ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
タグ:夫婦別姓 ( 17 ) タグの人気記事
我が家が取材を受ける理由。本日、夫婦別姓訴訟、いよいよ最高裁へ
夫婦別姓訴訟の大法廷弁論が、本日14時から開催されます。

私も午後は半休をとって傍聴できたら、、、と考えているのですが、
傍聴希望者が多そうなので、抽選になる可能性大。
うまいこと中に入れるといいですが、、、


最高裁で夫婦別姓について違憲かどうか審議されることが決まってから、
我が家は取材依頼を受けることが多くなりました。


私が取材を受ける理由はたった1つ。
c0223034_09043621.jpg


私たち事実婚夫婦・家族の
ありのままを見てほしいから


です。


ある知人から

そんなに

テレビに

出たいのぉ?



と聞かれて、びっくり爆笑!!!

おいおいっ、
そんな風に思われちゃっているのか〜〜(笑)

ま、他人にどう思われているのかって、
私は、あまり普段から気にしていないんだけども

夫婦別姓に対するネガティブな世間の声、
特に、

家族の絆が薄れる

伝統的な家族が崩壊する

という声が多いことには、

なにをもって、
そんなデタラメや、
思い込みを、
決めつけて言ってくれるのだ〜〜!!と正直、悲しくなります。

インターネット上のカキコミでも

夫婦別姓は反日!日本を崩壊する反日は、

とっとと日本から出ていけー!

とまで書かれたことがあり、
楽天家の私も、このツイートを見つけた時には、
落胆のあまりブラウザを閉じました(^^;)



どうしてこんな風に書かれてしまうんだろう・・・

夫婦別姓を強制してくれだなんて誰も言っていないのに。
夫婦同姓の家族を否定したこともないのに。
夫婦同姓か別姓かを、選べるようにしてほしい、ただそれだけなのに。


と、

悩んでいても何もはじまらない。。。

それなら、私たちが
ごくごく一般によくある仲良し家族であることを見せて、
少しでも、この夫婦別姓に対する誤解を払拭できたら・・・


と考え直して即実行!

我が家に依頼が入った取材は、
物理的に不可能な場合を除き、
すべて快諾するようにしています。

それを、両家の両親にも、
職場にも理解を求め、できる限りの協力をしてもらっています。


ただ、どのメディアも、

「事実婚で、何か困っていることはないですか?」

「今、夫婦別姓が認められなくて悩んでいることは?障害は?」

と、ネガティブな質問ばかり聞いてくるので(笑)
あまりこれといった壁に直面していない我が家の場合は、
聞かれても、ネガティブなことを答えないので、
メディア的なネタとしては、ちょっとつまらないのかもしれないですが・・・

私たちが、なんの問題もなく今、
家族4人で日常生活がごく普通に送れているということを、
一人でも多くの人に、
特に、これから結婚したいカップルに見て
知ってもらえたらと。

別姓(事実婚)=困難だらけ

という先入観(イメージ)が払拭され、
結婚へのハードルを下げることができたら本望。


ということで、
我が家が取材を受けた時の映像が
今日11月4日の夕方から夜にかけて、放送される下記の番組にて放送されます。

c0223034_10245606.jpg

NHK総合
午後4時50分~午後6時10分 
「ニュースシブ5時」
c0223034_10251302.jpg

静岡第一テレビ
午後6時15分〜午後7時
「news every.しずおか」



お時間ご都合のつく方ぜひ、ご覧くださいね〜〜!
感想もぜひぜひ聞かせてください〜〜〜(^^)

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2015-11-04 08:47 | 妻モード(事実婚、別姓も) | Comments(1)
夫婦別姓と憲法判断。 朝日新聞にて
「何もなければ、10日の朝刊に掲載される予定です〜」

朝日新聞の田中さんから、連絡いただきました。


先日、我が家が取材された記事が、ついに。

c0223034_2295874.jpg

取材に答えるkina姉・・・

掲載される日わかったら教えて〜と何人かの友達に言われていたので、
ブログでもお知らせしますね〜。


ついでに今日は、

事実婚  夫婦別姓

関連のの私のぼやきを書きます。


私たち夫妻のように、
別姓をポジティブに選択して事実婚していると、



「この反日め!消えろ!日本の恥だ!」

「家族バラバラで子どもがかわいそうだ!」

と、けっこう激しいツイートを直接受けることあります。



反日って、何ですかね??

What is the HAN-NICHI?




c0223034_220174.jpg




ただ、いつも不思議に思うのは、
こういうツイートやコメントしてくる人たちは、

どうして、
他人の夫婦のことがここまで気になるのか??



ここまで別姓に執着する理由はなに?

と。

とにかく、ものすごく不可解なのです。。。

こうして、私のつぶやきを逐一チェックしている人たちは、
どんな生活している人たちなんだろう・・・

と、個人的にものすごく気になっています。

世界では今、
夫婦同姓を強制するのは、日本の1カ国だけです。
(逆に、韓国は別姓を強制しているわけですが・・・)



夫婦別姓を選択している人たち、
つまり事実婚をしている人たちは、
別姓を強制してほしいなんて、一ミクロも思っていません。

ですが、
別姓を選べるように選択肢の1つとして法律で認めてほしい、と願っています。


近々、最高裁で、
 夫婦別姓を認めないことと、女性の再婚禁止期間を定めた民法の規定が、
憲法に違反するかどうかが審理されます。


ん??よくわからない・・・何が問題とされているの??

