ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
土日限定主婦!?

土日は家事に張り切る私。
平日の夜が残業続きな私は、相方の帰宅の方が早いことが多い(相方の職場は車で30分のところにある)ので、
平日の食事の支度、風呂&掃除ほとんどの家事は彼任せ。

そのせいかな?
土日は、朝からキッチンに立ちたくなる。。。(笑;)
冷蔵庫の残飯処理メニューを考えて勤しむのが、楽しみな今日この頃です。

写真は、土曜日ブランチメニュー。
エリンギのバター痛め、ピーマンのお浸し、大葉とトマトのマリネ、もやしと葱の胡麻油炒め、納豆、黒米入りご飯、豆腐のみそ汁

-----
# by joi_micchi | 2006-05-20 13:13 | 妻モード(事実婚、別姓も) | Comments(0)
5/18 『世界中のお母さんを笑顔にしよう〜!』母の日カフェイベント


今年の母の日、みんなはどんな風に過ごしたのでしょう・・・?

ミッチは、張り切って仕事してましたよー。

なんで??って?

ミッチの勤めるジョイセフの大きな活動の一つに、途上国の妊産婦の命を救う活動があります。
母の日といったら、去年の愛・地球博でも、母の日イベントを盛大に行ったところ。
今年も、何かしたい(しなければ・・・?)・・・・
そんな期待?とプレッシャーの中で、5月14日(日)母の日当日にイベントを行うことにしました。

イベントと言っても、今年はジョイセフらしからぬ?カフェでのイベント。

場所は有楽町の西武デパート8階にあるエキサイト・ウーマン・カフェ。
そう、ここはインターネットのポータルサイト、エキサイトが運営するブロードバンドカフェ。
赤のイスとシルバーのテーブルで、明るくスタイリッシュにデザインされていて、待ち合わせするカップルや、調べ物をする会社員でいつも賑わう所です。


カフェという場所で行うのももちろんだけど、
このようなアットホームなイベントを行うのはジョイセフにとって初の試み。
だから、ミッチはこの企画にある種「挑戦」的な思いで臨みました。
間仕切りのないオープンスペースのカフェで、くつろぎながらお話をしたい、母の日だからこそ途上国で命を落とすお母さんたちに思いを馳せてほしい……そんな願いを込めての企画でした。


あなたはどこで生まれましたか?

病院ですか?

助産院ですか?

それとも・・・?



限られたスペースなので、すぐに席は満席に・・・
たくさんの人に参加していただきました。

ゲストスピーカーは、ジャーナリストとして活躍する傍ら中学1年生の息子さんをもつ田島三斗美さん。
ジョイセフのスタッフで3人の娘をもつリサさんと、お母さん同士のトークショーを展開。

田島さんは
「日本の出産現場は、妊産婦である女性が病院にコントロールされすぎなんですよね。私の知り合いの病院では、医師の都合で木曜日と日曜日に陣痛促進剤を打たれ産ませるとか・・・。女性が自分のからだのことは、自分で決められる世の中には、まだ完全になっていないようですね。」
と話をし、それに比べ途上国は・・・??とリサさんに質問。

「病院もなく、助産師さんもいない村で子どもを産む女性がいます。お産は不浄のものだと言われ、明かりを通す窓もない暗い土間で、非衛生なガラスの破片や石でへその緒を切っているところもあるんですよ。」というリサさんの話に、会場がざわめきました。

妊娠中でも頭の上にバケツを乗せ、重い水運びの家事を強いられるアフリカのお母さんや、1年おきに子どもを産み続け20代で子ども5人のお母さんの写真を見て、ショックを隠せない参加者も多かったようです。

