ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
タグ:ILADY. ( 2 ) タグの人気記事
「九州男児」は今も健在?!!

11月 26日(土)に福岡県で開催される

 ILADY. in ふくおか
の会場でもある、福岡県男女共同参画センター(あすばる)で

準備会合をしてきました。

c0223034_18161357.jpg


福岡女子大学の学生たちと。

c0223034_18180727.jpg

そして、ヨガレッスンや、

健診ブースの姿勢チェックでお世話になるインストラクターの方々と。


c0223034_08490294.jpg

ILADY. in ふくおか
11時~スタートする目玉のトークライブでは、

モデルの河内セリアさん(ILADY.アクティビスト)が登壇して、福岡県在学の大学生(男女)とILADY.トークをします。


時間が限られているので、

話すテーマを絞りだしていったわけですが、、、


「九州男児」

という言葉の発祥地、九州だけに??!

特有なジェンダーが

まだまだ根深く残っているんだなーという現実を知り、

衝撃を受けてかえってきました。



「今まで、男女差別を感じたことはある?」

という私からの質問には、



・学校では男女差別を経験したことない

・男女の差もあまり感じたことがない

・女子の方がどちらかというと男子よりも気が強い印象

・高校の頃は女子の方が男子より勉強ができて、圧倒的に私の周りは優秀な子が多かった


と答えていた女子学生たちも、



「ただ、家では小さい頃から男と女の「差」が家庭の中にあったかも・・・」

「私と妹はご飯の支度とか手伝って~と、母にキッチンに呼ばれるけど、弟は呼ばれない。家族の男全員、家事は全くしなかった」

「じいちゃんはおばあちゃんの名前を『知らん』って言ってる。いつもおい、って呼んでる」

「うちも先日、お父さんはお母さんの名前を間違えて書いてた。~~江なのに、~~子と。普段名前で呼ばないで、『なあ』、『やい』、と呼んでいるからだと思う」

「うちのじいちゃんは。自分の目の前にパンとジャムがあっても、絶対塗らない。わざわざおばあちゃんを台所から呼んで塗らせてるし。おばあちゃんも何も言わないで塗ってる」


そんなやりとりが始まり、

ワイワイと盛り上がっていた彼女たち。

c0223034_18162427.jpg

大学に入ってから、

あれ?と思うことがしばしばあると語りだしました。


・高校の同級生の男の子と、男女二人で食事に行ったら、お会計の時に、急に「おごるよ」と言い出してびっくりした(どちらも同じ学生で稼いでいないのに)

・その↑わりに「おごってもらうの当たり前だと思っている女はかわいくない。気遣ってお金、払う振りくらいはしてほしい」と話している男子多くて、なんなんだ?と思う。

・サークルとかの飲み会では、たいていいつも女子が下手に座る。注文したり、大皿料理を取り分けるのが当たり前な感じがある。

→居酒屋の店員も、女子が料理を取り分けるものだと思っているので、必ず大皿料理のトングが女子の目の前に配膳される。

・目の前にある大皿料理を取り分けないと、「気が利かない女」というレッテルを貼られるから仕方なく取り分けている。




ええ?

私が大学生のころ、20年前と変わってない?!!!

(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ


というか、私が学生の頃(京都でした)、

先輩が後輩にバイト代でおごるということはしばしばあったけど、

同学年の男女の友達間でおごるってあったかなあ・・・?

恋愛関係に発展するととたんに「(男→女に)おごるよ」という風潮はありましたが。



これ、平成28年の今起きてることだと知って、

ちょっと本気でびっくりして、目が点になりました。



でも、これは、実に面白い。。。

彼女たちの赤裸々トークをアルゼンチンと日本のハーフである河内セリアさんが聞いたら・・・??


今回大学生と会合をして、

26日のILADY. in ふくおか ますます楽しみになっている私がいます。


当日ファシリテーターの私は、

「九州男児」 は、真の男子力か?

を問いたいなあーと思います(笑)




11月26日(土) 

「ILADY.in ふくおか」

ぜひきてくださいね!!


c0223034_09030818.jpg


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2016-11-07 18:14 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(0)
娘にも「ILADY.な女性」になってほしい
8月19日は世界人道デーでした。

私がジョイセフに入団した年、2003年8月19日にイラクで人道支援等を実施していた国連事務所が攻撃され、
22名の死者と100名以上が負傷するという事件が起こりました。
この痛ましい事件を記憶に留めるため、2008年からこの日を「世界人道デー」としようと国連総会で決定。



そんな今日、
Kina姉は二泊三日で
ガールスカウトの静岡県合同キャンプへ出かけました。
c0223034_00275036.jpg
c0223034_23245954.jpg
私の代わりに、集合場所まで送り届けてくれたご近所ママ友HiZちゃんからの写真。


今朝は、Kina姉の荷物チェックと
いつも通りの出勤準備が重なり超バタバタ。
まったく人道デーの話をな〜んもしてあげられなかったことがプチ後悔。。。(汗)

c0223034_23250519.jpg
同じ団の同級生の仲間たちと笑顔で出発したようで、なにより〜〜(^^)
(送迎+中継写真まで。HiZちゃんありがとう!)