という方のために、解りやすい動画があったので、シェアしますね。
深澤真紀×眞鍋かをり×大竹まこと:夫婦別姓の憲法判断






朝日新聞がこの4〜5月に実施したWEBアンケート調査結果
>> 夫婦別姓、どう考える?
みんなの意見 818票 を読むと、
確実に、私たちが事実婚を始めた10年前とは意識が変わってきているな〜
多様性を求める声が増えているな〜
と感じました。
反面、男性の反対意見(よくない、と思っている)の人の理由は、
昔とまったく変わらずで、思わず失笑してしまった私。


最高裁で、もし

違憲じゃない

という結果になった時、
このみんなの意見にも影響があるのかな??

いままで事実婚していて、あまり不自由を感じたことがなかった私たち夫妻も、
肩身狭い思いをする新しい風土ができるのだけは嫌だな〜
と、少しばかりの不安も感じる今日この頃です。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2015-06-10 02:28 | 妻モード(事実婚、別姓も) | Comments(6)
第二子も、胎児の「認知届」を出しました〜
そういえば!!!

ブログに書きそびれておりましたが、
先月末に、「胎児認知」のために、夫と一緒に市役所に行って「認知届」を出してきました。

そうです。
私たち夫妻にとっては、2度目の胎児認知。
6年前のことなので、
どんな用紙に何を書いて、どういう手順で何をしたのか、、、
もうすっかり忘れちゃってました(^^;)


だから、私の記憶が鮮明のうちに、
これから事実婚を選択しようとしている方、
もしくは、すでに事実婚で妊娠をそろそろ・・・と考えている方に
ちょっとでもご参考になればと思い、記録しておきますね。



なぜ、わざわざ胎児認知をするのか?


子がまだ生まれていない妊娠中に「認知」しておく大きな理由は、
この「認知届」を出しておけば、
子が生まれた時の「出生届」に、父親の名前が書けるから
なのです。
認知してないと、私たちのような事実婚の場合、
出生届の父の欄は空欄になります。
なんかそれだけは嫌だなぁ〜と思ったので、我が家の場合は迷わず認知届をだすことにしました。




「胎児認知をしたいので、認知届けを出します」

と夫が市役所の窓口で言うと、
担当窓口職員の方が、
横長のマニュアルを引っ張り出してきて、

c0223034_2351170.jpg



「どうぞおかけください。こちらの見本を見ながら1つ1つやりましょう」

(前回のときもたしか、こんな感じだったな。。。と懐かしく思い出しました)



私たちが椅子に座るやいなや、

「えっと、お父さんが外国籍の方?お母さんが外国籍の方? お母さんの本籍は、ここ三島市ですか?」

と、その職員の人に聴かれて(@。@;;)


「えっ???どちらも日本人ですが。そして、どちらも同じとこに住んでいるのでココが本籍地です」

と、
ちょっとムッとして応えた夫。
(相変わらず、そんな一言でいちいちムッとする子どもみたいな夫に、思わずププッと吹き出し笑ってしまった私・・・^^;)



ま、なんで私たちがこんなことを聴かれたかは、容易に想像できました。
たとえば、父親が日本国籍、母親が外国籍の場合には、
子が日本国籍を取得するのに胎児認知は重要な意味を持つので、
きっと、胎児認知をしに市役所に訪れるのは、
こうした夫妻のどちらかが外国籍のカップルに多いんだろうな〜っと。
我が家のように別姓目的で事実婚しているカップル、この市でも増えてきていると聴きますが、まだまだレアケースなんでしょうね。

それでも、市役所の窓口は、
6年前の時より、ずいぶんと変わったと思います。
このレアケースに対して歓迎モードといいますか、嫌な顔一つせずに丁寧にご対応くださいました。



胎児認知の場合は、
子の母親の本籍のある市役所で「認知届」を提出しなくてはなりません。

届出の際に必要なものは、

・認知届書1通、
・印鑑
・認知する父の戸籍謄本1通
(認知される子の母と同一区市町村の場合は不要なので、我が家の場合も不要でした)


届出人は、認知する「父」 に限られます。


ということで、
届け人である夫が、
マニュアルの見本通りに、認知届の用紙に書き出していきました。

c0223034_23102655.jpg



胎児には氏名も住所もないので、
氏名欄に「胎児」とだけ書き、
性別・生年月日・住所・本籍は空欄にします。


氏の欄に
名の欄に

って書くんですよΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

胎児は母親の子宮の中なので、住所も本籍もありません(笑)
胎児認知ならではのオモシロイとこですよね〜(^ー゜)



認知の種別の欄には「任意認知」にチェック。

そして、
「その他」の欄の「胎児を認知する」にチェックをします。


そして、最後に。
胎児認知には認知される子の母の承諾、つまり私のサイン(署名)が必要。

見本通りに書いて、
認知届の「その他」欄に
「この届出を承諾する」と私が書き、
私の署名・捺印をしました。

こんな形で
認知届を無事提出。
所要時間、正味15分くらいだったかな?