妊娠や出産が原因で亡くなる女性は、世界で52万人にものぼる。
私がこうしてブログを書いている間にも、「1分に1人」の割合でお母さんが亡くなっている・・・

本当にいつ何度聞いても、胸が苦しくなる話です。


この白いカーネーションは亡くなったお母さんへの追悼の気持ちを込めて飾りました。
-----
BODY
# by joi_micchi | 2006-05-17 17:38 | home | Comments(0)
ミッチとピル(低容量経口避妊薬)。
私がピル(低容量経口避妊薬)を飲み始めたのは、ちょうど2年前。
私の場合、ピルの服用のきっかけは、避妊が目的じゃなくって、
30歳になった自分のからだとうまく付き合っていくため、でした。

月経前の肩こりや頭痛、月経痛が、28歳を過ぎたあたりから年々ひどくなって、
仕事にも支障を来たすほどになっていた時に、職場の先輩に相談したら、
「ピルを飲んでみたら?」と勧められたのです。

「ん?ピルって副作用とかは大丈夫なのかねぇ・・・??」
と、最初はかなり戸惑いましたが、それから、レディースクリニックに行って相談したり、
文献を調べたりして、ピルは単なる避妊薬ではない、副作用も日本の場合は低容量なので、女性週刊紙や巷で騒がれているようなものはなく、これはほとんどが偏見・誤解である、ということを知りました。
(女性側の避妊薬が流行らないのは、日本人ならではの気質にも原因がありそうですね。)

それでも、私もやはり、服用し始めのころは、やはり多少の緊張感がありました。
が、実際に、2年続けて服用してみて、
私の場合は、不都合のところはなく、とても満足しています。
月経痛も軽減されるだけでなく、月経前の肩こりやイライラもなくなったのには驚いています。
これから、おそらく、子どもがほしいと思えるときまで服用を続けたいと思っています。

毎月かかる費用は、私のクリニックは、1ヶ月1シート(21粒分)1680円。
3〜4ヶ月に一度クリニックで診察してもらい、まとめて3-4シートもらっています。
ピルは保険がきかないので、この値段もクリニックによってさまざまみたいです。

参考情報までに、これまでの経験や、文献で調べた情報をここに載せておきますね。
■ピルによる避妊効果以外のメリット■

1. 月経痛の軽減
ピルを飲んでいてもみかけ上の生理、消退出血はあります。しかし、出血量は少なく子宮収縮が抑えられるので痛みが軽減します。

2. 月経不順の改善
ピルにより生理の周期がきちんと28日で整います。

3. 月経前症候群の軽減
生理前にイライラする、落ち込むなどの症状を軽減できます。

4. 月経過多の軽減
ピルにより子宮内膜の増殖が抑えられ出血も軽減、貧血も改善されます。

5. 子宮内膜症のリスクの低下
ホルモン状態が安定し、子宮内膜の増殖が抑えられるからです。

6. 不妊症の予防
不妊の原因となる卵管炎、骨盤内腹膜炎が予防できるからとされています。また、ピルにより子宮頚管粘液の状態が変化して細菌やウィルスが子宮内に入りにくいといわれています。

7. 子宮体ガンと卵巣ガンの予防
ピルにより排卵が抑制されているので卵巣に傷ができにくかったり、ピルに含まれる黄体ホルモンが子宮内膜を保護するといわれています。

8. にきびの改善など
ピルに含まれる女性ホルモンがにきびの原因となる男性ホルモンのはたらきを抑えてにきびを改善します。

-----
BODY
# by joi_micchi | 2006-05-09 11:27 | home | Comments(0)
アフガンの子どもたちへランドセルを贈るために〜
4/22横浜倉庫にボランティア作業に行ってきましたー。
うちのNGOが3年前からやっている、使用済みランドセルをアフガニスタンの子どもたちに贈る活動、そのための輸送準備作業といいますか。
今日は、全国から送られてきたおおよそ8000個
の使用済みランドセルの検品〜梱包の作業のために、70名ほどのボランティアが集って作業を行いました。

このランドセルを贈る活動の窓口を勤めるのが、職場の中でも超親しい同僚でありかわいい妹分のWakaであったりするので、日ごろからWakaがこのプロジェクトに尽力しているのをよく知る私は、彼女の応援をーと、うちのグループの同僚にも声をかけ、朝からはりきって参加しました。

