ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
<   2018年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
それぞれ一つのライフ、それぞれが選んだstyle♪ リアルにGO!GO!
ここ最近は、
ジョグするときも、
通勤中も、
そして
家でお茶するとき、デスクワークしているとき、
キッチンにいるときも

iPhoneの アプリ Spotify アプリにハマっている私。

iPhoneから Bluetoothで
ワイヤレスイヤホン & BOSE に飛ばして
で音楽聴くことが日課の私。

聴く音楽は
そのときの気分によって変わりますが、
Spotifyがイイところは
私がよく聞くジャンルやアーティスト、年代から、
推測?して、私にグッとくる曲に出会わせてくれるところ。
勝手に、オススメな曲リストをアレンジしてくれちゃうのです。

昨日もジョグしていたら
イヤホンからリップスライムのOneが流れてきました。


絶妙なタイミング&シチュエーションで、この懐メロ。

20代の頃は夫とはまっていて
RIP SLYMEライブにも行ったよな(笑)
思わず口ずむ...


それぞれひとつのlife それぞれが選んだstyle
それぞれひとつのlife ひとつの愛をyeah yeah
それぞれひとつのlife それぞれが選んだstyle
それぞれひとつのlife ひとつの愛をyeah yeah



そうだよなぁ
そのとおりだぁ

今さらだけど、
しみじみ。

歌詞に、今の自分だからこその共感の嵐(笑)

みんながみんな
自分で選んだ人生を送りたい

そう願っているはず...
なのになのに現実は、どうだろう???


今日はリンクする話を

c0223034_00484338.jpg
青山のCICADAにて。久々のクスクス、ヒットでした〜


先日、ワーママパーティで出会って以来もうかれこれ4年?!
友人の宮島妙さん(ライフプランナー/プルデンシャル生命) と、
エシカルジュエリーHASUNAの白木夏子さんとランチしました〜。

夏子さんとは、もう随分と昔にジョイセフのイベント(MODE for Charity)を通じて出会っていたのですが、
プライベートでこうしてお互いのことを話すのは初。
妙さんが、引き合わせてくれました❤️


この春に
夏子さんが、「パートナーシップのあり方を問い直す」をコンセプトに掲げたプロジェクト
Re.ing リング
クリエイターの方と共同で立ち上げたという話を聞きました。

Re.ingを立ち上げたきっかけや、経緯を聞けば聞くほど納得で、共感できることばかり。
今の日本に必要なプロジェクトを立ち上げてくれてありがとう!という感じです。

私に協力できることがあれば、いつでも〜

そんな流れで?

Re.ingプロジェクトのインタビューを受けました。
それがこちら↓↓↓


私は、なんも特別なことはしていない。

ただ選んだのが、夫婦別姓だっただけ。
日本では、法的に認められないから、事実婚と呼び、

事実婚を長年継続していると、

「すごいね!」
とそれだけで驚かれる(笑;)


いやいや、、、、すごいのは、
結婚、離婚、再婚のたびに、
口座名義やらパスポート名義やら変更手続きするYouの方だよ!
私が心の中でつぶやいたのは、100回以上になるな・・・


日本は今なお、
結婚の際に、女性が96%改姓しているから、
私は少数派の中の少数派で、

「変わり者」=「珍しい人」
=いばらの道に挑んだチャレンジャー
=強固な意志を持った人
=(とりあえず稀な)すごい人!

とこうなるわけだな...115.png115.png115.png105.png


なんだか、
こう書いているだけで、
超近寄りがたい人に思えてきたよ?141.png105.png



みんな選んだ一つの人生。

それぞれひとつのlife それぞれが選んだstyle

って、
うたってるイェイイェイ言ってるだけじゃなくて
リアルに実感したいぜ〜(笑)



今月は、
野党6党が、
選択的夫婦別姓を導入する民法改正案を衆院に提出したり、

米国で21年前に結婚した映画作家の想田さんとダンサーの柏木さんが、
「外国での婚姻関係を、日本でも認めて欲しい―。」と夫婦としての地位確認などを求めて東京地裁に提訴したことで、

報道ニュースの中でもたびたび再浮上した夫婦別姓の話題。

ここにLITERAの記事をシェアしま〜す。
>> TBS宇垣美里アナが夫婦別姓反対派の主張を一蹴!「明治に始まったのに、日本文化(笑)」「選択肢が増えて何がいけない」


