ブログトップ | ログイン
ママになっても新幹線通勤続行中!ジョイセフ ミッチのブログ
タグ:被災地支援 ( 29 ) タグの人気記事
Stand for mothers発。震災後の経験を全国のママへシェア!
これ、知ってます??!!
c0223034_23404433.jpg


Stand for mothers が1年前に作成した
「~被災地のママたちの経験から学ぶ・備える~防災★ママブック」

被災経験をした東北のママたちの
「今度は支援してくれた全国のママたちの役に立ちたい!」
という声がきっかけとなり、たくさんの経験談を集めて作られた小冊子。

ページを開くと、こんな風に、
c0223034_23443885.jpg

地震の前に準備できることや、
子どもを守るためにどうしたらよいか、
c0223034_23445198.jpg

シンプルで、かつ「声」だからリアルにわかりやすく描写されています。

先週、Stand for mothes の 理事長 かもんまゆさんとランチでご一緒した時に、
詳しいお話を伺いました〜。

c0223034_23585988.png


この初版が、あっという間に在庫がなくなってしまい、

「再版をしてほしい〜っ!!!!」

という全国のママたちから声が届き出したと。

ということであれば、
内容も新しい情報を盛り込んで刷新し、増刷をしよう〜
と試みるも、
その費用がない・・・という事態に直面したStand for mothers.

よって今、まさに、この「防災★ママブック」第2弾を制作するための
寄附を呼びかけている最中だということでした。



呼びかけているのが、唯一このサイト、
READY FOR
(レディーフォー)
という、オンラインのサイトにて。


たしかに、このREADY FOR。
ミッチのようなNGOに勤める人間にはメジャーで、
知る人ぞ知る募金を募るサイトなのですが、
ママ達の思いに共感する層が、このサイトに馴染みがあるかと言うと・・・

正直微妙・・・(^^;)

かもんさんの前でも、本音がついポロっと出てしまった私・・・(笑)


このREADY FORでの募集期日は、あと35日!!!
目標金額まで、まだあと100万円以上も集めなくてはなりません。

今日は、1人でも多くの人にこのStand for mothersの
この取り組みを知ってもらい、応援してもらいたいなと思い
ミッチもブログに書かせてもらいました。

まずは、こちらの
READY FORのStand for mothersの呼びかけページ
https://readyfor.jp/projects/standformothers
をご覧ください。


大切な子どもの命を守りたい。
被災地のママと全国のママの共通の思い

それに応えるための「防災★ママブック」です。

ご賛同いただけた方、ぜひ上記ページから
「このプロジェクトの支援に参加する」緑ボタンをクリックしてみてください〜♡



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2013-08-29 23:39 | ママモード
「ほんもののキレイで、東北に笑顔を。」堂珍敦子さんとBeauty Hour
大阪からの帰りの新幹線〜。
c0223034_19325374.jpg

こだま号なのに、N700系♡
行きのひかり号と違ってガラガラだし、
窓側席で、悠々自適。ネット使えて快適です。


さてと、
今回の2泊3日の大阪出張。
濃厚過ぎて何から書こう。。。??(^^;)

やっぱり、
まずは、with Women Beauty Hour for 3.11 のイベントから。
c0223034_1656536.jpg


「ほんもののキレイで、
 東北に笑顔を。」


VERYのモデルで、ジョイセフの強力なサポーターである堂珍敦子さんにご協力いただき、
資生堂×コクミン の被災地支援プロジェクト with0311が主宰する
認知普及&活動報告のイベント「with Women Beauty Hour for 3.11 」が、
大阪の淀屋橋にある資生堂ビルで開催されました。
c0223034_1752173.jpg