その数日後、
私たち家族は、NHKの取材を受けました。
現在の高校生向けに、多様な「結婚」の形を伝える番組を制作したい・・・と
ディレクターの意図に賛同し、快諾しました。
法律婚にとらわれず、明るくポジティブな事実婚を選んでいる家庭を捜していたとのこと。
このブログで、私たち家族を見つけて、
「取材したい!」と思ってくれたらしい(笑)

ディレクターの末冨さんは、
初めてお会いしたとき、すでに私たちの家族のこと熟知してくれていたこともあり、また彼女がこの番組にかける思い
「高校生に、結婚に対して明るくイメージができるように。そして、結婚は人それぞれなんだ、1つの形に縛られなくてもいいんだよ、もっとたくさん選択があるんだよ、と知らせたい。高校生の頃から、現状を知って、自分に合う結婚の形、家族の形を見つけていく準備をしてほしい」

という熱い気持ちに共感し、
すぐに意気投合しました(^c^;;)


c0223034_23225665.jpg

テーマとまったく関係ないと思うんだけど、なぜかキッチンに立つ夫を撮影したがるカメラマン。。。こういうシーンはかつて別の取材でも何度か撮られていますが、その度に夫の株は上がり、私の株は下がる一方(--;)怠慢母親のレッテルをこれ以上張られるのは勘弁だ〜〜〜っ(汗)

2時間くらい、夫妻でソファに座って、カメラの前で延々
なぜ事実婚にいたったのか〜、今不都合なことはないか〜という話を
インタビューを受けたあと、


最後に

「いま、この人と結婚して良かったと思いますか?」

と、唐突な質問が来たときは、
かなり無茶ぶりだろ〜って思いましたが(笑)
YESと答えるしか選択肢はないでしょ〜〜って
ツッコミ入れながら照れ回答しました。

家族3人で、しかも我が家にて、取材を受けられたことは、大変良い記念になりました。

この収録のVは、
2014年度〜3年間に渡って繰り返し放送される
NHK 高校講座 家庭総合 で、放映されることになります。
私たちが登場するのは、5月15日の回。

どんな風に編集されてON-AIRされうのか、
今からドキドキワクワクです・・・(^v^)


私も夫も、この今の事実婚の形をすごく気に入っている、と言いますか、
この形が、自分たち夫妻にぴったり〜と思っているので、

「同姓強制しか選択肢がない現行の法律に添えなくて、結婚できなくて悩んでいる・・・というカップルには、こんな形もあるんだよ〜と、ぜひお薦めしたいです〜」

と最後は2人揃って
閉めの言葉?でまとめさせていただきましたよんっ(^v^)


よかったら、5月、高校講座ご覧ください♡

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-03-14 22:08 | 妊婦モード(妊娠記録) | Comments(0)
新年早々「事実婚」記事でパワーをチャージ!
今日は、2014年初仕事dayでした〜。

正月休み&連日お泊まりで、
生活のリズムが完全に狂ってしまったムスメ。
朝起きるときは、相当眠そうで、機嫌最悪!
口を尖らせて超ぶーたれていましたが
保育園着くやいなや、みんなと遊びたくてうずうずし出し、
笑みが隠せない様子でした〜(笑)
c0223034_0494565.jpg


そんなムスメは、
今年初登園で張り切りすぎたのか、
園から帰ると夕寝をしたという。

そのせいで、
21時というのに、目がぱっちり冴え冴えで
「ハハ、女子会しながらスマスマ見よ〜っ!」
って云いながら
c0223034_054080.jpg

私の好きな手抜きおつまみ(よ〜くわかってます・・・笑)、
c0223034_165730.jpg

納豆をまぜまぜして韓国海苔で巻いてくれました〜(^c^;)


というわけで、
まだ完全にいつもの平日が戻っていない我が家です。。。


職場では、
今日は朝から、同じビルで働く姉妹団体の人たちや
ジョイセフの先輩や同僚から

「東京新聞見たよ〜〜!!」

と言われ続けました(^^;)

たくさんの方々が、読んでくださってる。
そして、大変うれしい感想、励ましの言葉を言ってくださいました。

私のFacebookでも、かなりのポジティブなコメントをいただき、
こんなにも、多くの方々より、
事実婚に対する賛同が得られるとは、
10年前とは確実に変わっている(少なくとも私のまわりでは・・・)と体感しました。
国も法も一向に変わる様子がなくとも、
この変化を体感できたことが
本当に、本当にうれしい!!!
O(≧▽≦)O


東京新聞に掲載された記事は、オンラインでも紹介されています。
>> 「家族」になる(3)事実婚の選択 どちらの家も大事だから

こちらのオンラインの記事の「おすすめ」(Facebook いいね!の数)が、
200を超えていることにもびっくり!!!
c0223034_1292134.png



私たち夫妻にとって大変励みとなる、
そして揺るがない自信につながる経験をさせていただけたこと、
心から取材してくださった東京新聞(中日新聞)の加藤木さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな加藤木さんから、