とにもかくにも
日本が一刻も早く


結婚したい夫婦が
同姓か別姓か、

選択できる国になりますように。

そこから広がる可能性は無限大だと思う、ミッチでした。





by joi_micchi | 2018-06-29 00:07 | 妻モード(事実婚、別姓も)
PTA最後の「母親委員長」になりましたので...!!!
ブログ始めた当初は、まだ1歳だった長女が、
今年小学校4年生になりました。

そして、今年、わたくしも

PTAデビュー!!
それがなんとですね、
市の小中学校、全部で21校あるんですが、
そのPTAを束ねる本部
「PTA連絡協議会」の母親委員長という座に。


いきなり就任
149.png150.png151.png
今の時代に、母親委員長??!!
しっかし、なぜ私が?

という疑問だらけで、始まった今年度。


まあ、PTAのPの字もわからない私ですから。

すべてが新鮮で。
戸惑う気持ちよりも、

へぇ〜〜〜
ほぉ〜〜〜
なるほど〜〜〜

の連続で。

今のところ、
とっても楽しんでおりやっす!(^^)



実は、、、
今年度、
うちの市のPTAは、変革の年になるかもしれない?!!

小中学校全21校(14小学校、7中学校)のPTAの
母親委員/父親委員という役員名を本年度で最後にして、
来年度より「家庭教育委員会」という名称への統合改称を目指しています。

近隣の市町では、すでに「家庭教育委員会」という名に改称されているのですが、
うちの市は、
名称だけでなく質の伴った家庭教育委員会の立ち上げを目指したい!!!

ということで、
最後の母親委員長?である私の役割としては、
委員会の「質」にこだわった企画・実施をするという
ミッションが与えられたようなものです(笑)


私の得意な0から1に生み出す企画・実施。


ミッチの好きなように
やってください


と母親委員長を引き受けたきっかけの言葉を、
そのまままんまと鵜呑みして、

私が求める企画
この市の保護者・教職員に知ってほしい・学んでほしい

研修事業の企画をさせていただきました。



三島から東京へ新幹線通勤する私が常々感じていることは、
都市部と地方の

情報格差
(教育の)機会の格差

GAP(ギャップ)。


都市部の学校では当たり前に実践されているプログラムが
地方では実践されていないなど、よくある話です。

私が母親委員長になって貢献できることは、
少しでもこの格差(GAP)を縮めることにあるのかな〜と。


というわけで、
今年度は、
家庭教育の研修のテーマを
「自己肯定感を育む」に決定。
まずは、大人から 、 Love yourself, Act yourself!できるような学び場を企画しました。


その第一弾として、
グローバルママネットワークのコアメンバーであり、ベストセラー『世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業』の著者でもあり、「コミュニケーション能力プログラム」などで子どもの考える力教育を長年実践してきた狩野みきさんを講師にお招きします。
c0223034_00092882.jpg
狩野みきさんとランチしながら事前打ち合わせ

c0223034_23145114.jpg
BUZEN 麻布十番 で。肉うどん最高に美味でした!


静岡県下PTA初の
「クリティカルシンキング」
を知る研修を実施します。


c0223034_00120373.png



保護者、教職員、子どもの教育に携わる人であれば誰でも参加OKです。

都市部と地方の格差はあるとはいえ、
地方でも、子どもを持つ親たちは、
世界のどこにいても、たくましく生きていける
グローバルな人材を育てたい・・・と願う人が
私の周り、ほとんどです。

狩野みきさんの講演が
何かのきっかけになればと思っています。


では。

by joi_micchi | 2018-06-27 23:10 | ママモード
適齢期は私が決める! マタニティライブに参加して
ひさびさにブログを投稿したくなって。

半年ぶりの投稿ーーーー?!!149.png149.png149.png105.png

この間に、誕生日を迎えて1つ年を取ったミッチです。


先日、娘たちと散歩していて、
ご近所のマダムから、

「いくつになったの?」

と聞かれて、
とっさに

「先月44歳になりました!」

と答えたら、

「んっ?4歳と14歳?!!になったの?」


マダムが返してきたので

は?!!
えっ?!!!