インフルエンザでキャンセルの声も相次ぐ中でも、
約80名のキラキラ関西女子たちが集まりました〜っ♪

第一部のトークショーでは、堂珍さんと、
c0223034_17112793.jpg

資生堂のビューティークリエーション研究所の小林さん、
c0223034_195426.jpg

そしてジョイセフの被災地支援担当の宮原のトークセッション。
c0223034_1945157.jpg



小林さんの資生堂の被災地支援の報告の中で、福島県に在住する小学生Mちゃんの作文が読まれて、涙ぐむ人も。。。

ジョイセフの支援活動「リフレッシュママクラス」の報告も、
参加者が真剣なまなざしで、うんうん頷いていたのがとても印象的でした。
c0223034_1761734.jpg

c0223034_1771280.jpg



第二部は、「簡単! 愛されハッピーメーク講座と題したメークレッスン」
資生堂のプロの美容部員によるメイクアップ講座。
c0223034_17152961.jpg

c0223034_1971436.jpg

c0223034_19858100.jpg

c0223034_1991279.jpg

c0223034_1992351.jpg

支援対象商品
・マキアージュ エッセンスグラマラスルージュ
・マキアージュ トゥルールージュ
・マキアージュ トゥルーチーク
・マキアージュ エッセンスグラマラスルージュの新色4種

を使ったメイクレッスンが、繰り広げられました。


メイクレッスンを受けると、
どんどんみなさんが、
ニコニコ笑顔になってく〜〜〜♡♡♡
c0223034_19235382.jpg


まさに
化粧マジック!!!


この会場の雰囲気に、
仕事忘れて刺激を受けまくりの私(^^;;

女性がキレイになることは、
まさに心が生きること!



被災地東北の女性たちも、
被災を経験していない女性たちもそれはみんな同じ!!

キレイになると、心がイキイキ。
うれしいから、笑顔がこぼれる。

女性が笑顔になれば、家族を、社会を、未来を元気に、
ハッピーに変えられる。

そう確信したwith Women Beauty Hourでした。

資生堂とコクミンさんが展開するプロジェクトwith0311。
関西から立ち上がった被災地東北の女性支援。
改めて共感。

第二弾のキャンペーンは、今まさに実施中。
3月11日まで。
全国のコクミンドラッグさんで。
ぜひお立ち寄りくださいね!!!


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2013-02-17 16:53 | 仕事モード
ヴィリーナ広尾ショップにて
今日は久々にヴィリーナ広尾へ行ってきました〜。

目的は、
代表の青木愛さんからヴィリーナの石巻復興支援プロジェクトの進捗を伺いに♥
そして、
友人の結婚パーティに着ていくミッチの服を物色しに♥

c0223034_2322568.jpg


愛さん、ますます艶やかになられて、いっそう輝いておられました〜!
会った瞬間、
「わ〜〜っ!おうつくしいっ♥」
と、目がハート♥♥状態で、本人に向かってつぶやいてしまった私(汗)

そんな愛さんに、
「痩せたねー!!!キレイに引き締まってる!」
と言われちゃって、豚も木に登っちゃう勢い・・・(笑)
お世辞でもうれしかった〜(^^;)

愛さんも、ミッチと同じ時期より、
加圧トレーニングに通っているので、

「やっぱり、運動だよね〜。
 加圧は、効果あるよね〜。
 代謝も上がるし。筋力も付くし。」


な〜んて話をしながら、
ミッチに似合うパーティドレスを、愛さんに見ていただき、
背中のデザインがなんともオシャレなドレスに即決め。
試着して、さらにその質感とシルエットにうっとり♥
c0223034_2354498.jpg
(c)VIRINA
>> ブライデッドバッグドレス

そして、
最近よくある仕事でのトークショーなどでも活躍しそうな、
アフリカンテイストの柄ワンピースを見つけて、それも1つGET♥
>>スクープネックタイフロントドレス


ヴィリーナの服はマタニティ仕様であっても、ノンマタニティ兼用。
カラダのラインを、とってもセクシーに、しかもスリムに美しくみせてくれる服が多く、
ダイエット後のミッチは、
試着室でワクワクしまくりでした!(笑)

自分で言うのもなんですが、
確実に、服が似合うようになってる?(〃∇〃)
服に負けてない自分を実感
・・・調子に乗り過ぎかっ(笑)


それはそれは、楽しいお買い物タイムでございました〜♪


んでもって、補足しますが、
ヴィリーナでの商品は、価格の1〜5%が、
ジョイセフのホワイトリボン運動に寄付されますので〜♪
ミッチも今日の買い物を通して、
途上国の妊産婦支援に貢献したことになります(〃⌒∇⌒)ゞ