「別姓を貫け、通称名使用の煩わしさもない事実婚の皆さまが増えること、それが法改正につながることなどを祈念しています。今後も後方支援をさせてくださいませ」

と本日、温かいメッセージをいただきました。
感涙m(;∇;)m





私たちのような事実婚のカップルの他にも
今回の東京新聞・中日新聞の
暮らし欄 新春企画 「家族」になる の連載では多種多様のカップル、家族のケースが紹介されています。
ぜひこちらの連載記事を読んでいただきたい。


多様なかたち認めよう 「家族難民」あふれさせるな/山田昌弘教授

「家族」になる(1)シニアの婚活 計144歳「毎日惚れ直す」

「家族」になる(2)古民家で里親 「大丈夫だよ」伝えたくて

「家族」になる(4)シングルママ友 携えた手 大きな輪に

「家族」になる(5)性別を超えて 折れない真っすぐな矢


従来の「男(夫)が主となって家族を養う」という家族形態が難しくなっている今、
国も、少子化対策を何よりも優先して考えているのであれば、
多種多様な家族のあり方をまずは容認してほしいな・・・と
この連載を読んで今、願いはさらに強くなった私。

新年早々、この事実婚記事にて思わぬうれしい反響をいただき、
強力な自信とパワーをチャージいたしましたっ!

2014年はこのまま、ノリノリで(笑)走らせていただきまっす(^0^)

そして、事実婚のことも、実践者の1人として、
これまで同様に、いつでもどこでも、
「私のまんま」を語っていこうと思います♪
みなさん、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします!!!(●⌒∇⌒●)


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2014-01-06 23:02 | 妻モード(事実婚、別姓も) | Comments(2)
夫婦別姓訴訟、原告側請求を棄却。で、事実婚の私が感じること。
今日の午後、HiPsの今後について共同代表のやっこちゃんと相談している時、
ミッチの電話が鳴りました。


「テレ朝、報道ステーションですけど・・・ミッチさんの携帯ですか?」


おっ、土曜日のTICADサイドイベントの取材の件だな、

と、ビビッと来た私は、

「ハイ。土曜日の件ですね?」

と即答すると、、、、


「えっと、今日の夫婦別姓訴訟の件で、ぜひ取材に応じていただきたいのですが・・・」


と返され、



「はっ?!!!!!w(゚o゚*)w
 そ、そっちですか?!! あっ、いいですよ。。。。


意表を突かれを突かれ、おどおどと応じた私。

どうやら、「別姓」で検索して、私のブログがヒットし、
ジョイセフ勤務ということがわかり、
 → ジョイセフに電話
 → 私の携帯電話を聴いた・・・
とか。


結論から言うと、
今夜、自宅(我が家)に訪問して、
私たち夫妻を密着取材したいという依頼には、
あまりに急過ぎて、夜の予定もあったし、お断りしてしまったのだけど、
電話で、いくつかの質問を受けたわけです。



「なぜ夫婦別姓なんですか?」

・・・長男長女のカップルだったから。
私自身が旧家の出身で、幼い頃から祖父母から婿養子を期待されていた。
私の家は私が守るという強い気持ちがあって、
姓を変えたくなかったし、とはいえ、家業を継いでいる長男の夫に姓を変えてもらうのはすごく抵抗があったので・・・





「事実婚をしているのは、別姓を貫きたかったからですか?」

・・・ハイ。それ以上でもそれ以下もありません。



「夫婦別姓をしていて不都合なことはありますか?」

・・・今のところ、我が家は共働きなので、普通に生活している分には不都合なことは無いです。
これまでにあったのは、唯一、生命保険などの受取人になりにくいということかな〜。
私の場合は事実婚なので、職場の(戸籍上は改姓したけど)旧姓使用をしている同僚よりは、
楽してる、得していることの方が多いと感じます。
両家の両親もフェア(対等)な関係で、持ちつ持たれつでとても良好ですしね。




「その唯一の不都合な生命保険などの受取人は、どうされています?」

・・・基本、面倒なことは出来る限り避けたいので、お互いの保険の受取人は、娘になっています。
娘は私の姓ですが、夫の戸籍にも「子」として娘の名前が明記されていますから。




「夫婦であることの証明を求められた時はどうします?」

・・・住民票を見せますね。
同じ世帯で暮らしていることがわかりますので。
たいてい、携帯電話などの家族割引適用は、それで問題なく許可されますから。



「今日の訴訟、原告側の請求を棄却という結果を聴いて、どう思われます?」

・・・とてもザンネンですが、正直なんとなく予測はしていました。
今の日本は、アンチ別姓なんで。やっぱりね、って感じでした。




「同姓を強制されることでアイデンティティが奪われるという原告側の意見に対して、どう思われます?」

・・・それは、その通りだと思います。
だから、私は、事実婚を選んでいるわけなんで。
事実婚を選んだ私は、姓を変えていないので、アイデンティティが奪われたことはないので、原告側の悲痛の思いを体験はしていないんですが、すごくよくわかります。




