ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
7/11は世界人口デー。大事なのは女子の「セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」。
セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ




長っ!!
..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ ギャァ!!


これは、新聞記者にも嫌がられるわけだよね〜〜〜。

 「この長い言葉、もっと日本語で簡単にできませんかね?
 この言葉が短くなれば、もっと詳細文入れられますよ」

って、
ミッチはよく言われてます。。。


だけど、
日本語にすると、、、、


◆セクシュアル=性

◆リプロダクティブ=生殖/産む

◆ヘルス=健康

◆ライツ=権利



なんとなく、意味わかる??(いや、さっぱりわかんない?)感じ?


日本語になると、英語よりは短くなるけど、
漢字がいっぱい並んで、堅苦しいというかなんというか。
ぜんぜん身近な感じがしないんだよね〜。

だれもがみんな、当事者なのに。

ほんと、この言葉、特に日本語、
どうにかなんないだろうか。。。。


なんで
ミッチがそんなことをぼやくかっていうと。。。

ジョイセフって、

途上国の妊産婦と女性を守る

という団体コピーうたってますが、

じつは、そのために、
何しているかって、


一行で言うなれば、

リプロダクティブ・ヘルス/ライツを推進しています。

となります。

活動の内容といえば、

妊産婦の健診にはじまり、
家族計画(出産間隔を開ける)の教育/サービスの提供、
思春期のための相談、危険な中絶の防止、
望まない妊娠や感染症を防ぐための教育/啓発、
上記の活動のための物資寄贈、そして政策提言などなど(まだあるよ〜)

その活動たるや幅広いものです。


途上国では、
妊娠・出産するのは10代の少女だったりすることが多いわけで。
(日本の妊産婦支援のイメージとはちょいと違うわけです。)
また、世界では、
10代の女子の最も大きな死因の1つが妊娠・出産。

危険な中絶や、未熟な母体での妊娠を減らせば、
命を落とす女子を1人でも減らすことができる。。。
と、
ジョイセフのような支援団体が、世界中から
リプロダクティブ・ヘルス/ライツの推進に取り組んでいます。


今日、7月11日は世界人口デー。
それに先立ち、
こんなニュースがホワイトリボン・アライアンスのブログで
ジョイセフのパートナー国際NGO IPPFの報告がUPされたのでご紹介します。

>>The Importance of Protecting Sexual and Reproductive Health and Rights

もうすぐ70億人になる地球人口。

いま、最も重要なのは若い女子たち、
とくに、女子たちのセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツを守ることへの投資。
上記のニュースは、
投資の参考例として、
ブラジルにおけるIPPFの取り組みの話を取り上げています。
思春期の女子たちが妊娠をして、
学校をリタイヤし家を出ていくことが多い現状を出しながら、
若い女子たちに、性の教育、カウンセリングなどのサービスをもっと提供すべきと。
つまり、そこに「投資」が必要ということなのです。



世界人口デーに
なんで、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ?

って
思った方も多いかとおもいますが、
じつは、
すご〜く関係がある話。

だったでしょ???(^^)

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリックいつもありがとうございます。「働くママ」ランキングにミッチも参加してます!応援どうぞよろしく〜!
by joi_micchi | 2011-07-11 22:18 | ミッチの雑感、つぶやき
<< ダブルブッキングだよ~?!7月... もし生まれ変わったら・・・?? >>