さてさて、話は長くなっちゃいましたが、
石巻の話。
ちゃくちゃくと石巻×VIRINA復興支援プロジェクトは進んでいて、
完成に近づいたチャリティアイテムのサンプルもいくつか拝見させていただきました。

写真をお見せできないのが残念なんですが、
そのアイテム(アクセ)たちが、とーーっても、
かわいくて、胸キュン。ミッチの目は釘付け♥♥

コレ欲しいーーーーっ!!!と、叫んでしまったほど。(∩。∩;)ゞ
胸ときめくモノたちばかり♥ 
友達グループみんなでお揃いで身につけたいな〜と本気で思いました。


このアクセサリーが、
石巻の女性たちの手によって作られ、ヴィリーナで販売される。
その収益が、石巻のママ達に還元されることでママ達の自立支援を促す・・・流れ。
まさにダイレクトで、見える支援
素晴らしい!!


愛さんと話しながら、
これを、ジョイセフのプロジェクトと連携させることができたら、もっともっと
大きなWAVEを作れるんじゃないかな〜と、真剣に考えちゃいました。

ミッチの頭に、いくつかアイディアが出てきたので
さっそく、ジョイセフの被災地支援の担当に話してみたいと思います。


ではここで♥



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2012-11-22 22:50 | めざせ!HiPs健康美女
時、すでに遅し(涙)。「ロエベ × スターバックス リザーブ®」のレザースリーブ終了!
スペイン発ラグジュアリーブランド「ロエベ」と、「スターバックス コーヒー」が
コラボした被災地支援プログラム、
つまり、ジョイセフが行う被災地の女性・妊産婦支援への協力が始まりましたー!

このプログラムから誕生した、「ロエベ」特製のレザースリーブ「ロエベ × スターバックス リザーブ®」が、本日より、全国限定7店舗のスターバックス コーヒーにて数量限定で展開。

c0223034_17571929.jpg


こんなカラフルでオシャレなレザースリーブ
スターバックスのペーパーカップ用にロエベが製作。

c0223034_17565812.jpg

スリーブの売り上げは全額、「ジョイセフ(JOICFP)」に寄付される


このスリーブは、スターバックスの高品質なコーヒー豆を使用したライン 「スターバックス リザーブ®」のコーヒー豆またはドリップコーヒーを購入した方を対象に、
各スリーブに対し、一口1,000円からの寄付金により手に入れることができる。


と各メディア、とくにファッション系のメディアで歌われて、
ツイッターやフェイスブックでも話題沸騰。かなり賑わっておりました〜!


ミッチをはじめ、ジョイセフスタッフみんなで
本日をまだかまだかと楽しみに待ちわびておりました!

今朝なんて、この話題で持ち切り。

だから、
午後、外での会合ついでに、
新宿の丸井本店のスタバに寄ってゲットしよ〜〜
なんて思ってたミッチが甘かった。。。

c0223034_1834439.jpg





終了いたしました




焦って大崎シティーゲート店にかけつけたけど、
そこでも、

c0223034_1833261.jpg


おなじく、販売終了の看板。




(。´Д⊂) ウワァァァン!!

ジョイセフにとっては、とーーってもありがたい話。

だけど、
やっぱり、本当に欲しかっただけに悔しすぎるぅぅぅ(涙)



ジョイセフ広報ミッチ、
本日は、
素直に

ありがとうございました 

が 言えません。


ごめんなさい。。。・゚・(ノД`;)・゚・


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2012-11-14 18:15 | ミッチの雑感、つぶやき
怒濤の一週間 (後半編) ジョイセフ支援報告会&交流会
続いて、後半編。

仙台から戻り、一息つく間もなく、
今度は六本木一丁目のアークヒルズカフェにて、
ジョイセフが日頃より大変お世話になっている企業、
オピニオンリーダー、メディアをご招待して
支援報告会&交流会が開催されました。
c0223034_23143864.jpg