「別姓にすると家族の絆が崩壊すると言われていますが、これに対してはどう思います?これからどうしていきたい、どうなったらいい、と思われていますか?」

・・・そもそもそんな風に言っているのは、70代の人たちに多いんですよね?
私たちのような円満の事実婚カップルが増えることで、誤解を払拭していくしかないかな〜と思っています。
だから、これからも堂々と公的に、「私たちは事実婚なんです〜」とアピールはしていこうと思いますよ。
どうなってほしいか・・・については、
夫婦同姓を強制するのは、もはや世界でも日本のみという状況なんで、
この点で完全なる人権後進国だということを1人でも多くの人に知ってほしいです。
国際的にも、同姓強制については指摘されているわけなので。
別姓を強制してほしいなんて、私は全く思ったことがありませんが、
同姓か別姓かを選べる
「選択制」は、ぜひ導入してほしいと思います。
それによって、同姓強制が理由で結婚できていないカップルが結婚でき、婚姻率は確実に上がると思いますから。




以上が、電話でのやりとり。


c0223034_23352475.jpg

本日のテレ朝 報道ステーション。国際的にも日本の同姓強制が指摘されていることが、語られていました



今日の夫婦別姓訴訟の結果は、とても残念ですが、
このニュースによって、夫婦別姓に関して、再び騒がれたことに関しては、
私としては、ポジティブにとらえています。

夫婦別姓に関して、もっともっと世間が騒いで、
ひとりでも多くの人に関心をもってほしい、
忘れないでほしい〜と強く思う私、ミッチでした〜。




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2013-05-29 23:39 | 妻モード(事実婚、別姓も) | Comments(10)
12年ぶりの八景島。時は変わって夫は愛娘に夢中!
事実婚記事に続いちゃいますが、(´^ิ∀^ิ`*)
な、なんとっ、
ミッチたち夫妻は、この2月が結婚記念月でありまして、
珍しく夫が休日に休みを取れたこともあり、
記念日には1週間ちょっと早いけど、
記念日プチ旅行に行ってきました〜(★ ̄∀ ̄★)
c0223034_23401882.jpg



ミッチたちは、戸籍を一緒にする(世間でいう入籍)というのは、
したくても別姓である以上できなかったので、
式を挙げた日が結婚記念日でございやすっ。

式自体は、2006年だったので、いよいよ
7年目に突入!!

とはいえ、
夫と出会ったのは、学生の頃なので、
2人の歴史はずいぶんと長いもんでございやす。。。(^v^;)


プチ旅行の場所、どこにしよっ??

って
ふとミッチが思い立ったのが、
横浜〜八景島


12年前、ミッチと夫は
同い年の仲間(10人くらい)で
週末になると山や海にと、遊びほうけていた同時。。。。

2人で初めて、デート??した場所であります。
なんで、突然2人でドライブに出かけたのか、
その時の記憶は、もう薄れちゃいましたが、
たまたま同じ日に休暇が取れた二人だった、ただそれだけの理由〜
だったように思います(笑)



ま、そんな昔のお恥ずかしい話は置いておいて、
どんな理由であれ、2人で初めて出かけた場所に違いない八景島ですし、
娘もかなりテンションがあがるはず!の水族館は、
絶好の場所だろうと思い、即決。


前日の夜に、夜景の見えるホテルで鉄板焼きプランを盛り込み、
予定通り、夕日が沈んだと同時にワインで乾杯。
c0223034_2343699.jpg



それはそれは、
超極楽。
至福の時間でございやした〜。(* ̄▽ ̄*)



がっ、
ミッチと夫が、ラブラブだったかといえば、
残念ながらそうではなく、
ホテルでは、しょうもないことで喧嘩も勃発!!!(汗)


夫ときたら、
始終
愛娘に夢中!!!

c0223034_23443252.jpg

夜景を見る後ろ姿は、まるで恋人みたい。。。

c0223034_23444015.jpg

12年前に、2人で座ったベンチ。時が変わればカメラの被写体も変わってしまった。。。(笑)

c0223034_23445941.jpg


c0223034_23444164.jpg



ま、これもしかたないかっ。
娘のkinanaは、最近は、
ますます「女の子」として愛嬌に拍車がかかり、
母親のミッチからみても、
愛くるしい仕草、ポーズをしてくる。
c0223034_2353951.jpg

c0223034_2352401.jpg

AKB48 Everyday カチューシャのPVの1シーンの真似中↑


こんなkinanaに、父がメロメロになるのも無理もないか〜っ
(超親バカミッチで、読者のみなさま、すまんっ..ハハハ。。。)


とはいえ、
母のミッチは、12年ぶりの八景島シーパラダイスを、
娘以上にテンション♂♂で、満喫。
c0223034_23525315.jpg


ここは、ファミリーに超優しいところ!!
未就学の子どもがいる家族のプチ旅行にはもってこいの場所だと再認識。
行くならもっちろん、前泊プランをオススメしまっす♪♪(^m^ )


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック応援。いつも応援ありがとうございます。おかげさまで「働くママ」ランキング、トップ10入りです!
by joi_micchi | 2012-02-12 23:21 | 妻モード(事実婚、別姓も) | Comments(4)
私たち事実婚ですが、なにか?(笑)
昨年11月に、
渡辺淳一さんの
「事実婚 新しい愛の形」 (集英社新書)

事実婚 新しい愛の形 (集英社新書)

渡辺 淳一 / 集英社



が、出て以来、
それを題材にして
最近、雑誌や、インターネットの企画でも、

「事実婚」
をテーマに特集されるのが目につくようになったのは、ミッチだけ??


