ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
助産院エスアールハウスで、産むことを決意!
初めて、特別休暇(妊婦健診休暇)を堂々取って、
ミッチの実家のある故郷にある助産院に夫と行ってきました。

ミッチの実家といっても、同じ静岡県東部の町なので
今、ミッチが住んでいる家から、車で40分くらい。

こういうのって
里帰り出産というかどうかわかんないけど、
産休始まったら、できるだけ、夫とセットで実家に移住し、
住み付いちゃおうって魂胆でいます(^^;;)

ま、日ごろから、ミッチよりも家事と仕事両方に忙しい夫からの提案だったので、
ミッチも特に反対する理由もないし、即GO!サイン出しました。

前にも書いたことがあったかもしれないけど、
ミッチは2人姉妹(ミッチが姉)なので、
ミッチの両親は、男の子を欲しがっていた・・・
だから、
夫や妹の夫のことを実の息子のように(いや、それ以上に?飼い猫のように?)
かわいがり、甘やかしているので、
夫も、ミッチの実家に行くと「王子」になった気分で、快適らしいのです。
夫は、
自分の通勤圏内でもあるので、実家への移住(つまり同居)は大大歓迎なわけです。

ということで、
実家からもアクセスしやすい産院を探しに探し、
先輩ママたちに様子を聞いたり、あちこち見学したりして、
先月から産院(産婦人科、診療所、助産院)の様子をチェックしていたわけです。

それで、9月末に一度訪問したときからものすごぉ〜〜〜く気になっていた助産院エスアールハウスを第一候補に決めました。

今回は、前もって予約をして

-----
BODY
あらかじめ、助産師の番内先生に時間をとっていただき、
夫と一緒に実際に分娩をすることを前提に具体的な相談をしに行ってきました。

エスアールハウスは、どこから見ても外観は普通の2階建て木造の一軒家。
中に入っても、一般家庭そのものの。
明るく日差しのよく入るお部屋は、生活しているにおいがして、
初めて入った人でもリラックスできる感じがミッチは気に入りました。

なんだか、親戚のおうちに遊びに行ったような気分になったのはミッチだけ??


1階が診察室と茶の間とキッチンがあり、2階に、分娩する部屋、産後入院できる部屋、そして赤ちゃんの沐浴ができるところがありました。
テレビやビデオのある居間(茶の間)の部屋に通してもらい、
エルアールハウスで分娩した家族の写真を見ながら、分娩時の様子、その後の母乳ケアの様子などを丁寧にお話してくれました。
写真を見ているだけで、分娩に家族みんなで取り組む姿が印象的で、感動してしまい
なんだか、他人事とは思えなく目頭が熱くなってしまいました。

「だんなさんが付き添われた時は、へその緒を切ってもらうことが多いですねー。
これは、ちょうど切っている写真。。。上の3歳のお兄ちゃんも興味深深で見てますねー。」

番内先生が言ったとたん、

「えぇ?!!へその緒を!?素人が切ってもいいんですか!!?ヤバイ、俺、緊張してきたわぁ・・・」
って慌て出す夫。(大爆笑!)

すぐさま、
「へその緒切る練習とかしておいた方がいいですかね・・・??」
って夫が聞きなおしたときは、

先生に笑いながら、
「あ、紙をはさみで切れれば、大丈夫。」
と、あっさり言われてしました(笑)


写真を見れば見るだけ、ここの助産院がいかに、いろんな家族に愛されて来たかがわかりました。

リピーターが多いのもきっと、この雰囲気といい、助産院のコンセプトといい、
番内先生の人柄、人となりによるものなんだろうな。。。。

なんだか、出産って、家族みんなでチームプレイの一大イベントみたい!
運動会のリレーみたいな感じで、すごくワクワクしてきた私。。。
写真を見たり、実際に分娩する部屋を見たりして、自分が分娩するイメージが湧いたミッチは、
不安が楽しみに変わり、早く出産を迎えたくなりました。


その隣で、
写真を見ながら、急に真顔になり、汗(冷や汗?)を拭いだした夫・・・。


なんだか、そんな夫を見ているだけで、
いじわるくも笑えてくるミッチなのでした。
(なぜなぜ助産院エスアールハウスが気になったのか・・・続きは、次のブログで。)



ぜひ1クリックお願いします。 
目標は、ランキング上位ベスト10入りです!!\^0^
↓↓↓

-----
by joi_micchi | 2007-10-19 19:42 | 妊婦モード(妊娠記録)
<< 「そのママ」の毎日届くメルマガ... 放置自転車(ママチャリ)が、ザ... >>