会場いっぱい約70名が集まりました。

ここで、
・被災地支援報告〜今後
・途上国(ザンビア、アフガン、タンザニア)支援報告〜今後
・チャリティーピンキーリングプロジェクトの報告

この3つの柱で、報告。

ミッチのこのたびの役割は、

会場の氷を溶かす?緩衝剤役ということで、(笑)
c0223034_23252450.jpg


途中で、プロジェクト担当との座談会の進行をしたり、
電通ギャルラボとのピンキーリングの方向をしたり、
自由にやらせていただきました。

とはいえ、
マイクを持ち出すと、とたんにしゃべりが止まらなくなる私。(;^_^A アセアセ・・・
今回も、予定以上に会場にマイクを振りまくり、
それでまたミッチが語る、、、ということを繰り返して、
タイムオーバーをしてしまい、
タイムキーパーのスタッフに
「巻いて!巻いて!!」と言われまくる始末。。。(汗)
帰りの新幹線では、超反省モード。久々に凹んでおりました。

翌朝、ジョイセフに行って参加者アンケートを見て、
ほっと一安心。
ほとんどの参加者が大変満足されてお帰りになられたようです(^^)

では、ほんの一部ですがフォトレポート致します♪♪
c0223034_23411480.jpg

c0223034_23414892.jpg

c0223034_23405371.jpg

c0223034_23415156.jpg


c0223034_2343095.jpg

c0223034_2344617.jpg

c0223034_23442054.jpg



お忙しい中、ご来場いただきましたみなさん、
心からお礼を申し上げます。


この報告会ってクローズドなの?!?(私も参加したい!!)

と思われた方、

また、
ジョイセフの支援にご興味がある方、

ぜひジョイセフフレンズ(マンスリーサポーター)にご登録くださ〜い♪

フレンズ限定のクローズドな報告会・イベントにご招待させていただきます♥

ではでは〜取り急ぎ怒濤の一週間(後半編)レポートでした。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2012-07-07 23:14 | ミッチの雑感、つぶやき
アートチャリティ「みんなで口笛 3」@京都 公私混同レポート
金曜、土曜と、ミッチは京都に行っておりました。

大きな目的は、
ジョイセフのファンをもっともっと増やしたい思いを胸に、
ジョイセフフレンズへご協力のお願い&相談と、
東日本大震災支援アートイベントのみんなで口笛での活動報告。

c0223034_15414280.jpg


c0223034_15405887.jpg



「みんなで口笛」は、今回で3回目となるイベント。
実行委員会代表の平塚さんと森脇さんとは、
以前ミッチが京都に出張した際にお会いしております。
>>その時のレポートはこちら。


今回は、昨年末に行われたみんなで口笛2の寄付をお預かりし、
c0223034_15462734.jpg


そしてイベントが開催されているギャラリー大久保にて、
昨年1年間にジョイセフが被災地で行った支援活動報告と、これから行う支援活動について、ご参加された作家さんたちの前で報告させていただきました。
c0223034_154857100.jpg

c0223034_15491684.jpg

c0223034_15501837.jpg

このイベントに参加してくださった作家さんたちと一緒に記念撮影。


参加してくれている作家アーティストさんたちが9割以上女性でもあり、
みなさん、ジョイセフの行う女性への支援に共感をしています。
今後も年2回のイベントを通じて、ジョイセフへ細く長い継続的な支援をしていきたい。


と平塚さん。


ミッチの第二の故郷と慕う京都にて、
こうしたアーティストさんたちが集まって開催されるアートイベント。
まずは、ジョイセフを選んでくれ、また続けてくださることに、深く感謝!!
公私混同でうれしい私。O(≧▽≦)O ワーイ♪

「みんなで口笛」はとってもユニークな活動ということで、
京都新聞や読売新聞でもカラー紙面で取り上げられていました。
こういうオシャレで、地域に親しまれる温かいイベントは本当に応援したい〜っ
c0223034_15411532.jpg