この本、ミッチも昨年末に読みました。

失楽園とか、愛の流刑地などで有名な著者だけに、
(あ、鈍感力もあったか。。。)

「事実婚をどんなにエロく書いているんだろ??(´∀`)ワクワク」

な〜〜んて
少し期待して、
ドキドキしながら読んでおったアホな私(汗)

が、
実際は
エロさ0(ゼロ)!!

というか
超真面目な現在の実情に基づく本でした。(⌒・⌒)ゞイヤァ

あえて入籍という形をとらないけど、
同棲よりは確かな事実婚。
それを、新しい愛の形として、「事実婚」を推奨していました。

よくあるスウェーデンやフランスにおける事実婚制度の紹介だけでなく、日本に住む事実婚実行者のケーススタディや、さまざまな年代の未婚女性たちとの座談会、弁護士との対談などを
章ごとに、掘り下げていて、
日本の制度が、今を生きる人たちの現状(実態)に追いついていないことを指摘。
明治時代に作られた古い婚姻制度のはずなのに、これを変えたいと意欲的でないのが不思議だと、どこかの週刊誌でも著書はコメントしていました。



ミッチのような事実婚実践者は、
普段の生活では、(自分が事実婚であることを)ほとんど意識しないで生きているから、
久々に、事実婚というテーマにどっぷり浸かって
なんだか、とーーーっても新鮮でした。d(*^0^*)d

そして、
同じ事実婚でも、選んだ理由は様々で、いろんなカップルがいるんだなーと改めて。

未婚の女性たちが対談の中で語る言葉にも、ものすごく共感できて面白かったです。


確かに、今の日本の法律上では、
事実婚にはデメリットがあります。

共働きであるミッチたち夫妻の場合、
配偶者控除とかは関係のない話ですが、
最大のデメリットは、相続のところ
夫婦間に相続権がない他、
また我が子は、非嫡出子になるので、
夫に嫡出子がいる場合は、分配される割合では断然不利になる。

だから、事実婚をスタートする前に、
日常の家事や生活費の分担から、新居購入の際のローンの組み方、
生まれてくる子どもの姓をどうするか、
両家の親の介護をどうするか、別れるときの財産分与など、
さまざまなことを、2人で話し合い、
了解し合って、両家の親にも説得し納得してもらい、事実婚に挑みました。

ミッチたちは、ここに、ものすごく時間をかけた。
事実婚スタートするまでに3年くらいかけたと思う。
ま、今思えば、
この2人で話し合った(何度も口論しました!)濃厚な期間があるから、
今の自分たちが選んだこのスタイルに超満足しているし
(どちらかというと自信満々だし・・・(・w・))
ブレがないのかもしれないな〜なんて、
この本を読みながら、自己肯定感に浸っていたミッチ。


「事実婚スタートする前に(話し合って決めたことを)できれば弁護士を介在させて文書化しておくといい」、
と著者は勧めていましたが、
確かになるほどな〜と納得。


若い男女の非婚率が高まっていることを危惧してこの本を書いたという著者に
ものすごく共感できる。
事実婚を選ぶカップルのほとんどが、「夫婦別姓」を求めるからであって、
もし、
夫婦別姓が日本でも選べるように法律上で認められたら、
(ミッチたちの婚姻届も役所で受理されたでしょうし、、、)
もっともっと
結婚するカップルは増えるのでは??とミッチも感じるところです。


ということで、
事実婚に対するネガティブな印象が残らないように、
最後に「これは事実婚のメリット!」
ミッチの思うこと挙げて終わりま〜す

・夫妻どちらも改姓しなくてよい
・クレジットカード、パスポートなど氏名変更手続きの煩わしさがない
・戸籍の姓と通称を使い分ける煩わしさがない
 (※法律婚→改姓→通称併用と比べて)
・相手の家(親)に「婿」や「嫁」という見方をされない
・長男長女として期待される親戚関係にも、ほどよい距離を保てる
・対等なパートナーシップを築きやすい
・束縛されず精神的に自由でいられる
・別れても戸籍に×がつかない(笑)
・夫婦間で、お友達割引が適用される(笑)



あくまでも、これはミッチの主観によるものなので、
同じく事実婚をしている人の中には、
上記をメリットと思わない方もいると思いますが。。。


c0223034_0172368.jpg



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリックいつもありがとうございます。「働くママ」ランキングにミッチも参加してます!応援どうぞよろしく〜!
by joi_micchi | 2012-02-07 22:55 | 妻モード(事実婚、別姓も) | Comments(4)
2012年もどうぞよろしくお願いします!
本日仕事始めの日。

いつもなら、
バタバタ身支度をしているこの時間ですが、
今朝は、4時半に起きてしまって、
(っというのも、昨日21時に娘と就寝してしまって...汗)
目覚めバッチリ(♛ฺv♛ฺ)

早起きは三文の徳

と言うけど、ほ〜〜〜〜んと得した気分。

(ってトクちがい?!!  意味、違うじゃん??)

