ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
なぜ「三島市民」を選んだ? 私のシビックプライド
HiPsの活動をしている時は
もちろんですが、
それ以外の場所でも、

三島市民だな〜
再認識することが多くなった今日この頃の私。

三島在住歴、11年半経ちました。

前にも語りましたが、
ここ数年でさらに
三島からの新幹線通勤者が増えていて、
他県・他市からの「移住」を担当する課までできちゃうほど。

この私も、目をつけられて?(笑)
有楽町の交通会館で開催された
静岡県主催の
移住相談セミナーに呼ばれ
三島から新幹線通勤する先輩の一人として、
生活の様子や、三島に暮らすメリットを語ったり、

じゃらん三島市版 の取材を受けたり、


そして、このたび三島市より
シビックプライド×シティプロモーション
共創会議委員

c0223034_00232223.jpg
委嘱を受けました
(もちろん、完全ボランタリーで受けていますが〜。。。なにか? 笑)

下の写真に並んでいます↓
これまで三島市に多大なる影響をもたらした広報企画の功績と
刺激を注入しまくっている感度の高い女性陣5人。
ちょっと私だけ、小さな国際協力NGOの広報歴13年・・・?という
異色な感じもするのですがー(汗)

↓黄色のタイツでサンダル、浮いてるし・・・
c0223034_00232944.jpg
こういった錚々たるメンバーとご一緒させていただける貴重な機会なので、
微力ではありますが、私も三島市民として、
自分ができることでお手伝いできたら、と思っています!

仕掛け人は、この方、
三島市広報広聴課の小嶋さん。
(写真左・静岡新聞のインタビューを受けているところを盗撮)

c0223034_00335575.jpg
HiPsが立ち上げ当初(3年前の話ですが・・・)、
当時スマートウェルネスのご担当で、その時も大変お世話になったこじまるさんです。

翌日には、会合の模様が静岡新聞に掲載されて、
c0223034_00313593.jpg
さっそく実家の母親(私の故郷・富士市に在住です)から、


「ねぇ、アンタでしょ?後ろ姿でわかったよ!ガラガラした青い服!!新聞載ってる。
 ・・・ったく、満月に走って、ビール作って、こんどは何するつもり?」


と笑いながら電話がありました(汗)

母に言われてみて、はじめて気づいたことは、
私もすっかり
どっぷり三島市民
いろいろやっているんだなーと(笑)


やっているって書きましたが、
決して、誰かにやらされているわけではなく、
自分が選んで主体的にやっていることばかりでして❤️

三島市って
そんな風に、私みたいな生まれも育ちも違う他所者が、
やりたいことを見つけて、
遠慮なく思いっきりやれちゃう
やって楽しめちゃう
ところなんだな〜
って、発見したわけなのです。

ちなみに、先日の会合で、上記のメンバーと三島市の関係職員の皆さんとで出し合った
三島の魅力!
ひとり30個ポストイットに書いて、
ホワイトリボードに出し合うワークショップ。

c0223034_00534910.jpg
ここに載っている↑ワードは、複数の意見が出されたもののみ。

私の小指のところご覧ください。

ヒトの欄。
「女性が健康的で美しいHiPs的な」
と書いてくださった方がいるんですよ。
私以外で!!!(笑)


HiPs設立してまだ3年足らずですが、
地域に根付き始めているんだなと実感し、
と〜〜〜ってもうれしかったです❤️

そして、人差し指のところにある
年々よくなる子育て環境
スマートウェルネスの取り組み
は、まさに今、私も痛感していて誇れるところなので、
こんなところに、
市民としてのプライドを強固に
ぶれないけど、ここに暮らす三島市民が
うれしく楽しくなる、ゆる〜い発信ができるといいな〜
なんて感じています。


地方創生、地方創生、地方行政が消滅するーって、
お国は騒いでくれちゃっているけれど、
地方に住んでいる民のひとりである私からすると、
勝手に上から目線であーしろこーしろと云うなよってところは大きい。

とにかく私は、今いるこの地域の人たち一人ひとりが、
この地域をもっと誇れる、もっと愛せるようになること。

これがとても重要だと思っています。
・・・HiPsも、こういうところにも貢献したいな・・・と思いながら活動してきました。

まさに、「シビックプライド」 
このために
市も市民も取り組んでいく、
それに尽きる、気がしています。


今後の動きが楽しみです❤️


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2016-10-10 01:29 | ふるさと自慢・グルメ | Comments(0)
もうすぐ国際ガールズデー!
10月に入って、私の周りは、
私の頭の中も
国際ガールズデー 
モード突入❤️
c0223034_17092838.jpg


先日、三重県の男女共同参画センター(フレンテみえ)で、
「わたしはマララ」の映画上映会があり、
そのプレトークで登壇させていただきました。

映画「わたしはマララ」

このブログを読んでくださっている方で
まだ観ていない方は、ぜひ観てほしい〜!!