三島でも開催してほしいな〜とちょっと羨ましく思ったりヽ(^◇^*)/



さいごにおまけ:夫が土曜日休みと取ってくれて、ミッチの応援に、娘と京都まで来てくれました。
超限られた時間ではありましたが、3人で高瀬川のほとりでおばんざいを囲め、美味しいお酒も堪能でき、プチ家族旅行ができました〜っ!(^v^)
c0223034_1655850.jpg

ミッチに付いてきた場所、どこに行ってもちゃっかり、ずうずうしく遊んでもらう娘。
c0223034_16111413.jpg

ジョイセフの寄付を呼びかけてくださる青木よしか議員事務所にて↑ ごあいさつに伺ったのに、事務所でわがまま&やりたい放題な娘(汗)

c0223034_1662532.jpg

c0223034_16155814.jpg




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2012-07-01 15:16 | 仕事モード
大島花子さんと、高沖清乃さんと被災地支援ミーティング。
加圧トレーニングを初めて2週間。

体重は
-2.5〜 -2.9キロを行ったり来たりでプチ停滞中。

なるべく歩く距離を延ばしたり、
エスカレーターを階段にしたり、
日常生活の中で、
意識して体を動かすようにして、
風呂後、寝る前は必ずストレッチしています。

その甲斐あって、
寝る時は、
スーーーッと吸い込まれるように眠りにつく今日この頃、

だったのですが、

昨日の台風の暴風雨が、
本当に恐くて恐くて、
うまく寝付けず、寝ては悪夢で起き、外の風音で起き、を繰り返してた私。
おかげで久々の寝不足で、
本日は、朝から頭が重くて、超だるだるでした(´ρ`)

こんな日もあるわな〜〜( ̄。 ̄)ボ~~~~ッ



さてさて、今日は、
いつもお世話になっているメディア、
ニンプスの高沖清乃さんと、
歌手の大島花子さん(故 坂本九さんのご長女)が、
ジョイセフに来てくださいました。
c0223034_23264016.jpg

ジョイセフの被災地(東北)支援も第二フェーズ突入で、
新たな支援活動の説明、
その中の1つの活動で、ジョイセフが昨年出産した被災ママに贈っている
1st Birthdayギフト。
このサプライズギフトの中には、アフリカや日本全国のママからの応援メッセージが同梱されて、
大島花子さんが被災地の友人(震災時に妊娠6カ月だった)のために作詞・作曲したルミエールのCDも入っています。
c0223034_2335969.jpg

c0223034_23321792.jpg



そこに付随する形で、さらに、高沖さんや花子さんと、
一緒にできることを考えてみました。


ミッチのだるだるも、お2人と会って、
一気に解消!!!(○゚ε^○)v ィェィ♪

仕事で、ジョイセフ外の人と、
アイデア出し合ったり、企画を煮詰めたりして、
活動がどんどん前に進んでいくってやっぱり気持ちがいい〜♪



っということで、
今日はこの辺で布団に入りま〜す★★



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリック押してミッチを応援!「働くママ」ランキング。さて今日は何位?!上位目指してがんばります~!
by joi_micchi | 2012-06-20 22:28 | 仕事モード
震災から1年。追悼。そして祈りを込めて。
3月11日の今日は、
なんとなく、三島の自宅近辺で過ごすことになりました。
もちろん、家族3人で。


朝起きて、
なんとなく、BOSEに電源入れて、付けたラジオ J-WAVE。
そのまま冨永愛さんの【Heart to Heart SPECIAL】を昼過ぎまで聴いていました。


震災から1年は、さすがにここ静岡、三島市でもいつもとは違っていました。

午後になると、三島市の広報(放送)でも
三島市の中学生などの追悼の作文が読まれ、
14:46になると、街中に響きわたる大きなサイレン音が。


黙祷。


娘も、わかっているのか?
黙ったまま手を合わせ、3人で黙祷しました。

今、この時間を3人で過ごせることに感謝の気持ちが込み上げてきました。


その後、夫の一声で、お散歩がてら三嶋大社へ。
c0223034_2324395.jpg


これからの平和と安泰をひたすら祈ってきました。


帰り際に立ち寄った(三嶋大社で開催されていた)陶器市。
c0223034_23423218.jpg


c0223034_23424131.jpg


昨年の東日本大震災直後に起きた富士宮の震災で、
ミッチの家の食器は、食器棚が倒れたせいで9割方割れてしまい、
夫婦茶碗(たしか4年前の、同じ陶器市で購入した)も割れてしまい、
お気に入りだったゆえに、ショックと未練たっぷりで、
すぐに別の新しいものを購入という気にはならず、
実家から譲り受けた茶碗を使用していました。