で、
ブログを書いております。

昨年はミッチのこのブログ、
溜めて溜めて、結局、億劫になってできなかったので、
2012年は、思った時、写真撮った時に書く。
溜めずに書く!

これを心していきたいと思います(笑)



年末年始、みなさんはいかが過ごされたでしょうか〜?


ミッチは、例年同様、
年末の旅行に始まり、
c0223034_638273.jpg

旅館でもレコード大賞のTVに合わせて歌って踊りまくる娘。

年始の宴、
c0223034_6395784.jpg

c0223034_6403222.jpg

ミッチも義母に習ってちょこっとだけおせち料理を作り。。。
c0223034_643511.jpg


c0223034_6414690.jpg

ミッチの実家では従弟のお子たちが全員集合!?

そして、高校時代の友人たちと会うなど、、、
と、

とにかく、
たらふく飲んで、食べて、
どんちゃん騒ぎ
の嵐でした。

そして、我が夫婦が、
普段共働きで、かつ離れて暮らしていてあんまりできていない
「家」のこと、
つまり両家の親族から、
私たち、長男・長女に期待されているだろう?おつとめを、
一気にまとめて?行いました。


初詣は、もちろん、三嶋大社で。
c0223034_648528.jpg

c0223034_6492461.jpg

c0223034_6494462.jpg



本年も、たくさん「笑」溢れる1年となりますように。。。

今年もミッチはゲラゲラさせていただきます!

みなさん、どうぞよろしくお願いいたします〜♥


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリックいつもありがとうございます。「働くママ」ランキングにミッチも参加してます!応援どうぞよろしく〜!
by joi_micchi | 2012-01-05 06:21 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(4)
夫婦別姓を選べないのは、憲法に反する!
夜中というのに
書かずにはいられずに、パソコンに向かっているミッチです。

なぜなら、
夫婦別姓に関する気になるニュースが3時間ほど前に、
オンラインニュースで入ってきたから。


▶夫婦別姓求め 初の違憲訴訟提訴へ
TBS系(JNN) http://bit.ly/fYHaUu

▶夫婦別姓求め初提訴へ=「憲法違反」と国賠請求—東京地裁
時事通信 http://bit.ly/fv0OWz

▶「夫婦別姓を認めないのは違憲」5人が初提訴へ
読売新聞  http://bit.ly/dJ2Mdm


内容は、
夫婦別姓を認めない現行の民法は、
個人の尊厳や両性の平等を保障した憲法に違反するとして、東京都と京都府、富山県の男女計5人が、国や自治体に1人当たり100万円の損害賠償などを求めて東京地裁に提訴することを決めた

という記事。

夫婦別姓を巡る違憲訴訟は初めてだけに、
Twitterでもさっそく話題沸騰中!!

じつは、11月頃から、毎日のように
Twitterでは別姓の議論が、続いています。
それをミッチも読んでは、共感リツートしたり、
コメントしたりしておりますが、
ミッチの持論をツイートすることは少なめでした。

ミッチが別姓(事実婚)実践者のせいもあるのか、
ミッチのフォロワーさんやミッチのフォローしている方々は、
選択的別姓制度導入、賛成派が大半に感じます。

だから、なんというか、私の考えや別姓を選んだ理由も
皆さんに十分理解してもらっている・・・
という気になっておりまして(=´▽`)ゞ


ただ、ただ、
先ほど原告の、塚本協子さんの動画を見ていたら、
なんかアクションというか、
ミッチも、共感します!!という声を挙げたくなってしまって。

その勢いでブログを書いているわけです。

ミッチのように、
共働きをしていると、
普段の生活の中で、事実婚であることで
とくに何の不自由も、被差別も感じていない人たちは、
一向に変わりそうもない民法に対する諦めといいますか、
「ま、いいかっ。改正を期待するだけ損(どうせ、変わらないでしょ!)」

という考えを持っている人も少なくないと思います。


でもね、でもね、
ミッチも心底は、
ずーーーっと、改正を願っておりますよ。


国に夫妻でしっかり税金を納めておるわけですから、
こんなに、夫妻&親子仲良く幸せに暮らしているわけですから、
(ってあんまり関係ないですけど)
婚姻関係にあること、認めてもらいたいと思うわけですよ。

