ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
「ジョイセフ」の知名度を上げたい〜!! 毎日頭の中で葛藤中・・・  [ママ日記]
最近、オフィスに着くと、ずーーーっとミッチの頭の中で考えていることがあります。

ジョイセフをいかにして知ってもらうか?!!



ミッチがそもそもジョイセフに入ろうと思ったのは6年前。



いつも応援ありがとうございます。
ランキング挽回中。ぽちっと1クリック、↓ 応援よろしくお願いします。 
↓↓↓
→→
にほんブログ村


-----
BODY
大学の時の卒論の研究テーマが、伝統的「母性」観だったミッチは、
「リプロダクティブ・ヘルス」という言葉に出会い、
大学4年生の夏休みに
市ヶ谷にあったジョイセフに資料を借りに行ったことがあったわけです。


日本の戦後の経験を活かして、途上国の母子の健康支援をする団体があることを
その時初めて、知りました。


日本は戦後、
女性たちがたくさん子どもを産んで、産婦も新生児もたくさん亡くなっていた・・・

その後、高度経済成長を迎え、医療も発展し、日本は10数年もの間で一気に
妊産婦死亡も、乳幼児死亡も激減させることができたんですよね。

今では、
世界で一番お母さんも赤ちゃんも死なない国
になりました。

そんな日本の戦後の経験を、国連や国際機関は高く評価していたわけです。
この実績をいざ途上国へ〜!

っということで、1968年にジョイセフが発足したというわけです。

発足当初から、国連人口基金(UNFPA)や、国際家族計画連盟(IPPF)
などの、国連や国際機関と一緒に数々の支援プロジェクトを実施してきました。

この母子保健分野では、日本で最長の歴史を持つNGO団体なのですが、、、
なにせ、いまだにあまり(ん?全然!)知られていない!
(ブログを読んでくださってるみなさんも、知らなかったですよね??)

というのが、
ジョイセフのいま、まさに、深刻な最重要課題であります。



ミッチも、ジョイセフに転職したきっかけが、
「この団体、とーってもいいことやっているのに、
 なんで知られていないんだろう・・・??」


という素朴な疑問からだったんですが、、、
あれからすでに6年が経過。

まだまだ、知名度が低いジョイセフ。


今年こそはと、


思いっきりジョイセフの広報の仕方、しくみ、根本的なやり方を刷新しようと
団体をあげて考えているところであります。


ジョイセフ=途上国の妊産婦と女性の命を守る団体
と、誰もに知ってもらえるように。。。

「ジョイセフね〜!貧しい国で妊産婦支援しているところでしょ?」
と、誰もに言ってもらえるように。。。

そして、ジョイセフの活動を応援してもらえるように。。。
ジョイセフファンがいっぱいいっぱい集まるように。。。。



これは、仕事というより、
ミッチがママになってから、強烈にやりたくなったことでもあります!



最近のミッチのバッグの中は、
ブランディングやマーケティングの本でずっしり重くなり、
頭の中は、毎日毎日、それらのことで頭いっぱい。
やはり、一番変えなければいけないのは、
組織の内部の体制ややり方のこと。
あれを変えよう、これも変えようと改善案を
模索してぐるぐる〜回っております。。(;°皿°)

チームで具体案を出して、実現に向けて一歩でも早く進めなくてはっ!!(b^-゜)
昔みたく残業もできない、そしていつ休むかわからないミッチには
時間が限られています。
だからこそ、出社して、バリバリ仕事モードの時は、
考えれば考えるほど、非常に焦る気持ちが増しちゃうんです。。。
あぁぁ・・・ここから早く抜け出てスッキリしたい〜〜っ
(;´▽`A``



すみません。。。
今日は、日中のミッチのとりとめもないこと書いちゃいました。
支離滅裂ですな。。。(^^;;)
明日も頑張りまっす!!!p(^-^)q


どうぞみなさん、引き続きミッチをよろしくで〜すm(_ _ )m


いつも応援ありがとうございます。
ランキング挽回中。ぽちっと1クリック、↓ 応援よろしくお願いします。 
↓↓↓
→→
にほんブログ村


-----
by joi_micchi | 2009-06-08 22:52 | 仕事モード
<< 働くママの極上オフタイム♪  ... 50日ぶりの再会。1歳1カ月の... >>