今日は、夫もミッチも2人とも、
「いいの、見つかるといいね〜」
どちらからともなく前向きな気持ちになれて、
ラッキーなことに、
気に入ったものが見つかり、美濃焼の夫婦茶碗を購入。


これで、気持ちを新たに再出発できそう。。。





さて話は変わりますが、
今、表参道ヒルズ スペースオーでは、
震災1年ということで、
アンテプリマ×レスリー・キーのチャリティー写真展が開催されています。
c0223034_022372.jpg

13日(火)まで開催中
c0223034_023919.jpg

c0223034_023684.jpg


ミッチは、一足先に先週金曜日に行ってきましたが、
その迫力、とにかくインパクトのすごいこと!
見ているだけで、会場にいるだけで、たくさんのパワーをたくさんもらいました。
被災地東北でミッチが出会った女性たち、
助産師さんたち、保健師さんたちにも見せたくなりました。

うれしいことに、
会場で販売している写真集は、
収益が、ジョイセフの被災地女性支援に寄付されることになりました

c0223034_0154462.jpg

JOICFPという文字見えますか??↑↑


この写真集、カバーが3種類、
浜崎あゆみさんバージョン、冨永愛さんバージョン、Denisa Dvoncovaさんバージョンと、あるのですが、
ミッチは、もちろん、
冨永愛さんの表紙のものをGET。

7月に直接会ってからというもの、娘はすっかり愛さんのファンになり、
じっくり中身もチェックしておりました〜(笑)
c0223034_025849.jpg

写真集が大きくて、重いので、
娘は持ててやっと。(^^;)

ジョイセフのChisaに教えてもらって知ったのですが、
レスリーの温かいお心使いをいただきまして、
c0223034_0164010.jpg

こんなところに
ミッチの名前を入れていただきました。


ジョイセフを、支援先に選んでいただけたことももちろんですが
こんな風に、ミッチ個人のことまで気遣っていただき
感無量。(*´∀`*)


震災から1年、
公私ともにいろんな場で、
出会い、つながり、絆、温かさ、ありがたさを痛感する週末となりました。

被災地東北の女性たちがよりよい明日を迎えられるように、
明日からもがんばります!!

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリックいつもありがとうございます。「働くママ」ランキングにミッチも参加してます!応援どうぞよろしく〜!
by joi_micchi | 2012-03-11 23:20 | ミッチの雑感、つぶやき
25ansに!アンテプリマに!レスリーキーにっ!!感謝♥
ミッチから、今日は公私混同でうれしいお知らせ。

c0223034_9185440.jpg


今、発売中の25ans(4月号)
売上の一部が、ジョイセフに寄付されます!


c0223034_10384680.jpg



そして今回の25ansには、
リボントートバッグ↑(アンテプリマ)付き。

アンテプリマさんは、
ジョイセフの被災地支援にこれまでもご支援くださっており、
3.11に1年を迎えるこのタイミングで、

表参道ヒルズ スペース・オーにて
被災地女性支援 チャリティ写真展『THE COLORS OF HOPE』を開催されます。
同タイミングで発売される写真集の収益がジョイセフの被災地支援に寄付されることになりました。

以下
アンテプリマのクリエイティブ・ディレクター荻野いづみさんのブログより抜粋。
”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
この度、アンテプリマの支援する、写真家レスリー・キー氏のチャリティ・プロジェクト『THE COLORS OF HOPE』写真展*を開催致します。
あわせて『COLORS OF HOPE』写真集を発売し、その販売収益を全額、東日本大震
災の支援金として、国際協力NGOジョイセフを通じて寄付します。
長い時間の掛かる震災復興の一助になればと、願ってやみません。

