ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
メークがきっかけとなる。ネパールで新しい女の子支援。
昨日のブログに続きましてのご報告。

国際女性デーのタイミングを待って
リリースされたものがもう一つ。


昨年末から始動していた
資生堂インテーグレート(グローバルシスターズプロジェクト) × ジョイセフ

ネパールの女の子支援プログラム

ついにムービーも公開!!





ネパールでは、10代~20代の若い女性たちが、
セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス(SRH)の情報や、サービスを得る機会が多くありません。

男尊女卑の風潮も強く、ジェンダーに基づく暴力ドメスティック・バイオレンス、レイプ、性的暴行、心理的・社会経済的虐待など、社会文化的性差を理由とするあらゆる形態の暴 や、若年結婚、人身売買、望まない妊娠と中絶も大きな問題となっています。
ビデオに出てくる女の子のように「男性に生まれたかった…」と、
女性としての自己肯定感を育むことが難しい女性たちもたくさんいます。
 

現地で活動しているピア・エデュケーターたち(ジョイセフの研修を修了した18〜25歳くらいまでの若者)とともに、
ティーンズを対象にSRH特別クラスを開講しています。
受講する女の子たちが自分の身体や心の健康は自ら守ることができるよう、同時に受講する男の子たちもSRHやジェンダーについて理解を深め、女性のエンパワーメントを後押しできるよう、啓発教育を実施しています。

今回、資生堂インテグレートによる支援で、
対象者を拡大、つまりSRH特別クラスの受講者を増やすことをジョイセフは狙っています。
インテグレートのサポートによる、メーキャップ・レッスンをSRHクラスとセットで開講することで、
これまではSRHに全く興味がなかった女の子たちも、メーキャップ・レッスンをお目当てにクラスに足を運ぶきっかけとなるからです。

c0223034_00295973.jpg
インテーグレートはWHITE RIBBON RUN 2017のメイン会場 タッチアップブースでも物品協賛してくださいました。
写真は、アフターRUNの私(笑)メイクアップアーティストの長井かおりさんにタッチアップしてもらい気分は上々♂。
c0223034_00294398.jpg
↑写真↓は、我が家のご近所、三島市中央町にある資生堂販売店 「LIVE よしだや」 で。
ビューティーアドバイザー大野麻理子ちゃんにワンポイントメーキャップレッスンを受けているところ
c0223034_00294903.jpg
インテグレートのネイル with チャリティーピンキーリングが、超カワイイ!!と大好評でした。


私の周りには、メーク嫌いな友達や
体質的にメークが肌に合わない友達もいるので、
すべての人に、メークしろ〜とオススメすることはありませんがー。

WHITE RIBBON RUN 2017の タッチアップブースの長蛇の列を見る限り、
メーク好きな女性たちが多いなあ。。。と実感します。



メークだけでは、
だれもが変わることはできないけど

メークは、きっかけを与えてくれる。

そして、

時に、一歩踏み出す力を与えてくれる。


ネパールの女の子たちに、きっかけとなる取り組み。

まずは、知って、応援してください❤️

>>詳細はサイトをごらんください〜


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2017-03-10 00:12 | ジョイセフの中、ご紹介 | Comments(0)
国際女性デーに。書こうと思ったことを。
ジョグウェアを着たまま
ミモザの花に囲まれて
サプライズなロゼを片手に
感謝の気持ちいっぱいで終えた
2017年の国際女性デー
c0223034_00024699.jpg
3月8日夜ジョグのゴールは、ミモザの花が飾られているCINQ(笑)
c0223034_00025610.jpg




国際女性デーを、日本で、もっと盛り上げたい!
世界中の女性に思いを馳せる日、世界中が女性に感謝する日。
日本で、ジョイセフが やらなきゃどこがやる?!!!
では、ジョイセフに何ができる??

そんなことをずっとずっと考えた2年前の今日。
なゆさん産んで半年後の育休中でした。



走ろう
自分のために
誰かのために

HiPsの仲間といっしょに満月ジョグで走って
遠方で同じ時間に走っている仲間とFBで画像を送信しあった時に
思いついたのが、

世界と日本中がつながる
女性のためのチャリティラン大会!

そして生まれた
WHITE RIBBON RUN

今年で2回目の開催でした。




↑↑世界各国、日本全国から届いた動画をつなげた総集編。
これをみるとうるうる来てしまう。。。

メイン会場では547名の女性ランナーが、
バーチャルランには日本を含め世界15カ国から、日本国内では39都府県からの参加があり、
合計1800名以上が参加。


私、今、さら〜っと書きましたが、

(驚)
ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ


ホワイトリボンランの趣旨に賛同して、
エントリー(寄付)して、
Tシャツを着て、
走った人が1800人!!!!こんなにもいたなんて!!!


自分が発起人で、
主催者であることすらも
もはや
信じられなくなってきているという状態(汗)


c0223034_00422505.jpg

三島では、HiPsが静岡のバーチャル拠点窓口となりました
c0223034_00422683.jpg
自慢の源兵衛コースです!




2017年のWHITE RIBBON RUN
日本では土日ともにお天気にも恵まれ、全国のバーチャルラン拠点、
どの地域からも笑顔が溢れる画像が届きました。

ランナーはもちろんのこと、関わってくれた全ての人に、
感謝感謝感謝でしかありません。
本当に本当に本当に
ありがとうございました。

ホワイトリボンランは、エントリー費がすべて寄付。
引き続きネパール、ミャンマー、タンザニアで予定どおりの
女性支援活動が実施できるように尽力していきます。




さいごにおまけ。

ご存知の方も多いと思いますが、
昨年末、ジョイセフは、
I LADY. キャンペーンで炎上しました。


>> 朝日新聞に取材された記事を参照ください


I LADY. を立ち上げた私は
フルネームを名指しで出されて叩かれました。
批判ツイートが殺到した時は、
何が起きているのか、状況がつかめなくて混乱していました。

正直、それまでは、
自分がやってきたことに過信があったといってもいいかもしれません。

父の闘病と重なって、心にも体にも余裕がない時期に
顔の見えない匿名のツイートに、私の存在や言動を否定され続けるという
ハラスメントを受けました。
生まれて初めての経験でした。

事実じゃない誤解で情報が塗り替えられて、
そのまま批判され続ける。
苦しく辛かった・・・

直接、ジョイセフや私宛に、面と向かって批判してくる方はゼロ。
ツイッター上で公開で批判やネガティブなツイートをつぶやく人たち複数。
(しかも決まったアカウントの方たち)
そのツイートが鵜呑みにされて
「最悪な団体」「どうかしてる」「騙された」「許せない」
とバッシングツイートが次から次へと重なる・・・

自分の知らなかった世界があることを知りました。

いろんな意味で多くを学びました。
長くなるのでまた別の機会に書きたいと思います。(^^)

I LADY. は、もちろん、今後も続けていきます!
これからどんどん強化していきます。

この国際女性デーの目前に
公式ウェブサイトのコンテンツリニューアルはかりました!

反省に反省を兼ねて、炎上の火種となったところに関しては、
さまざまな方のアドバイスを聞き、スーパーバイザーの監修の元、
コラムもブラッシュアップしました。
今後は頻度を上げて、サイト更新していきます。
ご意見をぜひお寄せください❤️









にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2017-03-09 00:18 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(0)