今回私がお手伝いした作業は、
検品後良品だと判断されたランドセル(写真左から2番目)を、6個ずつダンボールに梱包する作業。
良品というのは、金具やベルトが壊れていないかがチェックされて問題なかったものです。
また、アフガニスタンはイスラム教圏なので、豚革は×。
一部、ランドセルのふたの裏地に豚革が使われているものもある、とのことで、その辺りも念入りにチェックがされます。
(裏地が豚革だと判断されたものは、アフガニスタンではなく、モンゴルの子どもたちに贈られます。)

作業は10時にスタートし、
50分作業、10分休憩といった、とても効率的なインターバルで続行。
このペースが、人間のマックスな力が存続するやり方らしく、さすが大手企業の成す業。
あれよあれよというまに、8000個のランドセルの検品〜梱包作業が終わりました。
このうち、アフガニスタンに贈られるのは6822個。(スバラシイ!!)

去年の9月に、実際にランドセルがアフガニスタンの子どもたちに届くのを見届けようと取材に行った内堀たけし写真家も、本日の作業に参加してくれて、彼が撮影したアフガニスタンの子どもたちの写真もいくつか持ってきてくれました。
そんな写真を見てたら、「この子達のために今日はがんばるぞー!」って気持ちが一気に湧いてきて、子どもたちの喜ぶ顔を思い浮かべては、作業に拍車がかかり。。。
こんなに気持ちが温かくなる作業は久々。
私たちの仕事、本当にいいことやってんじゃん!って
見直すこともできた一日でした。

天気もよかったし、いろんな人と出会えたし、
本当にすがすがしい一日だったなー(^0^)

-----
BODY
# by joi_micchi | 2006-04-30 18:32 | home | Comments(0)
相方も32歳に〜!
誕生日がちょうど一週間違いな私たち夫妻。

今週は連休前の月末で、仕事もかんなり忙しくて泣きそうなくらい終電が続いてたんだけど、なんとか約束通り誕生日祝杯を一緒にあげることができましたー。

今日は相方リクエストで
「東海苑」に決定。

ここに来ると必ず2人前オーダーするレバ刺しは、相変わらずプリップリの新鮮で、口の中でとろけましたー(^^)
コレを味わえるときの贅沢極まりない気持ち。
「生きてて申し訳ない・・・お母さん産んでくれてありがとうー」って気持ちになる。(笑;)
なんという幸せものなんだ。。。私は。。。。

まぁまぁそれはさておき、
相方の誕生日だというのに、
今日はほとんど私の仕事の愚痴をたっぷり聞いてもらっちゃいました。
私の顔が「疲労困憊している顔」だったから、
相方にも日頃仕事での私が感じている痛みが一目瞭然だったんでしょう。。。

本当に今、辛いんですぅ。。。
仕事。

思うように進むことが一つもなくて。
この状況を察してくれている人は、いるんだろうか・・・

せめてこのブログを書くときくらいは、忘れたいので、
この疲労困憊のわけは、もう少し目処がついて私に余裕ができてから書きたいと思います。

「相方くん〜
32歳オメデトウ〜!!!
これからもずっと、よろしゅうね!(^0^;)」

-----
BODY
# by joi_micchi | 2006-04-26 23:27 | home | Comments(0)
ミッチ32歳のバースデーです!!
今日は、ミッチの誕生日。
いままでで最高にうれしかった誕生日プレゼントが2つ届きました。
届いたーといっても、メールでの吉報です。

まずは、親友KURUが、なんと本日病院にて、妊娠発覚(おめでた確定!)!!(^0^)
15歳の頃から、お互いのリプロダクティブ・ヘルス/ライツについて語ってきた仲だけに、うれしさ・感動は一入!!
KURUの場合、10代の頃から自分のからだのこと、自身が一番疑心をもってたので、喜びは倍増していると思う。
どちらかというと、「まさか、自分が〜」と、最初は驚いた様子だったけども、この妊娠で今までの少なからずとももち続けてた不安は解消!!
私まで、うれしさあまりうるうる来ちゃいましたー(:;)

続いて、吉報第二報。
私の昔の前職(大学)でお世話をしていた子(当時学生だった)夫妻に、男の子誕生!!
なんと私と同じお誕生日!!!