THE COLORS OF HOPE写真展
会期:2012年3月9日(金)~13日(火)11:00~21:00
<9日、13日~16:00、11日~20:00>
会場:表参道ヒルズ本館B3F スペース オー


*世界10ヶ国の各国を代表する15名の美しき女優やモデル、アーティストたちを
写真家レスリー・キー氏が撮り下ろした写真展。



レスリー・キーといえば、
ファッション・広告・CDジャケットなどで
知られ、日本・ニューヨーク・アジア圏で活躍している写真家。
浜崎あゆみさんとか、最近では赤西仁さんとかともタイアップしていますね。

こんな著名写真家と、ジョイセフ、ミッチが出会えたのも
レスリーと親友の冨永愛さんとのご縁。
岩手釜石〜大槌町に行った先に、一緒に同行してくれて(もちろん完全ボランティアです)、
c0223034_10122388.jpg


昨年7月に開催された 冨永愛さんのエキシビジョン「I, Tominaga」では、
一緒にトークまでさせてもらい、
c0223034_10143565.jpg


その時話してくれたレスリーの日本の東北を思う温かい気持ち。
今回このように、
アンテプリマさんとのタイアップで、写真集を制作を実現。

2カ月前に、レスリーから電話があり、この写真集にかける思いを
熱く語ってくれました。
収益をジョイセフへと、
国内外問わず、彼の知る著名タレントさん、モデルさんたちにお声かけくださったそうです。
出演アーティスト(敬称略・ページ順)
AYUMI HAMASAKI, DENISA DVORAKOVA, KIT CHAN, AYA UETO, ANDREJ PEJIC, TAEHEE KIM, AI TOMINAGA, GAILE LAI, JONTE' MOANING, KIKO MIZUHARA, OUYANG FEI FEI, MAKI HORIKITA, ALAN, MEGHAN COLLISON, ANNA TSUCHIYA


我らがアンバサダー冨永愛さんももちろん、ご参加です〜(^^)
この写真集『COLORS OF HOPE』、ミッチも早く見たい!!!

その前に、まずは、今週末
家族でスペース・オーの写真展に参りたいと思います!
>>写真展の詳細はこちら


25ans、アンテプリマ、レスリー・キー、
そしてこの企画にご協力してくださった方々みなさんに
感謝の気持ちを込めて♥



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリックいつもありがとうございます。「働くママ」ランキングにミッチも参加してます!応援どうぞよろしく〜!
by joi_micchi | 2012-03-05 10:36 | 仕事モード
福島県の仮設住宅の産婦の家へ、、、。
今の気持ちをブログに書こう!
と決心したものの、
どこからどう書いていいものか、ブログ投稿に初めて戸惑っているミッチがいます。



昨日は、福島県の田村郡にある仮設住宅へ、
助産師塩野さん(日本助産師会福島県支部長)と一緒におじゃましました。

c0223034_005639.jpg



ミッチの目的は、あくまでも
被災地の助産師が妊婦/産婦の家庭訪問をするところを取材し、
当事者である産婦さん、助産師さんに直接インタビューをすること。

今回は、1月2日に出産したばかりのNさん(19歳)のご自宅に
おじゃまさせてもらいました。

助産師塩野さんのNさん宅訪問は、今回で4回目。
(10日1回のぺースの訪問になります。。。)

塩野さんは、週に3日、自宅の郡山から、
震災後に設立された会津助産師の家「おひさま」まで通い、

それ以外の日は、郡山の自宅から車で行ける範囲での仮設住宅に
住む産婦さんたちのもとに通っています。

c0223034_23163324.jpg

助産師の塩野さん

ほとんど休みなんて無い。
3.11前までは、
出張開業助産師として、お産の介助が塩野さんのメインの仕事だったのに、
今はがらりと変わって、産後の女性のケア、カウンセリングが日課。