「あら、やだっ!お母さんの年なんて、聞くわけないでしょっ!お子さん達の年齢よ103.png103.png103.png


と言われて、ハッとなり、
双方ともに赤面&爆笑したハプニング(?)がありました(笑)
相変わらず、いつでもどこでも自分軸でまわっている(まわしている)ミッチです。



さて、
ブログで書きたかったことは、コレコレ!!
c0223034_10143683.jpg
大島花子さんと、第4子妊娠中(32週)の青木愛さんと。



6月5日(火)
大島花子さんの
マタニティライブに行ってきましたー。
c0223034_10103461.jpg
妊婦、産婦のパワースポット❤️ 
ミッチのウハウハ113.pngスポットでもある
ヴィリーナ広尾店で。

c0223034_10115631.jpg
ヴィリーナはジョイセフスポットでもあります〜。
スタッフの皆さん、ホワイトリボンラン2018の公式Tシャツで迎えてくださいました。


このライブの参加費の10%がジョイセフに寄付。

2分に1人の割合で、今でも世界では、妊娠・出産で女性が命を落としている・・・
今回の参加費からの寄付では、ミャンマーの妊婦さんに施設分娩を届けること。
そして、日本では当たり前なことが途上国では、不可能なことが多くて、
それが原因で、妊産婦が命を落としていることを、私の話の中で共有させていただきました。
c0223034_10114250.jpg
花子さんのライブ。
初めて昼の会に参加した私は
純粋な気持ちで感極まってしまい・・・
小田和正さんの「たしかなこと」で
涙が溢れるという。

お父様の坂本九さんを11歳の時に、突然亡くされた花子さん。

なんでもないこの日常こそが
この上ない幸せなんだよ。。。と

その語る言葉の1つ1つが、とても身にしみて沁みて。。。


c0223034_10144231.jpg
振り返ると、VIRINAのスタッフさんもみんなで泣いてた!
(カメラを向けるとぱっと笑顔に切り替わりましたが・・・笑)



花子さんの歌には、やはり、この方。
ギターの笹子さん。

c0223034_11320091.jpg

「妊婦さんもお母さんもね、子どもに合う曲なんて聴かなくていいんだよね。お母さんが聴きたい曲を聴くのがいいと思いますよ。
お母さんが心地いい曲ってのが、子どもにとってもうれしいんですよ」

さりげなく語った笹子さんの言葉。

花子さんとの掛け合いトークがまた、絶妙にゆる〜くて和やかで癒されるんです。
参加者の皆さんも、そのほんわか〜な空気に溶け込んで終始笑顔。
そして歌に泣き・・・(笑)

なんだかリラックス状態で、心が動きっぱなしで、
めっちゃ運動したような気分❤️


そして、最後に。
ヴィリーナ社長、青木愛さん。

中2、小4、年中、そして第4子妊娠中のお子は32週!!!



c0223034_17535413.jpg

臨月じゃないの??!!!
っておもわず本人を目の前に驚き隠せず、聞いちゃった私。
お腹を二度見(三度見?)しちゃいましたわよんっ(笑)

めちゃくちゃ突き出てるんだものーーーーっ!146.png

愛さんのマタニティ姿を見るのは、
第2子の時からなので、
今回で3回目(?)の私ですが、
毎回幸福度上がってる!!!

見てて、こちらも嬉しく楽しくなるーーー!!!113.png113.png113.png

でね、
愛さんを見ていると、

適齢期ってのは自分で決めるもんだ〜
(結婚にしても、妊娠にしても、出産にしても、女性だけが適齢期あるみたいに騒がれるけれど・・・)

他人がとやかく言うもんじゃないな〜ってことを改めて痛感します。

(私も33歳で産んだ時も、40歳で産んだ時も、2回とも適齢期だって思ったしね)


なにはともあれ、

愛さんは女性たちの希望の星だ。
このまま健やかな日々を送ってほしい。。。❤️

マタニティライブで久々に3人でお会いできたことが嬉しくて。

取り急ぎブログに記録。


世界中すべての妊婦さんがずっと笑顔でありますように。
ミッチの公開発信アクションもぼちぼち再開します〜!





追伸:ブログを書くと、不本意な広告が表示されるのが嫌で、更新が億劫になっていました。
ミッチの赤裸々ブログを楽しみに待っててくださる方がいてくれるのは光栄なこと。
ブログを広告の出ないオリジナルサイトで展開できないかと本気で準備中です。



by joi_micchi | 2018-06-05 19:03 | ミッチの雑感、つぶやき