ、

へぇ〜〜〜〜〜
(信じられない・・・(〃゚д゚;A)
夫と思わず顔見合わせちゃいました。

この子、2重人格!?
と本気で疑っちゃったくらい、

家では、自分の思い通りにならないとプリプリ、
ぶつぶつ文句ばっかり言って、よく怒っているし。
どう考えても、自己中で、
他人に優しくできる子とはとても思えない。
他人の面倒を見る子だなんてねぇ・・・Σ(゚д゚;)


娘には悪いけど、
家でのワガママっぷりを一部始終、
先生に暴露してやりましたっ(笑)


その面談の時にも、

「これから鼓笛の練習とオルガンの練習で、年長児は毎日忙しくなります。
きなちゃんはティンプトンで、たった2人しか居ない楽器。もっともリズムが速くて、みんなをリードする楽器なので大変だと思いますが、おうちでもフォローお願いします! 」


って
先生が言ってた通りで、

日に日に、
練習が高度になっている様子。

それが、私たちが想像している以上にかなりハイレベルのようで
相当キツイらしい。。。




娘曰く、

先生が怖いとか、先生の教え方が不可解なのではなく
習得しなければならない内容が膨大で、
とにかく、毎日必死で練習しているらしい。。。


寝言でも、太鼓の掛け声と思われる、

イチ、ニ、ウン、タタタ。。。

ブツブツ言っていることが多い・・・
(・_・;)_・;)・;);))


昨年のフェスティバルで、
年長さんの演奏を聴いたとき、
指揮者の前にいて一際目立っていたティンプトン。
カッコイイね〜〜と、皆が注目してたあこがれの楽器。
そのティンプトンに選ばれたことが、とにかく嬉しそうな娘。

親バカまっしぐらだけど、そんな娘を見て、うれしくなる私(笑)


「他の楽器に変えられないように、頑張って練習するんだ!!」

娘は張り切る。
そんな娘を見ていると、
(禿ができてるし)
練習がんばらなくていいよ〜なんて簡単に言えなくなるわけで・・・






1週間ほど前は、

「明日オルガンの日なんだけど、花丸もらえなくてもいい?」


私に聴いてきた娘。


「え? 花丸もらえなくたって、全然いいさ。 きななが最後までがんばってやれたら、母がおうちで花丸あげるよ〜」


と、応えると、少しホッとしたような表情で、

「そっか〜〜。わかった〜〜」


部屋を出て行きました。


しばらくして、
また戻ってきて、


「やっぱり、オルガンで花丸もらいたい!! お友達が花丸もらって、きななが花丸じゃないのは嫌!!今までずっと花丸もらってきたんだから、明日も花丸欲しい!! きななは花丸じゃなきゃ絶対ヤダ!!!


と、突然号泣し出した娘。


保育園ではできることが当たり前で、
ずーっと 今日まで来てしまった、4月生まれ。

先生にも、お友達にも、きなちゃんは、できて当たり前な子と思われているのを
自覚し始めた最近の娘。


その期待に沿いたい・・・

できないことが悔しい。
できないことが自分の中で許されない。


とにかく、
自分に負けたくない!!

そのプレッシャーといま、
娘は日々戦っている様子。


私も夫も同じ4月生まれで、少なからず、
似たような経験をもっているだけに、
娘の気持ちがわかる。

わかるだけに、
親の私たちが、
さらにプレッシャーに拍車をかける言動は避けたい。

娘と一緒に、1つ1つの課題を受け止めて、
娘がその課題に怖がらずにチャレンジできるように、
プレッシャーを軽減させてあげたい・・・

今は背後から、
娘の成長をそっと見守り、時には、
背中を押してあげよう・・・と。


頭に禿までできちゃって、
ちょっと、かわいそうなんだけどねえ。。。(汗)

これも、生きていく上で、
とーっても大切な過程。

父も、母も、一緒に闘うよん
ヾ(@^(∞)^@)ノ



娘には、いつでも、どこにいっても、
強くたくましく生きていける子になってほしいから。



この現実から眼をそらさずに、
逃げずに、
前を向いて、
押し寄せてくる課題を、
プレッシャーを1つ1つ乗り超える。


ここを乗り越えたら、大きな自信がつくはずだから。

なんとしてでも打ち勝ってほしいと思います。


さてと。。。
お熱も下がったし、
c0223034_23313654.jpg

明日は、保育園行けるかな〜(* ̄Oノ ̄*)


がんばれ〜〜〜〜娘♡
負けるな〜〜〜〜娘♡













にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-06-04 00:46 | ママモード | Comments(2)