やっぱり出産介助したいーっ

塩野さんはおっしゃってました。

産婆の手がうずくそうです。

「でも、あの頃には戻れないな。
 福島は、これからなんだよね。
 何も終わってない」


語った塩野さんの目が忘れられない。


ミッチの目から見ても、
福島県で警戒区域に住まれていた被災者の状況は、
あきらかに他地域と違う。
「一緒に、この地でがんばって、復旧、復興しよう!」

という感じは見受けられない。

どの家庭でも、
「ここに住み続けるか?それとも別の場所に引っ越すか?」
という話は、
頻繁によく出るという。

「ここに住み続けたくない。」「住み続けられない。」
と結論を出し、
県外に引っ越す家族が後を絶たない中、
自分たちは県外に出て
仕事があるのか、生活していけるのか、考えると不安ばかりが募ると言う。

田村郡三春町の仮設住宅も
空き家(部屋)が多かった。



そして、気になったのは、
同じ、仮設住宅の並びに住んでいても、

快晴の日中、
洗濯ものを外に堂々干している家庭と、

「洗濯ものはすべて部屋の中に干す」
と徹底している家庭


「赤ちゃんのものは部屋の中。大人の衣類は外に干す」
という家庭


様々だったこと。



聴くと、その理由は

「なんとなくね。」
「これしちゃダメ!というルールは無いから〜。」


いう返答が返ってくる。


これって、すべて個々の判断基準に委ねられているわけで、
子育て中のお母さんは、自分の行動が正しいかどうかもわからず、
日々葛藤しながら暮らしているんだろうな、と察することができました。


ミッチが今回取材したNさんは、

「私、内部被爆しているから。」
が、第一声でした。

c0223034_0264976.jpg


Nさんは、妊婦の時に母乳育児を諦めたという。
産後、すぐに断乳。
よってNさんは、産後1カ月にして月経が再開したといいます。


それを聴いた塩野さんは、

「あ、コンドーム持ってくれば良かったね!」

と。
c0223034_027163.jpg


まさに、こういったことは
最近の産婦の家庭訪問でめずらしくない話だといいます。


Nさん家族は、3.11前までは警戒区域20キロ以内で生活をしていました。
Nさんの夫(21歳)は、今休職中。
夫に働く気が出ない理由は、毎月30万円(1家庭につき)の補償が出るからだとNさんは言う。

「働くとその分、稼いだ分だけ(30万円から)減額されるから。働かない方が得でしょ」

とNさん。

夫は、日中たいてい、パチンコに出かけているという。


「そんなんじゃいかんよ。自力で生きていかれなくなるよ。」

という塩野さんの言葉に、


「(夫が)家にずっと居てもらっても、うざいだけ。部屋が狭いし喧嘩するだけだから、パチンコ行ってもらった方が気が楽。パチンコで勝ってくればそれでいい。負けたら口聞かんから(笑)」

とNさん。


ミッチは無言で、ただ頷いて聴いているしかなかった。。。

この現状を目の当たりにして、どうすることもできないミッチは、
ただただ、無念でたまらない気持ちになりました。


でも、助産師の塩野さんは、Nさんのお母さんのように向き合い、
こうして、
そして実の親子なら、言えないことも、さらっと大先輩ママとして助言してくれる。

Nさんも塩野さんを頼れる人だと信頼しきっているから、本音を打ち明ける。

2人のやりとりを見ていて、
上辺だけでの会話ではないことをすぐ察することができました。




「塩野さん来てくれるとうれしい?」

最後にミッチが聴くと、


「うん。」
とNさんは大きく頷いて、

「いろいろ聴けるし、教えてくれるから。楽しいし!」

と、即答してくれました。

助産師さんの存在。そして家庭訪問の活動の意義を、
ここでも改めて痛感しました。

ジョイセフが、そこにほんの少しだけど、
お手伝いできたと思えたことは、本望。


とても濃厚な記録取材ができました。

Nさんと塩野さんのおかげです。
ありがとうございました。



ミッチの気持ちは、
今回、先の見えない福島の現状に感じることが多過ぎて、
まだまだどっしりと重いままではありますけどね。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
↑ボタン↑1クリックいつもありがとうございます。「働くママ」ランキングにミッチも参加してます!応援どうぞよろしく〜!
by joi_micchi | 2012-02-24 01:13 | ママモード