映像の迫力はすごい!

原作の本とは、まったく異なる構成とストーリー仕立てになっていて、
ドキュメンタリーで、かつマララちゃん本人ご出演ということもあり、
感極まる瞬間が幾度も。

この私、原作の本も読んでいたのに、
何度も涙が溢れてくるという・・・(汗)

Youtubeに特別映像(日本語字幕付き)があったのでこちらでシェアしますね。


マララちゃんのパッション、言葉、そして行動力、権力を恐れない強さに
とにかく胸打たれまくり!!

One child
one teacher
one book
and one pen
can change the world.

大きな声を張り上げ、力説するマララちゃん。


彼女を見ていると、

いま、女の子に必要なのは、
エンパワーメント。

つくづくこれだ!と感じます 

参考記事>>いま、女の子に必要なのは、エンパワーメント by 電通報

そのために必要な支援を
日本の私たちにできることを


もっともっとやらなくてはっ!!!


そんな思いがさらにいっそう強くなって、
熱くなっている私がここにいます。


上映会の翌日は、渋谷のHMVで

プラン・インターナショナル・ジャパン の城谷さん
ケア・インターナショナル・ジャパン の武田さんと 
新刊

WOMEN EMPOWERMENT 100 

の出版記念イベント で公開トークをしてきました。

c0223034_22075252.jpg

そこでも、また女の子のエンパワーメント支援への熱い思いを強固にした私ですが、
NGOの私たちだけが熱くなっていても始まらないわけでして・・・(汗)

だから、今日はブログに書いてます!!!(^^)


プランの城谷さんからもご案内のありました、
プラン・インターナショナル主催で10月9日(日)に開催されるイベント
未来を変えるガールズ・パワー
c0223034_22230761.png
このイベント、たくさんの方に行ってほしいです。
ルワンダの女の子たちとリアルトーク&交流できるチャンスですし、途上国の女の子の現状がわかると思います。
国際ガールズ・デーを前にぜひ。
都内近郊在住の皆さん、渋谷(代官山)にお出かけください〜(^^)



そして、このイベントの翌日
10月10日(祝)は、
今度は私たちジョイセフが、
働く女性のレンタルウェアでおなじみの
EDIST. CLOSETさんにサポートしていただき
国際ガールズデー・チャリティイベント

そごう千葉店で開催することになりました〜〜〜。
c0223034_22251431.jpg
5年も前からずっとジョイセフを応援してくださっている堂珍敦子さんと、
モデルの滝川その美さん、
スタイリストの亀 恭子さん、

このお三方が、ILADY. のアクティビストとして、
トークショーにご登壇くださいます。

同会場では、
土屋アンナさんや鈴木奈々さん、東原亜希さん、スプツニ子さんをはじめとする
約30名のファッションに精通するアクティビストがご提供のアイテムが並ぶチャリティフリーマーケットも実施。
これらの収益が、ジョイセフを通じザンビアの女の子支援に生かされます。


イベントの詳細はこちらのページで❤️ 



私も10日(祝)は、イベント会場にいます。
そごう千葉店に遊びに来てくださいね〜!!



まずは、
国際ガールズデー(10月11日)を知ってください
開発途上国では、多くの女の子が経済的・文化的な理由により学校に通えず、10代での望まない結婚・出産を余儀なくされています。
しかし、適切な教育と支援を受けることができれば、彼女たちの可能性は無限に広がり、未来は大きく変えられます。
こうしたことから、女の子の持つ可能性が注目され、2011年12月、国連が10月11日を「国際ガールズ・デー(International Day of the Girl Child)」と制定しました。


c0223034_22452597.jpg
ネパールの女の子たちが、女性特有の問題で夢を断たれないよう
(人身売買に合わないように、月経中も学校に行けるように、などなど)
さまざまな啓発・教育活動を行うピアエデュケーターのみんなと。
c0223034_22452160.jpg
ザンビアで女の子が望まない妊娠をしないように、そして妊産婦が安全に出産できるように、と
活動しているSMAG(Safe Motherhood Action Group)のクリスティンさんと。








にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2016-10-07 23:27 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(0)