自分の誕生日に、「生命の誕生(受胎&出産)」の吉報が2度も聞けるなんて、なんて私は幸せなやつなんだー!!!

おぉ〜〜〜スゴイスゴイ!!
確実に第3次ベビーブームが来てるよーー!!?

それを聞いた相方も、ビックリ大喜びで。
これは、もしや私たち夫妻に対する神の思し召しか・・・と思われる・・・と
考えてしまうくらい、タイムリー過ぎ!!
妊娠・出産のことって、やっぱりどっかで不安を隠せないところがあったけど、こうやって、周りからのうれしい報告が入ってくることで
妊娠することが、だんだん楽しみになってきている私たちカップルでありますぅ。。。
自分の気持ち、子どもを持つことへの決断の要素になっていますね。

やっぱり、家族ぐるみの付き合いを楽しむには、
せっかくだし、子どもの年齢もあまり差がないほうがよいだろうしねー。
いろんな意味で、身近な相談や情報交換もできそうだしねー。

っというような話を相方とワインで祝杯あげながら盛り上がりました。

気分よく酔う中、、、、

「二人の時間は限られている」
ということを身にしみて感じた私たち。
こうやって二人っきりで、誰にも干渉されず、自由気ままに酔いしれる時間をしばらくの間は、じっくりと堪能していきたい〜!
と新たな決意に至ったミッチでした。

32回目の誕生日。
この上なく、HOTでラブリーな一日でした(^0^)
-----
BODY
# by joi_micchi | 2006-04-19 20:17 | home | Comments(0)
子どもはいつ産む??



今日は、同僚Aちゃん(入社はミッチよりも先輩だけど、同い年。)と久々の「三十路会」。
ずーっと、やろうやろうと言ってたんだけど、お互い所属するグループが別々で、彼女は海外出張が多いグループに属しているのでなかなかタイミング合わず・・・
今日、こんな風にゆっくり二人で飲み語りできるのは本当に久しぶりで。ちょっぴりワクワクしてましたー。



-----
BODY
せっかくだし、野菜もたっぷり取れるヘルシーなところがいいねぇ〜ってことで、お店は有楽町にある
おばんざい「なつめ」。
京都に居た頃は、ランチでしょっちゅうおばんざいバイキングに行っていたくらい、おばんざい好きな私がセレクトしました。


Aちゃんは、アメリカに居た学生時代の頃から付き合っていた彼と同棲を経て2年前の夏に結婚。
去年、夫さんのお母さんが亡くなったりして、結婚して2年というのにすでに修羅場を経験済。
お互い長男の妻(嫁?)ということもあって、話は、一気にそれぞれの家事情の話になり、共感できるとこが多分にあって盛り上がりましたー。

んで。
本題は、
「子どもいつ産むか?」
という話。去年から、二人で、
「32歳でー」
「33歳までにー」
「34歳にはー」と、
そんな会話をしててどんどん遠ざかっている私たち。。(^^;;)

仕事だけじゃなく、プライベートな時間などいろんなバランスを考えてしまう私たちは、どうしても「まだ今じゃない!」という結論を出してしまう。。。
実は、仕事がそんなに大事なわけではない。
でも、せっかくだし、比較的融通の利きそうな今の職場に居る間に「産休」「育児休暇」を取りたい気持ちは共通。
でも、子どもを産んだら居間の職場で働き続けることがベターだな、ってこともうすうすは察しているわけで。。。

