ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
2007年 06月 28日 ( 1 )
世界人口白書2007がついに発表 !
無料で配布中。詳しくはこちらから


今年の人口白書が6月27日(日本時間21時)に世界同時発表されました。
ジョイセフは、毎年、この白書の日本語版制作をUNFPA(国連人口基金)から委託されています。

ミッチが毎年気になるのは白書の最後のページにある統計のところ。
今年も、やっぱり、世界で一番寿命が一番短い国は
南アフリカにあるスワジランドでした。


昨年と同様に、
女性が29歳、男性が31歳

生物学的にいえば、女性のほうが男性よりも寿命が長いものなのですが、
この国では、女性の寿命の方が短いです。

それにしても、29歳という数字を聞いて、どう思います?
-----
BODY
ミッチは、初めて知ったとき、自分の目を疑いました。
だって、日本の女性の平均寿命の1/3ですよー!!

この低い寿命の1つの原因として、
妊娠や出産が原因で、女性が多く亡くなることがあげられています。
思春期の少女の妊娠や、不衛生な環境でのお産、多産など、栄養失調や貧血・・・
たくさんの起因があります。

それに加え、ミッチがもっと驚いたのは、
スワジランドの場合、15−49歳の若い女性のHIV感染率が40%だというのです。
(男性は26%で、はるかに女性の感染率のほうが高い・・・)
日本の女性の感染率は、男性より低く、0.1%以下だと言われます。

統計を見ると、スワジランドの場合、年々女性の寿命が少しずつ短くなっていることが気になりました。

HIVに感染してエイズで亡くなる人も増えているのではないでしょうか。。。

ただ、統計と言っても、この数字、
途上国の場合は、正確ではないんですね。
実際は、もっともっと悲惨な状況なのかもしれないです。

ミッチも、取材に行く度に、ショックを受けるのですが
日本と同じアジアにある、
インドネシアも、フィリピンも、ベトナムも、農村に住む女性は、

「自分の年齢を知らない(わからない)・・・」
 
と答える人が多いんです。
読み書きもできない女性もいます。

話し出したら止まらなくなってしまうミッチですが、
今日はこの辺で〜。。。(^v^)
-----
by joi_micchi | 2007-06-28 21:30 | home