結婚届を役所に提出しても、受理されない、
娘の出生届けのときは、
夫の子なのに「嫡出でない」にチェックされるわけですから、

その時はミッチも
さすがに精神的なダメージは無かったと言ったら嘘になります。


とくに、ミッチの仕事は、
国際協力

日本のこの現状は、
2009年7月の国連の女性差別撤廃委員会の審議からも
戸籍法を含む民法(法制度)を改正すべきだと、勧告されていて、

ちょっと痛い・・・のが本音。

この国にいて、
女性の健康、人権を守るために支援活動をしているわけですから。。。
正直恥ずかしい。。。

途上国の保健スタッフに、聴かれたこともある。

「日本の女性は世界で最も長寿で教育水準も高いのに、なぜ社会的、経済的に男女不平等のままなのか?GEM(ジェンダー・エンパワーメント指数)が、毎年下がっているよ。アフリカ諸国より低いね。」

と。


姓(同姓強制による結婚後の改姓)は、もっともジェンダーギャップ(性別による差)のある課題の1つだと
ミッチは思っています。


自分が別姓にしたいからって、
世の中すべてのカップルに
別姓にしろ!なんて、まったく思っていません。


別姓にするか、同姓にするか
選べるように
そしてどちらを選んでも差異無い社会でありたい、
ただそれだけ。



久々に、熱く書いちゃいました。

ちょっと吐いてスッキリ。

ではでは、おやすみなさいーー。




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリックいつもありがとうございます。「働くママ」ランキングにミッチも参加してます!応援どうぞよろしく〜!
by joi_micchi | 2011-01-07 00:50 | 妻モード(事実婚、別姓も) | Comments(6)
どうなる〜?夫婦別姓。私たちはマイペースで事実婚続行中〜♪ #kazoku
知的キャリアの好感度サイトの
cafeglobe(カフェグローブ)に、

c0223034_145685.jpg

ミッチの事実婚(別姓)のことが紹介されてからというもの、


毎日のように、
共感、応援、励ましのメッセージが、
mixiやツイッターを通して届くようになりました。


正直ものすごくうれしいっ!!(⌒▽⌒)

新たな別姓友達もできたし。

ミッチよりもず〜〜っと若い学生の方からも

「理想の家族の形です!憧れます」

というコメントをいただき、感無量。


じつは、
日本にはまだまだ別姓反対派がたくさんおりまして、
今回の7月の参院選で、自民党で当選した多くの方々は、
まさに別姓反対派の方々が多い。。。

この結果をみてガックリ&お怒りになった人が
ミッチの周りには多いかと〜。



いまだに、
別姓反対派からは

別姓は、家庭を崩壊させる〜

とか

結婚する夫よりも、父親のことを愛する女のやること〜


言われていますが、、、(´-ω-`; )ゞ



おいおい、ちょっと待ってくれ〜ぃっ!
本当にそうかいな?!!


私たち夫妻を見てくれぃ〜〜っ!
どうだ〜〜〜っ!⊂(^ω^)⊃



という気持ちで、
ミッチが赤裸々に語ったこのインタビュー。


 式の写真まで出血大サービス♥



聞き手が、
ミッチと同じ事実婚で仲良しの 
ニンプス発行人 高沖清乃さんだったので、
思わず楽しくって、あれやこれや余計なことまで?
語ってしまいました(笑)


ちなみに、インタビューの記事は、
>>こんな感じです。

家族の絆は、
どこにも負けない自信ありますけど、
 なにか?(^▽^)?




最後に、
ブログを読んでくださるみなさんに、
誤解のないように書いておきますね・・・

別姓実践&支持者は、あくまでも、
別姓を選択できることを望んでいるわけで、
みなに、別姓を強制しろ〜とは言ってはいません。

今の同姓を強制する民法を改正してほしいと願っています。


でも、別姓反対派の主張は、
「日本の社会がおかしくなる!」
「日本の歴史が〜。。。」

と、口を揃えて言うのです。


でも歴史っていうけど、
日本で、同姓が強制されるようになって、
まだ110年くらい。

長い歴史の中で、庶民はもともと姓はなかったわけで。

私たちが知っている歴史上の人物では、
源頼朝と北条政子、
足利義政と日野富子の別姓夫婦がおりますねー。


夫婦同姓が法律化されたのは、明治に入ってのこと
明治民法(1898年)には、

「戸主及ビ家族ハ其家ノ氏ヲ称スル、妻ハ婚姻ニ因リテ夫ノ家ニ入ル」

このような一文があったようです。

これって、婚姻後の姓が、別姓同姓ということではなく、
妻が家に入るってことが、法で定められてたんですね〜。
それが前提となれば、当然
姓も、夫側のものに変わるということがわかります。


だから、
婿養子という言葉はあっても、嫁養子という言葉はないのね。。。(汗)


フェアじゃないよね〜、これ。
ちなみに、日本は、ずーーーっと前から、
女性差別にあたると、国連に勧告を受け続けております。

>>関連記事はこちら「吉田鈴香の世界の中のニッポン



日本の国で平等を実現するのって、
もしかして、
どんどん難しくなっているのかな〜??σ( ̄∇ ̄;)



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリックいつもありがとうございます。「働くママ」ランキングにミッチも参加してます!応援どうぞよろしく〜!
by joi_micchi | 2010-08-10 01:17 | 妻モード(事実婚、別姓も) | Comments(6)