ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
安倍政権の裏で…美しい日本という名のもとで、自由を奪う政治家たち。



久々に古巣といいますか、元職場の立教大学のジェンダーフォーラム主催の公開講演会があって、行って来ましたーー。

テーマは「ジェンダー・バックラッシュの現状と未来への展望」
講師は、千葉大学の若桑みどり氏

とにかく、
ミッチは、講演を聞いて、始終開いた口が塞がらず、あげく腰を抜かした・・・と言っても過言ではないほど、ショックを受けました。


今、日本の安倍政権下では恐ろしいくらい、保守化にむかっています。
この講演では、ここ8年くらいの歴史をたどって、今、安倍政権下の裏(マスメディアには出てこない本質)が話されました。

昨年10月に発足そや「美しい日本をつくる会」は、
なんとその目的と言うか、内容は、男女共同参画基本法の廃止をめざしているのです。
サイトもあるので、見てくださいー。
http://www.utsukushii-nippon.org/
TOPページの一部を抜粋すると

「その一方では、男らしさ・女らしさを否定し、伝統的な結婚を少子化の原因として敵視するような風潮さえ見られるようになってまいりました。
こうした社会や学校の乱れの原因は、共産主義的フェミニズムに根ざした男女共同参画社会基本法でございます。
個人の人格を破綻させ家庭を壊す男女共同参画社会基本法を廃棄しなければ、遠からずわが国は亡国の危機に直面することになりましょう。」


と書かれています。
これ、まったくのでっち上げ!嘘ばっかし。
信じられないくらい、根拠のないことを大胆に並べてますぅぅぅー。。。
この会の共同代表がさすがジャーナリストだけあって言葉巧みだなぁって感心しちゃうくらい、
あたかも真実のようにきれいな文章にしています。
これを読んだ人は、思わずふむふむと納得しちゃうんじゃないでしょうか?

この文章の中にある、共産主義的フェミニズムってなんなんでしょう??
2つの言葉を合体したこの表現が、悪意むき出しで笑ってしまいました。

ミッチは、共産主義でも、フェミニズムでもないですが、
こういう会が上記のような文章を掲げて発足したことが残念でなりません。
男女共同参画社会は、この言葉自体は、漢字ばかりで、親近感沸きづらいけど、
これから子供を産み育てていくミッチの世代には、必要不可欠な社会だと思っています。
この内容や趣旨には大賛成で、もっともっと法や政策、そして職場や、家庭、地域でも拡充していくべきだと思っています。

男女共同参画社会を、まるで過激なフェミニストだけが推進しているという勘違いに基づくこの「美しい日本を作る会」は、危険だと思いません?
私たちの未来を台無しにされそうで、怖いです。

だって、サイトを見て驚いたことは、
でたらめな主張が多すぎます。

ここでは男女共同参画が、男女の区別をなくすものと歌っていますが、
区別ではなく、「差別」をなくすことが目的なのです。

この会の
共同代表の名前に
前鎌倉市議会議員の伊藤玲子氏とジャーナリストの桜井裕子氏がありますが、
彼女たちがもし心から思っているとしたら、本当に若い女性たちの敵ですね。
これから、子供を産み育てようとする世代の私たちの自由(自分らしさ)や幸せを奪う、
まさに鬼だなーと思いました。彼女たちにもっと若い女性たちの声を聞いてほしいです。

もっと、私たちの未来のことを考えてほしい・・・
こういう自分たちが歩んできたやり方だけを美化する女性だけには、絶対にミッチはなりたくないです。

ミッチは、久々に、
自分の体の中の血が、怒りで沸騰しそうなくらい、
腹が立って腹が立って夜もなかなか寝付けませんでした。
「ちょっと待った!!異議アリ!!!」と大声叫びたくなりました。
若い20−30代の女性たちの声を集めて、この会宛に投書しようかな・・・


安倍政権がこういった会を推し進めているのが本当ならば、
本当に先行きが不安で仕方がないミッチです。。。(:;)
-----
BODY

-----
by joi_micchi | 2007-06-21 11:05 | home
<< 三角マンゴーパイGet! 噂のビリーです! BILLY... >>