c0223034_23251530.jpg


こうして荷造りも全部自分で行い、デッカイリュック背負って、
キャンプに出かけるKina姉の姿をみて、
確実に1年前とは違う何かを感じました。
改めて、大きくなったなあ・・・と感慨深い私がいます。
通勤新幹線の中で、
HiZちゃんからこの写真たちが送られてきた時、
うれしくてうるっときました



私が、もっとも
ガールスカウトの活動に共感している教育理念の1つ、

自ら考え行動できる女性に。

本当に超少しずつですが
それに向かって自ら歩み出したな・・・と感じさせる小学2年のKina姉。

今日が世界人道デーだからこそ、なおさら、
ガールスカウトの目指す

c0223034_00015755.png
少女と若い女性が
世界市民として
自らの可能性を最大限に伸ばせ
幸福と平和のために

という言葉が、特に強調されて
私の目に飛び込んできました。


これって、まさに今、
ジョイセフが展開しているILADY.キャンペーン

にも通じるものがあるな〜〜。。。


自分を大切にすること。

(=Love Yourself)

自分から行動できること。

(=Act Yourself)

自分らしい人生を、自分で決められること。

(=Decide Yourself)


Kina姉には、
ILADY.な女性になってほしい!!



日本でILADY.な女性が増えれば、
世界はもっともっと平和に、そしてよくなるはずだから。。。







ーーおまけーーー
私が今朝真っ先に目を通した国連広報センターのメルマガ。
国連事務総長パン・ギムンのメッセージを下記にコピペします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界人道デー(8月19日)に寄せる潘基文(パン・ギムン)国連事務総長メッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人道援助に頼って暮らす人々は1億3,000万人と、記録的な数に達しています。こうした困窮した人々を合わせると、地球上で10番目に大きな国ができ上がる計算になります。

これは驚くべき数字ですが、物語のごく一部を語るものにすぎません。統計の陰に、生活を破壊された個人や家族、コミュニティーが隠されています。私たちとまったく変わらない人々、子どもや男女が毎日、究極の選択を迫られているのです。そこにあるのは、子どものために食料と薬のどちらを買うかを選択しなければならない親の姿であり、学校に通うか、家族の暮らしを支えるために働くかのどちらかを選択しなければならない子どもの姿であり、家に残って爆撃の危険におびえるか、海を渡る危険な逃避行を試みるかを選択しなければならない家族の姿です。

こうした人々を絶望的な苦難へと追い込んだ危機は、簡単にも早急にも解決できないでしょう。しかし、私たちには今日、そして毎日できることがあります。それは共感を示したり、不正に立ち向かう声を上げたり、変革の実現に努めたりすることです。

「世界人道デー」は毎年、こうした苦難の緩和に向けて行動する必要性を思い出させてくれます。それはまた、危機の最前線で苦闘す人道支援関係者やボランティアを称える機会でもあります。私は、自分自身の危険を顧みず、より大きな危険にさらされている他者への支援に注力するこれら女性と男性に敬意を表します。

私は今日、あらゆる人に対し、国連の「 World You’d Rather(あなたが選ぶ世界): https://worldhumanitarianday.org/ 」キャンペーンへの参加を強く訴えたいと思います。このキャンペーンには、意識と共感を高めるだけでなく、国連中央緊急対応基金への拠出を募り、世界各地で人々が「人道メッセンジャー」となっ人道支援活動をサポートするよう促すという具体的な目標もあります。あらゆる人が、各国政府と社会に人道を最優先するよう求める必要があるからです。

今年、イスタンブールで開催された史上初の「世界人道サミット」には、9,000人の参加者が集まりました。世界のリーダーたちは、紛争や災害の中で暮らし、極めて弱い立場に置かれた人々の生活を一変させることを約束しました。そして、「人道への課題」への支持を表明し、誰も置き去りにしないことを誓ったのです。

この約束は、持続可能な開発目標(SDGs)の核心をなすものでもあります。人権、レジリエンス、そして貧困根絶に重点を置くこれら17のグローバルな目標は、支援ニーズと脆弱性を低減し、すべての人が平和、尊厳、機会を得られる世界の実現に向けて進むための15カ年計画を提示しています。こうした人類共通の旅路を完遂するためには、あらゆる人にそれぞれの役割を果たしてもらう必要があります。私たち一人ひとりの力で、世界を変えることができるのです。今年の「世界人道デーにあたり、人道という目的のもとに団結し、私たちは誰も置き去りにできないこと、そして実際に誰も置き去りにしないことを示そうではありませんか。

━━━━以上━━ここまで━━━━━━━

あなたのアクションは、あなたを変える。
世界を変える。
ILADY.キャンペーン応援してくださいね!




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!

by joi_micchi | 2016-08-19 22:59 | ミッチの雑感、つぶやき | Comments(0)