ただAちゃんの場合、(子どもを産んだら)海外出張が多い部署では、今のような生活スタイルは続けていけないだろうな。。。という懸念材料もあり、なんともまぁ…今の私たちには堂々巡りな話なのであります。

子どもがいる自分自身を想像ができないだけに、かといって、仕事上は、2-3年先を見越して、いろんなプロジェクトに取り組んでいるわけで。。。
日々刻々と新しいことを始めようとしている私の広報担当部署は、
私が休んでいるときには、誰がこの担当を・・・(止まってしまうのか??)
と、
どうしても考えざるを得ない。
こういうこと考えるから、子ども産めないのか・・・
ここまで考える必要はないのか??
みんなどうしているのだろう・・・

ほんとワークバランス、ライフバランスって難しいよ。。。
私たちのリプロダクティブ・ヘルス/ライツはいづこ???
# by joi_micchi | 2006-04-13 00:13 | home | Comments(0)
結婚してみて・・・
「結婚してみて、何が変わった??」

と最近よく聞かれます。

う~~ん。。。

-----

返答にいつも困ってしまう。。。
確かに、式を挙げたり、公式に結婚宣言をしたのは1ヶ月前だけども、一年前から一緒に暮らしているし、苗字も仕事も変わらないしねぇ・・・


強いて言えば、なんでしょうか。
やっぱり、自分の中にドシッとした安定感が生まれた、というか。
絶対的な味方ができたという強みでしょうかねぇ。。。
心強さは確実に増した感はあります。
よく、男の先輩や友達が「結婚して早く落ち着きたい・・・」言っていた意味がすごくよくわかる気がします。

これが、落ち着く、という意味なのだー。。。と。


私たち夫妻の場合は、新居購入→同居生活からスタートしたものの、やはり式を挙げるまでは、公的にも夫妻って名乗れなかったのもあって、友達の挙式に二人で呼ばれても、祝儀袋は二つ用意したし(引き出物も二人分別世帯として用意させちゃったし。)、年賀状も同じ住所から二人別個に出したし(友人にも、二人別個宛てに出させちゃったし。)、また引越しや、式の準備なども一気に重なってて、非日常事態が一年間続いてきたような感じがしてたなぁ。。。と。

挙式後一ヶ月が経って、いま私が思うことは、
いろんなことが一挙にリセットかかって
新たに、心機一転、何か新しいことを始めたい~~!って気持ちになっています。

たとえば、習い事だったり、友達との旅行の企画など、
独身時代ではなかった環境や発想の中、新たな気持ちで企画したい~!とうずうずしている私です。

結婚→妊娠→出産

っていうイベントを、トントントンと
短期間で迎える友達が増えているからこそ、

「今しかできないことをやって行こう!」

っていう気持ちが確実に増してます。
# by joi_micchi | 2006-03-20 20:15 | 妻モード(事実婚、別姓も) | Comments(0)
ミッチ、結婚しましたー!


ついに、無事結婚式を挙げました。

2月18日(土)
中伊豆にあるワイナリーにて。

なぜ、ここで式を挙げたかというと・・・
2人とも小さい頃から富士山を眺めて育ったことから、
富士山が見える場所で~という、意見が一致したこと。
それから、2人ともワイン好きだったから。(^^;;)


ミッチの相方(K)は、同い年の31歳。
お互い長男長女、そして、相方は家業を継ぐ身、私は二人姉妹で実家は古くから続く本家なので、
互いの姓に対する執着(愛着?)もあり、
結婚届を出さない「夫婦別姓」・・・つまり事実婚を選択することにしました。

幸いにも、両家の両親、親友、親族、みんなに快諾&祝福していただきました。

これから、2人で力を合わせて、
楽しく、さらにいっそうパワーアップしてまいります!!

ブログでは、ミッチのライフもろもろ語って行きたいと思いま~す!ヨロシクお願いします(^0^)

-----
# by joi_micchi | 2006-02-19 12:07 | 妻モード(事実婚、別姓も) | Comments(0)